コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

9月23日(祝) アンクル・アルバイト  -育児 - パパ育児日記。-

g413.jpg  主たるターゲットが小学校低学年であることに鑑みれば本来公資は漸く本領発揮の世代なのだが、いい加減父の方が飽きて来て二年振り五度目のキッザニアである。
 おかげで勝手が掴めず携帯ショップを予約して大和ハウスで待機とは不効率な出だしである。年寄り役の祐旭が重りを背負って体感的にバリアフリーの設計を試みる趣旨だが、「大和ハウチュ」とCMの真似でもさせて笑いの要素も採り入れて欲しかったところだろう。
g414.jpg  総じて主だった個別企業は制覇し尽くしているのでここから宗旨替えというか昔採った杵束でドコモは返上、前回味を占めたミュージカルに倣って早くもオーラスのパレードに狙いを定めると父の読みが的中したか、幸便に係員氏に誘われたお笑い芸人に雪崩れ込み劇場に腰を据える展開となった。ピエロの演芸を鑑賞しつつまた待機し満を持して臨んだお笑いは松竹芸能主催ながら古式ゆかしきドリフのもしもシリーズの如しで、医者と患者のコントを二人とも好演の部類で乗り切ったと言えよう。とくに公資は抑え目な演技ながら観客に「あの子が旨い」と褒められており、祐旭は突然女医氏に「結婚してください」と叫ぶ熱演である。
g415.jpg  些か拘束が長いのが難でパレードの練習までの埋め草入を探し、大日本印刷のポスター製作でお茶を濁すも、かくアイドル状態をお嘆きの貴兄にとの趣旨だろう、リクルートの短時間バイト紹介が新設されており、証券会社は頭脳労働で絵にならないと思いきや、いきなり一般人にお仕事結果のサンプル聞き取り調査という営業職で驚いた。どうやら公資はこのアルバイトが気に入った様で将来の夢がフリーアルバイターと豪語する後日譚も生まれて仕舞ったが。
 して待ち望んだオーラスはビルメンテナンス協会という幾分マイナーなスポンサーで箒を持ってお掃除とは派手さに欠ける行進だったが、毎度ノリノリの祐旭と実直な公資が前後に分かれて双方のトリの大任に翼し、撮影には体力を擁したものの大団円の構図は描けたか。
 俳優というシュールレアリスティックとも言うべき"超現実"と文字通り"超"現実的なアルバイトの両極端を揺れ、そろそろわが家には店仕舞いのキッザニアであった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/2918-9bd51011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad