コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

12月6日(日) ゼロの焦点  -育児 - パパ育児日記。-

e449.jpg 毎月の様に訪れていたウルトラマン倶楽部も半年近くの御無沙汰だったが、映画公開に先立ちかのウルトラマンゼロがやって来るとなれば見逃す訳にはいくまい。既にゼロとは9月に同じフレームに収まってはいるが、往事はまだ鎧付きだったから、生ゼロとの握手・撮影は初体験に他ならない。
 しかしウルトラのパワーを甘く見過ぎていたのだろうか、到着すると既に12時半の回は満員打ち切り。ウルトラマン・ベース本体外に設営されているステージにはザ・ベストテンの司会が余りにミスキャストだったことが印象深い小西博之氏らZAPのキャスト陣が勢揃いして愛嬌を振り撒いているのを恨みがましく遠巻きに眺めながら空しく入場の列に並ぶとは、寂しさも如何ばかりであろう。と言うのも場内で今まさに行われんとしているゼロの撮影は既に入場制限が掛かっているし、次の父・メビウス競演迄に入れるかも保証の限りではないと一札を入れられての行列とは無力感もひと潮ではないか。
e450.jpg それでもゼロを終え早々に退場した親子も少なくなかったのか存外スムースに回転し、父とメビウス、レイモンとの握手・撮影、更に父による特別訓練・体操指導と効率よくこなしていく。ただ一方でラゾーナ川崎をフル・ジャックし黒部進、森次晃嗣氏ら出演者勢揃いのプレミア・イベント、更には昼前にZAPクルーが勢揃いしていた舞台にゼロ、メビウス、ダイナが雁首を並べたステージも全て指を咥えてパスしなければならなかったのは、果たして二回目のゼロ撮影が16時半であり、一度出れば制限に引っ掛かる恐れがあるので迂闊にベースを後に出来なかったためである。その上普段の倍以上の人ごみだから引率側も疲労が増すし、レイモン対ザラブ星人のショート・ステージはまだしも、流石に三度の顔合わせとなる16時のウルトラの父には祐旭も飽きが来て見向きもしなかった。
e451.jpg 漸く16時半にゼロに邂逅し、実に連続4時間のウルトラマン・ベースともお別れしたが、一部改装によってシューティング・スペースが縮小され、他のベースに限らず屋内遊具の定番、トランポリン風の空気ジムが加わっていたのは、越谷名古屋の後発二箇所における実践を踏まえたマーケティングの成果なのだろうか。
 向かいのゲームコーナーも併せリニューアルされ、川崎では後発になるウルトラ電車(写真)、ウルトラマンがジオラマとして線路脇に立っているトレイン・シュミレータが増設されていたが、場内の迷路的な回遊性も失われ、総じて今ひとつ平凡な感は否めないし、正直に言えば些か飽きが来た。大の大人も度々赴いて尚魅了されるアトラクションなどディズニーランド以外に存在し得ないのかも知れないが、何れ旧円谷本社と怪獣倉庫をそのまま転用し、東宝の撮影所や近隣のロケ地巡りツアーの整備や、祖師谷大蔵の商店街との協同を高めてテーマパーク化に取り組むという朗報は訪れないものだろうか。

 途上、相変わらず車酔いが激しいのか、公資に行程60分と告げると「ありゃま~」、間もなく到着に至れば「助かった~」と息を着く。未就園児にして矢鱈と発言が親爺臭いのは父の影響か。以て律したい。

コメント

新幹線男。

ウルトラマンゼロVSファイナル・ジャッジメント。

  • 2012/08/22(水) 12:39:22 |
  • URL |
  • 電車男。 #UgZQ/Vto
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kayukawa.blog41.fc2.com/tb.php/1857-e774190f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小西博之 逮捕

[1991年松竹:DVD未発売] 激走 トラッカー伝説●監督:細野辰興//渡辺裕之/小西博之/浅田美代子  (中古ビデオ/VHS)商品価格:1,800円レビュー平均:0.0 きんちゃんファミリーのコニタン「小西」名前はわすれましたが…元気? きんちゃんファミリーのコニタン?...

  • 2009/12/14(月) 15:38:02 |
  • あっ!と驚く業界ニュースー芸能・経済情報

小西博之 土井

【映画】大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE そしてヒュウガ演じる小西博之さんは流石にステキでした。 撮影当初からレイらに厳しく演技に対する姿勢について叱り続けたそうです。 テレビを見ている子供たちに失礼な演技にならない様にとの思いからだったそうです?...

  • 2009/12/15(火) 11:28:16 |
  • クチコミニュースレビュー

FC2Ad