コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

6月4日(日) ピンポン内政  -スポーツ - 卓球-

h931.jpg  出だしは好調に連続ボギー発進も、三ホール目の左ドッグレッグで見張らしに眩惑されたかOBを乱発。決して緊張感が切れた訳ではなく、ミドルでパーも拾って挽回に努めたが、先週綺麗と誉められたドライバーが振るわず、幾分パットには救われたものの、スルー専用でトリッキーとはいえ距離が無く百が切れた筈と悔やまれるラウンドであった。

 わが家のブームから、日々世界卓球を眺めていて痛感するのは球筋の「変化」である。
 元より小さな台上で回転の掛け易い軽い球を操る卓球は変化球が生命線に他ならないが、今や野球においてもスピンの多い綺麗な球筋よりは寧ろ、ツーシームに代表される、縫い目の空気抵抗を利用して微妙に手元で変化する球種が主流になっている。 詰まりこうした個人対向色の強い球技はパワーに劣る亜細亜人向きであり、中国が対西側諸国との文化外交の先兵としてピンポンを選択したのには、矢張り先見の明があったと言わざるを得ないだろう。
h930.jpg  ただ技と力のバランスにおいて、野球やテニスは後者の占める要素がまだ大きく、わが国が戦略的に競技育成を企図するならば韓国とタッグを組んでボウリングの五輪入りを再度働き掛けるべきではないだろうか。
 そしてゴルフもまた小技に優れた亜細亜人にマッチするのは論を待たないのだが、残念ながらパワーヒッター嗜好に距離を伸ばす対応が容易に行い得るからこそ、欧米優位にルール改訂の相継ぐ水泳やスキー同様に、柔よく剛を制すが通用し難い所以なのだろう。
 しかし卓球のダブルスがテニスと異なり交替で打たなければならないとは知らなかった。ならば左打ちが増えるのも道理だが野球以外にサウスポーが重宝される競技がこんなに身近にあったとは。左の裕旭と右の公資でダブルスに挑ませようとの腹は全く無かったのだが。

FC2Ad