コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

1月31日(金) 人徳の限界  -スポーツ - スポーツ・格闘技全般-

g569.jpg 公益法人移行に伴い「理事候補」選となった二年に一度の相撲協会のお祭り騒ぎは、今回もまたドラマが繰り広げられた。
 五つの一門から2ポストずつという派閥全盛期の自由民主党も吃驚の均衡体制が崩れたのが平成10年、境川理事長の親方株改革に反旗を翻した無所属の高田川親方の立候補に乗じた形で最大派閥の二所一門が3ポスト獲得を狙い、大荒れの理事選となったが、これに懲りたか以降は弱小一門間の合掌連衡が進み監事(現・副理事)を含めポスト配分の異動こそあれ、平成20年には事前調整による無投票に復帰している。
 ところがリンチ事件や八百長問題など協会を揺るがす事案が相次いだことから、貴乃花親方が若手を中心に事実上の新グループを結成して理事に名乗りを挙げ、現に立浪・伊勢ヶ浜一門では総帥であるべき立浪親方が貴乃花グループ入りするなど派閥再編の波が襲ったのも、「人が三人集まれば派閥が生まれる」の原理に則れば新陳代謝の一環と寧ろ賞賛すべきなのかも知れない。
 ただ今般の波乱は世代間闘争や急進改革派対漸進派、或いは他力本願ながら実現の運びに及びそうな親方株改革の余波と言うよりは、希代の大横綱たる世俗における高い人気とは裏腹の協会内部における九重親方の求心力不足を端的に示す出来事なのかも知れない。確かに平成10年の大乱に際しては総帥の高砂との一門内での理事候補争いに破れた元横綱・北の富士が廃業に追い込まれるなど、嘗て後継争いに破れた元横綱・千代の山が分家許さずの出羽一門から破門され高砂一門の客分となった経緯から、外様の悲哀の要素も勘案すべきかも知れないが、既に元大関・朝潮の高砂は朝青龍廃業の責任をとって理事を外れており、同じ九重系かつ後輩にあたる元横綱・北勝海に敗れた事実は本人の不徳の為せる業としか言い様があるまい。
 これで北の富士と二代続けて理事長ポストを逃すこととなるが、元横綱理事が漸減しつつある中で四年後の北の湖理事長引退時に45歳の貴乃花理事長が若過ぎるならば、北勝海の八角理事長が視野に入ってきたのは歴史の皮肉と言うべきだろうか。

 参考 大相撲理事変遷

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/3002-2ebcc38f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad