コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

2月28日(金) 参議院の凪  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

g607.jpg  そもそもが補正予算の冒頭処理に始まり外遊にソチ五輪開幕式まで加わった総理日程の中、タイト極まり無かった審議にも拘わらず二月中に予算の衆院通過が具現化するとはまさに政界は「凪」としか表現の仕様が無かろう。
 当然、第一義的には一日審議を止める大義名分すら持ち得ない野党の不甲斐なさの為せる業には違いないが、同時に不可解なのは何故易々と与党の参院側がこの日程を受け入れたのかという点だろう。
 極端に両院の対等性の強いわが国においても予算と条約に限っては憲法上、衆院の優越が認められており、衆院通過後ひと月での自然成立が制度化されている。詰まり二月中の衆院通過とは本予算の年度内成立を確定させると同時に、事実上参議院の予算審議を無力化する効用を持つことになる。
 従って参議院としては自然成立ならしめてより参議院の意義を矮小化させるよりは早急なる審議を選択する他は無く、89年「山は動いた」参院選以来、幾度か断続的には復帰しながらも僅か一年前まで継続されて来た、良くも悪くも参議院の独自性を発揮させる為には好都合だった「捩れ」時代のバーゲニング・パワーを全く失ったという事実を、政治的に改めて露呈した格好に他ならない。

 丁度51年前のこの日、尖閣上陸でお馴染みの西村眞悟衆院議員の父、右派社会党・西村栄一氏の質問に端を発し、衆院解散にまで及んだ吉田総理の「バカヤロー」発言が予算委員会で生まれている。
 結果として与党自由党の小数内閣となり予算成立は七月までずれ込んだ。エネルギーに溢れた故き良き時代と回顧趣味に浸る謂われは無かろうが、「凪」一辺倒との彼我の相違には僅かばかり複雑な想いも生ずる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3021-93600f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad