コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

4月13日(日) 杉並行脚  -育児 - パパ育児日記。-

g669.jpg  杉並がアニメの聖堂視される様になったのはサンライズ由来とされるが、ジブリ美術館東映アニメミュージアムも広く東京西部という点では近隣には違いないものの、何れも区外に他ならない。
g670.jpg  従って中央線ガード下再開発の一環とはいえ、阿佐ヶ谷にアニメストリート誕生のポスターにも今更感は否めない。隣接する高円寺居住者として義務的に覗いてはみたが、祐旭曰く「アニメマニア用」の表現が正鵠で親子連れは御呼びでなかったろう。
 その足で蹴球練習中の公資の迎えに赴くもアニメストリートが殆ど通り抜けに等しかったため早々に到着し、手持ち無沙汰のなかリニューアルされた荻窪タウンセブンへと踵を返す。まだ祐旭が幼稚園の時分だから今や昔だが、戦隊ショーでゴーオンレッドと握手した記憶は鮮明である。
g672.jpg  デパートの類の屋上から遊園地機能が廃除され行く中、大仰なギミックこそ皆無だが嘗ての痕跡を残しつつ新たに簡易ボルダリングが増設されていようとは、流石に戦後の闇市店舗を糾合した由緒正しい地域の中核商業施設の気概と言えようか。
g671.jpg  再び公資と合流して夜は高井戸のオオゼキへ、阿佐ヶ谷では西友も覗いているので地域スーパー巡りの様相も呈してきたが、せっかち親子には珍しく整列待機して広告搭の如くに誂えられた美登里寿司の分店へと導かれる。
 立派かつ美味な穴子を頬張り、これも久々の美しの湯の大層な露天に体を浸し、漸く帰途に着いたのであった。阿佐ヶ谷からのほぼ全行程がタクシー移動、寿司に風呂と期せずして散財の午後だった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3048-40a42315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad