コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

12月28日(土) LAST DAYS に  -音楽 - Yellow Magic Orchestra (YMO)-

g536.jpg
World Hapiness 2011よりプラスチックス
 ひと口にテクノと言っても21世紀に入ってからのミニマルに近似するメロディ感が希薄でリズム主体のものから、昨今Perfume等でまた市民権を得つつある電子音楽の系譜に属するものまで振幅が激しいが、個人的に魅了されたのはテクノ「ポップ」の部分である。
 だから敢えて技量の高いプレイヤーが機械ベースに楽曲を奏でるYMOと、素人が下手旨的要素で機械頼みに行き着いたニューウェイブのプラスチックス、ヒカシューらには決して相容れない隔たりがあるというのが私の解釈である。
 この段に則ればプログレの四人囃子のベーシストを経て、プラスチックスにおける唯一の"玄人"となった佐久間正英氏は、両者を繋ぐべく存在であったとともに、その玄人としての立ち位置が後のプロデューサー業にもまた結び付いていたとも言えよう。
 取り分け前二作と明らかに顕著な音の相違を齋し、実質的な再デビュー作とも言えるBOØWYの第三作は、硬質で以降の本邦バンドの音を規定したと言っても過言ではなく、同時に後年の作品から逆算しても必要以上に過剰な装飾を施していないという点でもプロデューサーのひとつの姿の提示であったろう。
 氏が後のGLAYやJUDY AND MARYらにおいて果たした役割は正確には解らない。ただ余命幾ばくも無くなった佐久間氏がその特集番組において、残された期間に選択した音楽が生音を基盤にしたフォークの範疇だったのは、人は若年時に馴染んだものに回帰するという一般論で片付けられるものなのか。所詮テクノとは技術による擬制に過ぎないとしても、そうであるからこそプロデューサーの意義の大きさを逆説的に物語っていると思いたい。

 しんちゃんの「バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」をDVDで見たが、公資のヘビーローテーションになっているTV版同様のSEKAI NO OWARIの主題歌はさておいても、映画は大分と嘗ての神通力が喪われている様で少し残念。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/2980-cccfd215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad