コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

12月14日(土) 借りるより  -音楽 - 本日のCD・レコード-

g520.jpg  創業から六年に亘り月8枚の定額レンタルを愛用して来たTSUTAYAディスカスも、恐らくは会員数の増大に初期投入量が追い付かないのだろう、新作は滅多に送られなくなって来た。だからと言って実店舗は顧客が限られる替わりに新作として平置きされるサイクルが短く、一旦陳列棚に押し込められると発掘するのもひと苦労だから、旧作含めそれなりにマニアックな一点在庫を求めるにはネット送付のメリットも捨て難い。
 ならばいっそ新作は購入に及んでもと時折衝動買いにも走るが、久々の冨田ラボは従来と打って替わってギター・ポップ色が濃く、かつ唄が楽器のひとつからメインに高まり過ぎた感があった。そもそもクレイジーケン氏の声質に馴染めない時点でアウトだったが、近隣のDORAMAを覗くとレンタル在庫が鎮座在しておりチグハグさは否めない。老舗中古のRAREでトッド・ラングレンとポール・ウェラーのベストなぞ入手してみても音の古臭さがまた耳馴染まない。
 そもそも音楽鑑賞における非ネット環境自体が過去の遺物と化しつつあり、わが家においてもヒット曲はYouTubeで漁るのが日常茶飯事主流な中で、購入にしろレンタルにしろCDはじめ固定メディアの物理的な移動という行為そのものが既にガラパゴスの域に近似しているということか。

 故マンデラ大統領の国葬における手話が話題を呼んでいるが、表彰式でもあるまいし弔辞なぞ概ねは事前に内容も把握されていようから同時通訳性は低い筈だろう。
 にも拘わらずの失態は政治的背景すら疑われかねないが、それなら勿論恐ろしいし、単に病人を起用した事務的なミスならばより恐ろしい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/2970-d6c58fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad