コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

8月4日(日) パッティング・シングル  -スポーツ - ゴルフ-

g349.jpg  先週が4時なら今週は3時起床と愈々丑三つ時に近付いて、稲敷市への遠征である。
 何故かこれも先週に続いて女性二人の艶やかなパーティで勢い付いた訳でも無かろうが、四番からは神憑り的なアプローチとパッティング。五番ロングでは三打目をほぼオン、続く六番ミドルは金パットを決めての何れも寄せワンのパー。更に九番ロングでは右側隣ホールからのウッド第三打が木々の間を通り抜け寄せワンのボギーを拾う。実に四番から6ホール連続のワンパットとは茨城遠征の度に御目に掛かる牛久大仏の御加護が遂に訪れたか、五輪招致の前触れとならばわが国道路行政にも吉報に他ならない。
 勿論、終始ドライバーが安定していたのが大前提だが、二番でダブルパーを叩きながらの46には、パットが良ければスコア縮まるを実感せざるを得ない。
g350.jpg  ところが気を良くし過ぎたか昼のアルコールが又もやの敗因だったろうか、南に転じた後半一番で七連続のワンパットを決めたのを最後にドライバーも崩れて以下メロメロとは問屋が卸さない。秘かに野心を秘めたベスト更新はおろか丁度百まで後退では立つ瀬が無かろう。
 好成績への呪縛の解けた終盤は女性陣の要請で音楽が奏でられ、フェアウェイに木霊する松山千春「人生の空から」を「回り道でも~」などと鼻唄混じりでカートに跨がるラウンドも、座る位置すら目配りの欠かせない日頃の緊張感あるそれと一変して楽しいものだったが。

 流石に朝の早い分帰着も15時だったが、一日が有効に使えると錯覚するにも程がある。身体は正直で程無く睡魔に襲われてはサイクルが狂うばかり、そろそろお膝元の関越方面に回帰したくなる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/2883-80f4fd4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad