コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

11月29日(金) Show Must Go On  -車・バイク - 新車・ニューモデル-

g507.jpg  横綱太刀山ではないがひと突き半前、項垂れていた東京ビッグサイトに帰ってきた。
 回を追う毎にまだ見ぬ未来の夢のクルマから近未来の市販車とほぼ寸分変わりないプロトタイプへと満腔の現実感を増大させていく中で、震災後故に極力華美さをもまた排除していた二年前に比べれば、カメラ小僧も適量配備されハレの日の彩りを高めていたが、こうした視覚効果に留まらず事実来場者が大幅に増えたのはアベノミクスによる経済活性化の如実な傍証と言っても過言ではなかろう。
g508.jpg  二年前は矢鱈とドラえもんばかりが目立って一歩間違えれば左傾どころか産業否定にも繋がりかねない「ECO」の文字ばかりが踊っていたが、同じく環境や福祉を旗頭にするのは時代の趨勢としても、東京五輪を視野に置いた次世代タクシーこそデザイン以外の新奇性を概説するのは少々難儀だったものの、燃料電池の原理を改めて力説しているとアテンド役たるこちらも一端の自動車製造業従事者の如しと言うのは揶揄であって、今般の半沢一派がひっそり佇むに過ぎなかったことを勘案するまでもなく、商品そのものの訴求力の復辟を物語っていたのではないか。
g509.jpg  都心からの距離は幕張に比して圧倒的に有利な替わりに会場が東西に分断されるのが最大のデメリットたるビッグサイトにも拘わらず、幸か不幸か来訪者間の合間が長引き一時的にアテンダーを離れて逆サイドにも亘ってみたが、ホンダ社がわざわざ嘗ての軽自動車規格たるN360を引き合いに軽スポーツカーを大々的にフューチャーしていたのは、消費税上げに伴う車体課税の大幅見直しの中で軽自動車の課税引き上げが遡上に登りつつあり、「地域の生活の足」として過重負担を回避すべき立場にも拘わらず敢えて奢侈品色の極めて強いスポーツカーを前面に掲げるとは、論戦を前に大胆不敵と刮目せざるを得なかったが、それもまた好景気を反映した帰結のひとつなのかも知れない。

 月曜の葬儀には御多分に漏れず私も前泊を余儀なくされたが、同様に当日を迎える筈だったおひとりがついぞ再び部屋から現れずそのまま彼岸へと旅立ったとの事実を伺った際には、つい先週金曜も職務上やり取りを続けていただけに衝撃は計り知れなかった。
 その客死を企業戦士の栄誉に準えることは勿論可能だが、敢えて労働よりも自らの健康に価値を置くべきとの忠告と受け止めておきたい。合掌。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/2960-e8a01da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad