コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

6月30日(金) 二歩進んで三歩下がる  -スポーツ - ゴルフ-

g270.jpg 忙中閑ありには些か肉体的に高負荷だが、先週からの好調を維持して今日もドライバーが200ヤード超えも屡々の"まっすぐに、まっとうに"振りである。キャディー氏によれば今日のピンポジはわざわざS字上に切ってある様で、慣れ親しんだコースの割に気前よくパットは決まらなかったが、これも前回通りアプローチ安定、ウッドのチョロもなく4ホール目までボギー3つにパーとは遂に大仏宜しく開眼かと惚れ惚れする。
 イン・スタートの14番で第二打を右に打ち込みトリプル、名物池超え16番でギリギリその池に落としてダボ以外はボギーでまとめ47とは前半では自己歴代二位ではないか。
 ところがまさに好事魔多しで後半二番でOBを頂戴す。毎度のドライバー・シングルと褒め殺しに遇ったおかげで欲が出たか、ウッドも右に左にぶれ始め、アプローチ・シャンクも登場、取り分け稼ぎ所のショートの双方ダボが痛く、結局百も切れないとは僅か二時間でおめめも閉じて仕舞った。

 反省頻りで帰着するととんねるずのスポーツ特番とは幸便なのか、皮肉と言うべきか。
 しかしながら定番の池に浮かべた小島での捕球のみならず、壁越しのウルトラ・ロブショットにも藤田寛之選手の技ありには刮目せざるを得ない。だからこそ170cmに満たない小柄にも拘わらず不惑を超えて賞金王にも輝いたのだろうが、小技対決では明らかに戦力としては劣っている池田勇太選手にいざ外遊に挑めば凌駕されるのは、矢張り圧倒的な飛距離の差は何物にも替え難いということか。
 技量には天と地の差こそあれ人ごととは思えない。同世代の星の奮闘を刺激に、私もまた精進を重ねるべく心持ちを新たにしたと、日記には書いておこう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/2857-fdf9aeb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad