コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

9月9日(月) Memories of you  -グルメ - お酒-

g401.jpg  還暦内外の重鎮の方々が宴席の冒頭、「最近は二次会の記憶が無い」と財布の在処を探しようにも店の名前すら判らなかったと経験談を披露しておられる。而して私もと呼応しようとしてハタと気付いたのは、彼等に取っての最近とは少なくとも高度成長期なら企業の定年たる五十五の坂を超えた辺りであって、遡ることひと回り近く若輩者の不肖私めが同列であっては由々しき事態に他ならない。
 翻ればかの福岡では昼間にして既に前後不覚であったし、流石に御付きの身分で車の手配や支払いやらを失念する落ち度には未だ貧していないが、その行為を遅滞なく為さしめた記憶は時に朧気で、ただ無意識に事務局モードにスイッチが入り帰巣本能の如くに職責を遂行しているに過ぎない。
 多分に漏れずこの日も、帰路同方面故に確実に二次会に搬送するまでは気が張っていたと見えるが、いざ乾杯し関係者の噂話に鼻を咲かせ始めたところで御役御免、電源が切れたか一切のメモリは揮発、恐らく店を出る瞬間に伝票を前に正気に返ったのだろう、午前3時を回ったところだったのと三人で飲んでいた筈が、既に二人に減少していたことだけが記憶というよりは感覚的にはフライトレコーダーの自動記録の如くに残されている。
 流石に数年振りに、翌日は全く使い物にならなかった。偶にはこうしたディープな夜を過ごしていれば還暦を超えても立派に飲み続けていられるのかは、定かではないけれど。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/2908-6cf274c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad