コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

10月8日(火) 人事の落合  -スポーツ - プロ野球-

g439.jpg g440.jpg
菅野・ライアン小川の新人対決
 所謂消化試合は純粋な野球観戦としては気の抜けた麦酒の様なものだろうが、淡々とゲームが進むという点で接待用コンテンツとしては合理的であり、かつ最終戦とあらば多分にファンサービスを意識した選手起用となるからお得感満載である。
 現に本日も杉内投手の不調から先発三本柱揃い踏みこそ流れたが、内海・菅野の両投手に一夜にして御目に掛かれたのは僥倖と言って良い。加えて引退するヤクルト・宮本選手の胴上げに巨人の優勝御礼場内一周とあらばてんこ盛り御腹一杯に違いない。
 ただかくドームが平穏極まりない空間に包まれている一方で、名古屋からは谷繁新監督という不穏な動きが伝わって来たのだから本邦職業野球も決して侮れまい。
 そもそも中日球団の監督人事は、二年前にファン以上にメディアから総スカンを喰らった落合氏を解任し高木老将に回帰した時点で、二年後には"落合に代打屋に貶められた"プリンス立浪氏が既定路線だった筈である。それがこの期に及んでの大逆転は余りに奥が深い。
 そもそも高木前監督からして三度のお勤めであったし、高木前政権の前後は何れも星野仙一氏である。翻れば昭和29年初優勝時の天知監督も前後三回に亘り監督の任にあり、復辟は球団の伝統とも言える。
g441.jpg  ただ落合氏にしてみれば幾らオーナー以下フロントは掌を返したとしても、またぞろ観客動員力不足を槍玉に挙げられても叶わない。だからこそ谷繁兼任監督という話題性を以て広告塔とする一方で、万一不調に終われば本来は監督を指名した全権GMも同罪であるところ、監督が自らの出場記録に拘り現役兼任を貫いたからとエクスキューズともなり得る絶妙の配剤となっている。
 勿論それは些か悪意を以て眺め過ぎではあろうが、想像を逞しくしたくなる人事ではあった。

 等しく永田町周辺居住者と謂えども現部局に異動して間も無く四年、その職責は明らかに位相を違えている。ただ対象が同一であるが故の昔取った杵柄という以上に、取り分け特定の領域に付いては、本来前職の範疇であって既に自ら携わる案件ではないという忌避感と同時に政治と行政の架け橋たるべき自負、面映ゆい言葉遣いをすれば私に与えられた過去からの蓄積に起因する使命感が機能する局面もまた訪れる。
 わが国にとって9年振り、帝都東京初のITS世界会議がやって来る。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/2928-511dbea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad