コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

12月31日(祝) 私をボードに連れてって  -育児 - パパ育児日記。-

g539.jpg  「私をスキーに連れてって」世代ながら足腰の弱さからか雪山には弱く、増してや二本しかない足をひとつの板に括り付けて下半身に負担を掛ける様な競技には凡そ御縁に預かろうとは思えなかった。
 しかしながらひと足早く湯沢へと到来した息子達は、昨日早速の初スノボーで、現代の都市部小学生平均に鑑みれば明らかにスキー技量には経験則から秀でていよう四年生の祐旭よりも、寧ろ一年の公資がボーダーに目覚めていたとは、ずんぐり体型だけに重心が安定しているのが功を奏したかは定かでないが、何事も見様見真似の幼少期からの刷り込みが有用という好事例だろうか。
g540.jpg  ほぼ完徹の父は最早形だけでもスキーを穿くにも至らず、海の家ならぬ雪の家で喰っちゃ寝うつらうつらの大晦日だったが。

 それでもズックで雪道を闊歩するだけでも少なからず負担は訪れるもので、紅白を完遂することすら叶わなかったのは情けない。
g541.jpg  レコード大賞のEXILEは余りに予定調和的と言うべきか、果た又メガヒット不在の歌謡界の象徴と見るべきかだった が、紅白も取り分け前半戦は、曲層以上にメンバーの容貌の著しい近似やと言うよりは意図的な統一性から韓国からの出稼ぎ組にしか見えないE girlsや、紅白対抗という「歌合戦」の本旨が完全に過去のものとなった象徴としてのAAAの鞍替えなど、まだ見ぬ異国の世相の如しだった。
 漸くあり付いた耳馴染みがサカナクションとは偏りも感じられようものの、クラフトワーク型のラップトップ総立ちスタイルから一時休符後にバンド形式に早変わりする演出は歌番組らしく好感が持てたろう。ただ汎用品で紅白仕様ではなかったとすれば、歌謡番組が希少になったが為の紅白の視聴率回帰たる現象と期を一にするものかも知れない。
 北島三郎氏の引退式とこれも予定調和の白組勝利は録画鑑賞したことを付記しておきたい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/2983-571231d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad