コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

5月31日(水) 古希を超えたら  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

h928.jpg  日本国憲法が70年なら、 参議院も70年、そして本日、日本経団連もまた70周年パーティとは、1947年という年は戦後わが国が現在の形に落ち着くひとつの節目だったということだろう。
 勿論、憲法が耐用年数の限界を迎えているのと同様に、経団連もまた生きるべき道を問われており、それは既に私が駆け出しの広報マンとして財界担当を務めていた時分からの課題であったが、そのひとつの回答が春闘の対決色の低下と社会保障費の労使を超えた財政問題化に伴い役割を終えた財界労務部・日経連の吸収であったろう。
 而来15年、政権交替による迷走を挟み、再び政権との蜜月関係を築いてはいるものの、今度は逆に政府の一翼と化したが如く振る舞いに疑問符も投げ掛けられている。
 結果として小泉政権の最大のエンジンとなった経済財政諮問会議に参画する段階においても、元より内に入り込み経済運営をリードすべきとの思惑であったろうが、寧ろまわしを絞めずにアリーナからモノ申す財界総理であるべきとの視点は存在していた。ただ経団連自体が財界の保守本流と認知される以前、財界四天王が君臨した時代の、政権を編み出す様な国家そのものへの強い影響力行使を想起するのは、成熟した現代社会においては郷愁に過ぎないと言っていい。
 或いは大企業対中小企業たる不毛な対立構図の解消への一助として、商工会議所との統合は企図されるべきかも知れないものの、振り替えれば財界総本山にも最早会長経験会社である東京電力、東芝の影は無く、定番だった"三井"の枠組みとは縁もゆかりも無い、わが国電機産業の数少ない生き残りが次代を担う道筋が伺われる。
 今更ながら国対国とも言うべき国際競争の時代にあっては、政に対峙する財などと高見に構える余裕など無く、寧ろトランジスタに替わるソフト・インフラのセールスマンを自認して政経不可分の旗印を打ち出す、商人の自覚に覚醒するのが71年目からの課題なのかも知れない。
 パーティは中途に記者会見を挟むため、首脳陣が会場を後にして開会から凡そ20分程で実質的な中〆めとなる。広報マン時分はここからが本番だったが、改めて主を喪い所在無げに残された関係者の群れに漂う如何ばかりか弛緩した空気は、今の「財界」の立ち位置を物語っているのかも知れない。

 ところで今日の昼食会は到着すると既に満席で、ならば飯抜き椅子のみの補助席扱いで全く構わなかったのだが、あにはからんや前方来賓席に案内されて仕舞った。
 しかもこういう時に限って、その高い席に陣取るべく御歴々が続々と現れ、しかも昼食会の定番に相反して一様に中座しない。議員の隙間に何故か一般人が垣間見える不可思議な光景が、聴衆方々から丸見えで好奇の眼に曝されなお気まずい。お出掛けの際はお早めに。

5月28日(日) 数は力  -スポーツ - ゴルフ-

h926.jpg  先週は実に四年振りになるピート・ダイ設計、の謳い文句の割には過剰にトリッキーでない上野原方面。
 アプローチは相変わらずもドライバーが終始真っ直ぐ飛んだのに加え3Wも安定し、後半はショート、ミドル、ミドルの三連続パーとは我ながら未曾有の健闘であった。オーラス・ロングの8で惜しくも百は切れなかったものの、順調な仕上がりである。

 そして矢張り間隔を詰めるのが正解なのだろうか。今週はこちらも半年振りになる富里方面。
 実にショート三つを含むパー五つながら百切りギリギリとは如何に出入りの激しいゴルフたるかを物語っているが、同伴の御仁からスイングが綺麗と再三お誉めに預かった。
h927.jpg  確かに端から距離は求めず力を抜くことだけを心掛け、175ヤードの第二打を見事ナイスオンと今日も3Wが炸裂し、アプローチとパットに恵まれなかったにも拘わらずの二桁は実に私らしくない。
 良きゴルフ記念日であった。

 それに付けても宮里藍氏は何故引退という結論に至ったのだろうか。そもそもゴルフとは恐らく凡ゆるプロスポーツの中で最も高齢まで現役を続け得る競技に他ならない。
 74歳までマスターズ50回連続出場したパーマー氏は天井人だとしても、還暦目前の全英オープンのプレイオフで惜しくも破れたトム・ワトソン氏の姿は、年輪を重ねた技が若さ故の力に勝る事例が成立し得ることを示している。
 ただ確かに元トップ・プロが何時の間にかラウンド・レポーターが本業になっている姿を見るのは忍びないものがあるし、自らの全盛期の姿と照らし合わせての美学を貫く為には敢えて「引退」して、緩やかな退潮という選択を断つという心持ちも解らなくはない。ベテラン女性トップ・プロという新たな領域に挑む姿も見てみたかったというのは外野の勝手な願望だったのだろう。

5月20日(土) 赤絨毯を踏みしめて  -育児 - パパ育児日記。-

h921.jpg  改憲を前に70周年を迎えた日本国憲法を記念し、衆議院に続いて参議院も特別参観が開催された。
 肝は開会式のみ開かれる正門から堂々入場出来ることで、こちらは開会式のチケットを入手すれば市井の者でもご相伴に預かれるが、バッヂが無ければ決して足を踏み入れられない本会議場が開放され、しかも写真撮り放題とあらば永田町周辺居住者としては逃す手は無い。従って、土曜休日の公資とともに二人して早朝から国会へと赴いたのである。
h924.jpg  元より父には馴染みの光景であるし、自然に保守派に靡いているであろう公資にとっても極めて興味深いとは言い難いから、順路に添って淡々と進み、時に旧知の方々に邂逅して平服ながら一瞬お仕事モードが入る。
 銅像の謂われを解説したり、御休処を覗いたりの俄か国会見学アテンダー擬きを経て愈々メインエベントだが、平たく申し上げれば良い記念になったのは間違いないものの、矢張り本会議場は投票権無く闖入しても味気無いもの、と言えようか。
 ともあれ、回遊を終え導線上連なる出店で手拭いを調達し、議事堂開設以来塗り直し続けている氏名標を鑑賞し、ズラリ並んだ速記者の列に「かゆかわこうし」の速記符号を戴いて、さて退散しようかと思いきや、肝心のレゴ議事堂を拝んでいないことを危うい処で思い出した。
 踵を返して中庭を歩くと、そもそも参内に及んだ発端もこのレゴの記事であったにも拘わらず、もしさかしたら敢えて独立コーナーを設けてプレイアップする意図だったのかも知れまいが、逆に敢えて狙いを定めなければ辿り着き難いが為に、閑散とする中にレゴだけが鎮座しているではないか。
 早速レゴと本体を重ねる構図で撮影していると、マスメディアも政治部ではなく文化系のイベントの範疇で、「議事堂と子供」を題材にしたかったところ、漸く獲物にあり付いた風情である。
h922.jpg h923.jpg
(左)ニュース画面、(右)共同通信に応対
 撮影風景のみならずインタビューまで受けて仕舞い、果たして帰宅して昼のNHKニュースにばっちり公資が「小学五年生」として登場しているではないか。
 「普段見られないところが見れて勉強になった」と児童らしいコメントだったが、「本会議場」の語を用いていれば玄人はだしと映ったか、或いは不気味な小学生として採用されなかったか。その勢いで共同通信にも応えていたが、議員志望や否やはノーコメントだった様である。
 来年、学校から訪れる際には、是非国会通として同僚に一席ぶって貰いたい。

 ニュース映像はこちら

5月16日(火) サンパは旨く揃わない  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

 新たな囲碁の団体でも設立されたかと思いきや、派閥でない有隣会から分裂した小集団のネーミングだと言うのだからややこしい。わざわざ論語チックな二文字+会を用いたのは派閥らしさを演出するものであろうし、その心はひと時は四派大宏池会構想すら遡上に登りながら、本家を除く三派、更には2+αと縮小されつつなお、飽く迄三派の対等合併の形式用件を揃えて跡目争いを含む今後の人事のあり様に布石を打ちたいという思惑か。
 しかし早ければ七月にも合流が見えているにも拘わらず敢えて一派を構えるとは、恰も政治改革から新進党解党に至る過程において、雨後の筍宜しく現れては消えた新党の如しである。
 元より政党の場合は事の是非は別として、文殊の知恵ではないが五人集まれば交付金という明確な現世利益があるので意図は明瞭であるのに対し、同様の現象が派閥において発生しているのは、まさに二大政党から自民党基盤政党型に回帰した結果、党中党と揶揄された派閥のウェイトが確実に回復している証佐なのだろうか。
 ともあれ派閥全盛期の70年代から脈々と継承された第二世代・五大派閥の一角が初めて消えるのである。小選挙区導入以降、党中央の権限拡大とともに緩やかな弱体化と離合集散を繰り返した第三世代から、派閥は今新たな第四世代の時代を迎えようとしているのかも知れない。

h925.jpg  その文脈で捉えれば、安倍総理がこのタイミングで敢えて「細田派四天王」に言及したのは興味深い。
 勿論、加藤、三塚、森、塩川の「安倍派四天王」に準えているのは明らかだが、何れ訪れる「安倍後」における自派の行く末を占ったものとも言える。
 しかも国会議事堂に居並ぶ銅像の如く四人目を空白にしているのは「民主主義は完成しない」のと同様に「清和会の天下もまた終わらない」との比喩と読むのは些か牽強付会だろうか。
 三羽烏に四天王、奉行は竹下派には七人いたが佐藤派五奉行が本家である。一般論としてかく呼び名は六以上はバリエーションが減るので、吉田十三人衆はそもそも派閥揺籃期であるし、一派閥に集う実力者に七人は矢張り許容範囲を超えていたのかも知れない。

吉田十三人衆益谷秀次、林譲治、池田勇人、佐藤栄作、保利茂、大橋武夫、橋本龍伍、
愛知揆一、福永健司、小坂善太郎、田中角栄、周東英雄、小金義照
佐藤派五奉行保利茂、愛知揆一、田中角栄、橋本登美三郎、松野頼三
大平派三羽烏斎藤邦吉、伊東正義、佐々木義武
竹下派七奉行橋本龍太郎、小渕恵三、小沢一郎、羽田孜、渡部恒三、奥田敬和、梶山静六
安倍派四天王加藤六月、三塚博、森喜朗、塩川正十郎
三賢人灘尾弘吉、椎名悦三郎、前尾繁三郎
御辞儀三人衆(三木派)丹羽兵助、森山欽司、毛利松平

5月15日(月) ちんちんよりうんこ  -育児 - パパ育児日記。-

h920.jpg  小学生の大便は「お前うんこしただろう」等と論われるリスクと隣り合わせにある、犯罪に匹敵する一大事である。だからこそ密かな人気を博す「うんこドリル」にも、「主人公の推理によって、うんこをした人物が判明した」との例文が掲げられたのだろうが、逆に言えばうんここそは万人に共通する子供向けキラー・コンテンツに他ならず、何匹目かの鰌の「おならしりとり」の類との段違いの反響を斎しているのだろう。
 等しく隠微という意味では「ちんこドリル」も成り立ちそうたが、察するに女性版が難航するのは容易に想像が付こう。
 渋谷駅山手線ホームに30個もばら蒔かれて仕舞っては愉快犯の域を超えていようが、「アサヒビールにはうんこがある」、との出題が無かったのは麦酒が教育指導要項に存在しないから、ではなかろう。
h919.jpg 何れにしろ、公資には毎度の父の戯言に憐れむが如く視線しか頂けなかったが。

 昨年は凡そ30年振りに130台を記録したボウリング、本年は本選が宴席と重なり予選のみの賑やかしである。
 いきなり面子が足りずワンゲームに二人分投擲する重労働に見舞われたが、結果は108、112、112とゴルフでもボウリングでも成立し得る、かつ何方にしても冴えないスコアに終始した。
 相変わらずコントロールのみ重視の置きに行く投方故に身体全体を酷使しないから、数日遅れの筋肉痛も訪れ無かったのは幸いだったが。

5月13日(日) 雨ニハ負ケタ  -スポーツ - ゴルフ-

h916.jpg  前回優勝幹事としてゲストの御仁をお迎えに伺う途上、体調不良にてダウンの一報が入る。確かに雨予報に前途が危ぶまれはしたものの、経路が割愛されたが為に期せずして斥候部隊として先行して現地に向かうこととなったが、続々と脱落のメールが届くではないか。
  ここは撤収も已む無しと思いきや三芳PAに退避すると存外に小振りになっている。そこで未だ行軍を続ける三人にリエゾンして身柄を確保、ひと組に縮小して強行するに至った。
 この時点で上空には明るさが確認され、予報上も昼には曇天とあったので楽観視していたのだが、いざスタートすると益々激しく豪雨の域に達し、空には一層明るさが欠けていく。途上弱まるきらいも垣間見えはしたものの結局最後まで雨脚衰えず、霧も現れ文字通り五里霧中の中、八甲田の倉田大尉宜しく命辛々生還したのであった。
 昼のバイキングがアルコールも飲み放題とは豪奢と思いきや、オーダーの人件費すら削減するのが本意であり、到着時フロントも無人で自らロッカーカードを掴み、上がってクラブも手づから拭いて運ぶという徹底した省人化は、今後のゴルフ場のひとつの生き方を示すものかも知れないが、些か興醒めの北武蔵であった。
h915.jpg  肝心の
新兵器56度ウェッジが上がれば短く時にはトップと芳しからず、後半三階建てになったニアピンをここ一番で獲得し、ロングパットが吸い込まれる幸運にも恵まれて五輪こそ大勝したものの、雨の日は大人しくというのが教訓か。

 昨夜は久々にかのGi!nZ公演を拝聴したが、デモクラシー第三幕だからか、或いは紛糾する国会情勢を反映してなのか、従来以上に主役のひとり舞台色が強かった。
 自身「ピアノも弾けるんだぞ」と言及されている様に、本業はギタリストとの認識でありだからこそカシオペアなのだろう。フュージョンまで至ると些かユニットとしての方向性とは異なる感があるが、ポール・マッカートニー&ウイングス宜しく、器用過ぎるのも悩ましいというところか。

5月10日(水) あさひが丘の  -政治・経済 - 国際政治-

h913.jpg  「なせばなる、ナセルはアラブの大統領」は1960年代には有名なフレーズだったが、ぼく大統領と聞いて「ぼく、ドラえもん」を連想するのは、暗殺と現在までのブームに至る二度目のTV放映開始が同じ79年なので、後付けの知恵でしかない。
 元より日韓両国は84年に相手国の現地読みに統一しているので、ぜん・とかん氏はチョン・ドファン氏になったが、ノ・テウ氏は遂ぞ、ろ・たいぐ氏と呼ばれたことは無い。
 大統領としてはキム・デジュンだった金大中氏がきん・だいちゅうの方が通りがよいのは、拉致当時は自国読みだったからである。
 従って実父はぼく大統領であっても、今回退陣されたのはパク大統領である。

h914.jpg  閑話休題。
 パク大統領は陸士卒の父の日本との浅からぬ関係性から逆に反日の姿勢を示さざるを得なかったとされるが、この度当選された文新大統領は端から対北朝鮮融和論者らしい。
 この文脈からもほぼ同タイミングで行われた仏大統領選とともに、世界共通の民族主義的な保守路線に歯止め、とひと括りにする向きもあるが、寧ろ着目すべきは「政権交替」には違いないものの、交替先が旧来からの政党組織に基づく候補者ではなかったという点ではないか。
 両国とも大統領制とともに議会選挙は小選挙区制であるから長らく二大政党、二回投票の仏ならば左右二つずつの四大政党であったのが、明らかに崩れつつある。
 勿論、スキャンダルが契機だった韓国は今後も政党の離合集散が予想されるし、保守党の突出から再び二大政党に回帰した英国の例もある。何よりも中選挙区か比例の日伊にしか成立し得ないとされた基盤政党型が小選挙区下のわが国において再現されているのだから、少なくとも保守と革新乃至はリベラルという構図自体に揺らぎが生じつつあるとは言えるのかも知れない。
 世代交替、に付いては替わりに奥様が二回り上だからではなく、現時点ではまだ一過性の事例に過ぎないか。

5月9日(火) ドームに散ったひとつの星  -スポーツ - プロ野球-

h918.jpg  「あじさい橋」の大叔父のフレーズも今や通用しなかろう、エースのジョーの名を聞いたのは半世紀を越えて四連続完封に挑む菅野投手の、今年もまた驚異的なピッチングの賜物である。
 本年の初ドームが見事この好カードに合致したのは強運に違いないものの、打たれることがニュースになるのは立派とはいえ、いきなり初回の失点で夢破れ、如何とも緊迫感を欠く展開だったのは残念極まりない。
 それにしてもクリーンナップ以外は全く打てない巨人打線は打率1割台の長野選手が象徴しているが、反撃の本塁打も日ハムから貰った石川選手とは育成の巨人も遠くなりにけりと嘆くべきか、或いは立岡外野手ともども埋もれた逸材の「発掘の巨人」に転向したのか。
 最終回、三割を遥かに超える代打率を誇る亀井選手の二塁打で訪れた僅かな魅せ場に、退屈そうなベンチ映像だけが存在感を斎していた村田選手が漸く顔を見せるものの、呆気なくジ・エンドであった。
 元大洋の五十嵐投手を継ぐ髭魔神と言うよりは、揃いも揃ってドレッドヘアの三つ編み魔神三兄弟、阪神自慢のドミニカン・リリーフ三人衆のうち二人を見物出来たのが救いか。誰が誰だかは判然としなかったが。

h917.jpg  待機モードだった黄金週間終盤戦は久々にビデオ編集に挑んでみたが、編集ソフトを立ち上げ動画を貼り付けると忽ち強制終了し、現行panasonic機の導入の際に試み、同じ現象に萎えて以来編集をサボっていた経緯が脳裡に甦る。
 ならばとpana機付属の管理ソフトはと言えば、水中やビデオを持ち歩かない時にカメラで撮ったavchd以外のファイルを認識しない。
 ところが悪戦苦闘、mp4やら変換してなお読めず投げ出しそうになったが、フリーソフトを落としてみたら案ずるよりでサクサク進み、技術の日進月歩以上に汎用化が薄利多売を斎すであろう厳しさにも直面させられた。
 嘗てはビデオ専用機でも停止する瞬間、無意識に本体を押し下げて仕舞うのだろう、映像にブレが生ずる為その部分を須く削除する地道かつ膨大な作業を擁していたが、手振れ防止機能も進化している模様でその手間も省けるではないか。
 こうして約90分のケアンズ行2016が完成した。既に充分食傷気味で改めて鑑賞しようという気には仲々ないから、自己満足に過ぎないと言えばそれ迄なのだが。

5月5日(祝) 鯉もコースも短めで  -育児 - パパ育児日記。-

h909.jpg  前半戦の喧騒から打って変わっての静かな五連休の中日は、多摩のそうぶファミリーコース。本コースに併設でベントと高麗の2グリーン、レディース・ティまで設けられている本格仕様である。
 スタート前の待機中、巨大なバンカーに挑む練習場では身体が伸びて仕舞うのか、空振り続きで沈んだ祐旭も進むに連れ何とか回復に至る。ホール間の移動がアップダウン激しく残念ながらカートは満杯で良い運動になったが、その分適度に間隔が空いて過去二回の様に焦り打ち急ぐことも無く、所々にマリガン打ち直しの余裕も綽々で暑さの中にも快適であった。妻の方向性が著しく向上していたのは卓球の余波かも知れない。
h910.jpg  昼休憩ありでもこれまでの18ホールは流石に豊満な公資のみならず負担だったから、二回りでパー72に挑む無理はせず12ホールで満了、昼の独楽寿司まで丁度良い行楽だったのではないか。
 月三ラウンドの高い目標値をショートコースを含めてクリアしてきたが、①ワンホール100ヤード内外、②9ホール超、③移動所要1時間強程度を満たすコースが尽きてきた。
 お薦めのショートがあれば是非ご教授願いたい。

h911.jpg  屋上バルコニーに横たわり雨晒しで年々尾っぽから滅びて使い回しの祝いの鯛の如く惨状を呈している鯉幟りを、今年こそは新調しようと久々にトイザらスに赴くものの、数万円規模の御大層なそればかりでは孫が生まれるまで御遠慮したいところである。
 止むなくアマゾンで安物を入手したら今度は思い切り小振りで、結局双方担いで今年も変わり映えせぬ絵柄だった。
 はや七年目の鯉。

5月3日(祝) リカちゃんは50歳   -育児 - パパ育児日記。-

h907.jpg  黄金週間の谷間出社の昨日は午後を町田遠征に充てたが、後半戦の初日は学園祭視察、公資も愈々ターゲットを定めなければならないお年頃になってきた。
 帝都の私立中は長年俗に「御三家」と称されてきたが、今やトップランナーとの差は開くばかりで先頭集団にギリギリ食らい付くポジショニングに位置する、地名を冠する名門校である。
 午後からの出立だったため大半の出し物は数珠繋ぎ、父母手分けして行列のできる教室に並んで何とか洋弓と縁日にあり付き、思い切り身を乗り出して公資は射的に挑む。
 珍しく透いていると思ったら学校の歴史展示で、相模湖遭難事件はじめ文化祭実行委の横領や飲酒騒動など不祥事ばかりが壁新聞宜しく大書されており、政界にも多数卒業生を配しながら噂の真相的なスキャンダリズムな装いは、若き日に陥りがちな気の迷い、左翼被れの現れなのか。喧伝された「茶髪自由」もこの時期のみらしいものの確かに存在していた。
h908.jpg
新しい憲法を推進する制定大会(2011)
 一等地であるが故に惜しむらくは駅から遠い上に周辺街区が広く直線で移動し難いことか。ダイエットには資するのかも知れまいが。

 俄かに憲法改正が政治活動に浮上したのは愈々安倍政治の集大成に挑む意気込みか。衆参三分の二の所謂改憲勢力を維持しながら皆目不如意のままでは立党以来の党是が泣くとの焦りもあろうか。
 ただ耳当たりの良い環境権やらプライバシー権を先行させること無く堂々と9条を掲げた姿勢は頼もしいし、硬性憲法たる96条にも手を付け"普通の国"に脱皮出来れば叶ったりではあるものの、少なくとも憲法とは不磨の大典ではないという当たり前の事実に国民を覚醒させる意義は決して小さくない。真・保守の先達も高天原から見守って呉れるだろう。
次のページ

FC2Ad