コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

3月30日(日) ハルバルとビッケ  -グルメ - 中華料理-

g639.jpg わが家が16年目の黄玉婚を迎える前に義父母が晴れて金婚と相成った。祖父母の時代には仰々しく親類縁者を招いた文字通りの「金婚式」が開催され、幼少時の私も御相伴に預かった記憶があるが、時代は下って家族にて中華料理のひと幕である。
 偏食家のわが家、除く妻に配慮されてのバイキングは僥倖だったが、自ら大皿を回遊する通例のバイキングと異なり注文式、かつ点心は一定の時間を擁するのでお早めにとの注釈は、90分一本勝負という時間制限と相まって猛烈な焦りを生ぜしめざるを得ない。
 当然、余分に頼んで残さないのがエチケットだが、その基本様式すら忘却しそうに勢い勇んでオーダーを続ける。思いのほか麻婆豆腐が美味で賞味を重ねたが、未だ虎視眈々と最後の点心に「秘密の花園」宜しくダイエットに光らせるママの眼を盗んで手を伸ばそうと企む子供達を余所に、一時間もしない内にグロッキーに陥る父だった。

 今更の様にまた書籍を大量発注して、お急ぎ便にも拘わらず発送の遅延に、アマゾンもまた駆け込みかと唸ってみる。 注文の時点で決済は完了しているから、登録時の税制が適用される自動車の如く駆け込みの前倒しを危惧する必要は無いが、発送の遅れは余波に違いない。
 ただアマゾンなら一物一価でも、四月を超えて需要が急減すれば必然的に価格は下がるから凡ゆる商行為に大きな駆け込みが生ずるとは限らない、と小学二年になる公資が持論を述べていたのには、はしなくも的を付いていて驚いた。
 確かに多数消費者が消費税上げに伴う還元セール等を予想して合理的に行動すれば、理論的には駆け込みは平準化されよう。勿論、更に逆張りしてひと儲け企む輩もいようから実体経済はリスクに溢れてこそ魅惑的というのもまた道理だが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3042-41c2baa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad