コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

3月15日(土) 柳井の星  -政治・経済 - 政治家-

g623.jpg  朝方、後が無くなった確定申告の送付に荻窪郵便局へと向かう。考えてみれば直接杉並税務署に持ち込む方が物理的には近いのだが、事務的な申告なので簡易書留代を割り引いてなお係員を訊ねる時間コストに鑑みれば割安だろう。
 その足で名古屋へと赴く。年に二回の顔見世興行が今年は新幹線の遅延と一家総感冒で再々延に至り、四年と一年とは到底信じ得ぬ体躯の息子達の占有面積に鑑み、今般は敢えて宿を抑えることとした。
 元より小学五年までを横浜市緑区青葉台と杉並区高円寺に過ごした私には名古屋市東部は永劫未開の地に他ならないが、地下鉄駅終点あたりに突如現れたアジアン・リゾートには土地勘の有無を勘案せずとも驚愕を禁じ得ない。曾て埼玉のバリスパにて同様の光景に邂逅した際にはバリ島宜しくアジア風スパが拡がっていたから場違いの趣向にも肯ぜざるを得なかったが、こちらは宿泊設備に結婚式仕様の空間が拡がるのみとは画竜点睛を欠く処ではなかろう。
 翌朝食のバイキングこそわが家向きには違いなかったが、産業都市として税収こそ豊富ながらビジット・ジャパンには寄与し難い愛知県の宿泊インフラ不足を痛感せざるを得なかった。

g622.jpg  既に二月に辞任した時点で体調の悪化が伝えられていたから驚くには当たらないのかも知れないが、山本繁太郎前山口県知事の逝去には残念という想いを禁じ得ない。
 実際にお目に掛かったのは氏の早過ぎる晩年を迎えてからだったが、山口2区支部長としては前任にあたる福田現岩国市長の時分から、基地の視察陣中見舞、政治に携わる者としてはひとつの聖地たる田布施訪問、更には共通の知己に加え落選中の事務所詣でから御縁が拡がったりと、親近感を抱く存在であった。
 責めてもの救いは短期間なりと謂えども故郷・山口に錦を飾ったことだったか。御冥福をお祈りしたい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3033-8d32393c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad