コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

4月29日(祝) ジキル博士とハルク氏  -学問・文化・芸術 - 観劇-

g673.jpg  豊島師範跡地の東京芸術劇場に訪れるのは三年振り、又しても三谷幸喜氏の舞台である。この間、氏は映画や TVに大物振りを遺憾なく発揮する一方で、近くは再婚に間もなく出産と華々しい転機を迎えているが、容貌に近似すると一部に指摘される当方は馬齢を重ねるのみとは忸怩たる想いもまた禁じ得ない、と言うのは市井の人間としては大仰に過ぎようか。
 東京公演の落日もまであと僅かと演技も練れてきた好タイミングでもあったろうが、前半こそ幾分の冗長感は否めないものの、中盤からは非常に解り易い笑いが繰り広げられる。題目の「酒と涙とジキルとハイド」そのままに、同一人物たるジキルとハイドの交錯、入れ替わりを隠蔽するための繕いが次々と綻びの上塗りを呼び、その意思疏通の不一致が舞台裏を覗く視点で観客にカタルシスを齊す。
 古畑壬三郎における風間杜夫氏が犯人を務めた回にも似たと言うべきか、演劇における舞台設定の制約を逆手に取った造詣は三谷氏のお手の物であり、手癖の領域で仕立てあげられそうな軽めの一作とも言えようが、ストレートな喜劇として楽しめた事実は少しも色褪せない。
 半沢からお茶の間にも顔の売れた片岡愛之助氏以上に藤井隆氏の弾けっ振りありきの宛て書きだろうが、何よりもその基礎体力に脱帽せざりを得ない。ヒロインの優香氏は彼女でなければ成り立たない役柄では無かったろうが、TVでは女優として目が出なかったものの舞台で甦る契機になる可能性を感じたと言って過言で無いし、何よりも綺麗だった。些か役者に頼り過ぎには違いなかったが単純に楽しめたのではないか。
g674.jpg  残念ながら映画「清洲会議」はこれに比べると作者の時代劇趣味に引き摺られ過ぎた感は否めず、正直なところ再来年の大河「真田丸」にも不安は残ろう。得意分野で勝負して欲しいと望むのは、桑田佳祐氏にもう一度「just a little bit」みたいな曲を求める様なファンの悪い癖なのか。

 子供達はスポーツ教室主催の潮干狩りであった。大漁の浅利は幾ばくか祐旭が手を付けたものの、酒蒸しに味噌汁にと押し並べて父の胃袋を満たすのであった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3051-e3ed788a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad