コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

10月31日(木) Diamondは歌えない  -音楽 - カラオケ-

g472.jpg  年に一度の出向先のOB会を兼ねた「囲む会」型の大会合も、囲まれる重鎮氏の第一線からの退役に伴い四月を以てひと区切りとなったが、とくに重鎮御仁の直接の薫陶を受けたOBベテラン勢を中心にとの大議名分を従え、はや第二ステージに鞍替えして中半年で再びの御目見えである。
 正直多忙の中の事務作業には不安もあったが、出向先の"生き字引"を僭称する身の上としては幹事役に名乗りを上げるのは必定である。そこには客商売としてコントロールタワーたり得ると同時に、下世話な物言いをすれば関係者からオブリゲーションを得られる事務局役は金の草鞋を履いても奪取すべきポジションとの思惑の存在も否定しない。
 それでも半ば出た所勝負であった割には20数名が集結し、今後に向け軌道に乗せることが出来たのは幸いだったし、楽しい一夜に他ならなかった。A級戦犯ならぬ永久世話人として永劫お務めを果たすのが多大なる恩恵を賜った出向先に還元すべく私の天命なのだろう、と大仰に構えてみました。

g478.jpg  しかしながら年齢的には概ね同輩ながら出向順から"若手"にカウントされる方々に紛れての二次会で久方振りにカラオケに興じ、更に本日の宴席でも喉を鳴らしてみたが、あろうことか声が掠れ掠れで発声に及ばないではないか。
 学生時代には高音の女性ボーカル曲を裏声で奏でるのを受け狙いの芸とするとともに、「恋に落ちて」の如くバラードのハモリも持ち業としていたものだが、加齢に伴うものか裏声どころか地声まで危うくなってはミュージシャン生命に関わろう。
 今や「ソ」の音すら限界領域とあっては昨今の高音化著しい歌謡曲はおろか、ジュリー、サザンすら覚束ない。にも拘わらず絶対音階保持者の宿命として転調させると途中で原音と混同しそうになるので、迂闊にキーも下げられない。
 がなり立て唱法の限界かも知れないが由々しき事態、ここは元弁論部らしく腹式呼吸からやり直すべきか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/2943-a776edd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad