コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

1月1日(祝) あけましてスキーヤー  -育児 - パパ育児日記。-

g542.jpg  岩原の使い勝手の良さは新潟一縁に展開されるスポンジ・ボブの存在と一体のものだろう。単に初心者向けというだけでなく、学生アルバイトも駆使しながら半ば子供の託児も兼ね得る家族連れをターゲットとしたスキー教室が豊富に用意されているのは、湯沢における滞在先からの至近の距離感以上に利便性が高い。
g548.jpg  それでも三連荘は流石に飽きが来るのだろう、本日は祐旭の所望で湯沢パークへとやって来たが、同じく初心者向けゲレンデながらこちらの教室は古式ゆかしいベテラン教員主体で、幾分下のクラスに申し込んだ父の判断ミスには違いないものの、当人の技量を鑑みたアドホックな対応には乏しく、消化不良の子供達だった。
 誰に対しても律儀に敬語で接し、こちらも対等に敬語で応対する公資を一年生と認識して大層驚かれたのには、公資の方が幾分誇らし気ではあったが。
g543.jpg  近隣には苗場プリンスも存在するが、ここ湯沢パークも丁度品川や新宿プリンスを彷彿とさせる、アミューズメント施設と一体の構造で恐らく宿泊者にとっては合宿所宜しく些かガサツにも感じられよう。ただ間借りする立場には部外者が常に混在している環境は身を隠すのに幸便とも言える。
 おかげで今日も待機の父は元旦から賀状執筆が進み、有料のスノーモービルでリフト替わりに搬送される二人を、更にはスクール終了後になだらかな傾斜を又もやボードで滑走する公資を長靴で迎え、雪にまみれるわが家の写真撮影に勤しむのであった。

 あけましておめでとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/2984-28e3394d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad