コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

9月29日(日) 勉強しまっせ  -政治・経済 - 選挙-

g428.jpg  中選挙区時代、衆院の補欠選挙は稀だったが、現在の様に春秋一括に集約されない分却って、偶々連なった参院補選や時期外れの知事選が政権の黄昏にボディーブローの様に寄与したケースはある。或いは土井たか子社会党委員長や小沢一郎自民党幹事長の様に、敗北の責と言うよりは統一地方選の結果を辞め時の契機に選んだ例も少なくない。
 だからと言って政令指定都市でも無い一地方首長の帰趨が全国紙で取り沙汰されるのは異例に違いなく、堺市長選の結果が国政にも一定の影響を齊すとの推測が働いたが故の所産である。
 しかしながら現実には事前の意気込みは何処へやら、戦い半ばで維新サイドが白旗を上げた形となり、ダメージを最小限に留める戦術だったのかも知れないが、却って国政政党としての今後の妥当性に疑問符を与える結果に映ったのは二重の戦術ミスであろう。
 嘗て自由民主党が補欠選挙に圧倒的な強さを誇ったのは、著名な幹部の大量投入という空中戦のみならず、秘書団はじめ多数実務者の動員による選挙ノウハウが確立されていた点に秘訣があったとしても、そもそも55年体制以来脈々と積み上げて来た地方組織の存在あればこそである。
 勿論新興の維新の会に同様の手筈を求めても仕方無かろうが、闇雲に段取りも無く国会議員をひとり三回ずつ堺入りさせて悦に入っている様では、肝心の大阪府においても矢張り全ては風任せかと、ただでさえ不安視されている大阪組とそれ以外のすきま風を更に吹き荒れさせたのではないかと他人事ながら心配になる。
 考えてみれば自民は官邸・党本部サイドが維新側に好意的に見れば将来的な連携含みとの解釈から現職の推薦を控え、衆院選時から相乗りだった公明は自主投票と政権与党の物量作戦に悩まされなかったにも拘わらず自滅している様では到底野党再編のヘゲモニーも握れまい。寧ろ開票終了後に菅官房長官が淡々と国政への影響なしと述べた様に、官邸としては敢えて喧嘩をするにも値しないというのが本音だったかも知れない。
 当面と言ってもまだ一年半後のターゲットが統一地方選になるので、関西不動票の意義が著しく下がらないのは野党側にとってもまた痛し痒しだろうが、暫くはゆ党として岐路を定めるモラトリアムと割り切る他は無かろう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/2923-d72d9407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad