コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

11月30日(水) 雪割り桜にはまだ早い  -音楽 - J−POP-

h758.jpg  多くの音楽実演家は、ある時は他者との協同作業の齊す意外性に惹かれてバンドを指向しながら、一方で協調の煩雑さと個々人の嗜好性と技量の差異に煩悶してソロ活動に回避するという、両岸の間を行きつ戻りつするのだろうか。
 音楽活動40周年を迎えた矢野顕子氏の、箱入り写真集付きの御大層なベスト盤『矢野山脈』を通聴して、基本的には20年前のベスト盤『ひとつだけ』の延長線上に位置するものの、後半に及ぶに連れ出前コンサートに代表される弾き語りと、伝統的なバンド形態ながら多分に即興性にも依拠し得る手練れの音楽家逹との合作の混在がより色濃く伺えよう。
 その中でYMOとの活動期にあたる80年前後が、氏の長いキャリアの中ではピアニストらしさが隠し味となっており、個人的にも多様な音楽に触れ始めた小学生末期の感受性にもマッチしたのだろう、未だに最も聴き馴染んでいるが、敢えてそこに"テクノ"たる範疇を冠するならば、近年の矢野氏のアルバムに再びそのテクノ風味がまま現出しているのは、恰も螺旋階段を廻るが如くで非常に興味深い。
 勿論、同じ階層を巡回はせず曾ての所謂テクノポップに対して現在はピアノとテクノの融合たる趣に他ならない。その象徴が三度目のリニューアルとなった『矢野山脈』収録の「春咲小紅」であり、丁度20年前の再録「ひとつだけ」が後のピアノ弾き語りバージョンの原型となったのとまさに好対象であろう。
h759.jpg  ただ野心的な試みであるピアノとテクノの融合だが、坂本教授久々のバンド・ツアーと名打たれた公演がカラオケに無理矢理生演奏を被せた様な惨憺たる結果に終わったのと同列視しては失礼かも知れないが、些か木に竹を接ぐが如く響いているのは、趣味の領域を勘案してなお残念である。
 寧ろ電子音主体の伊勢丹のテーマソングの方が企画モノであるだけに綺羅びやかで80年代の面持ちを醸し出している。元より実演家に過去の再生産を求めるのはフリークの悪い癖だが、50周年に向け華やかでキッチュな矢野氏に再び出会いたい。企画展YANOTANの行われた、伊勢丹が、80年代の西武の様に玩具箱をひっくり返した様な百貨店の輝きを取り戻せるかはまた別の話しだが。

h767.jpg
昨年のWorld Hapinessより
 YMO後のテクノたる文脈では、"Over The Top"を掲げた細野氏の32ビートが嚆矢だが、ポップから歌謡曲路線に至ったユキヒロ氏が久々にテクノに回帰し細野氏が共鳴したスケッチ・ショウが実質的なYMOの再々結成に結実している。
 逆に細野氏は更に先祖帰りしてカントリーに安息の地を求めているが、ユキヒロ氏は教授の休場と相俟って再び形を潜めたYMOに替わりメタファイブとしてテクノを追求し続けており、装いはテクノ風味だがメロディの明確なテクノポップに再会した感があったのは頼もしかった。
 しかしながらこれも曾てのユキヒロ氏がテクノから英国由来のニューウェーブ色に被れた時系列と同一歩調の展開が、メタファイブのセカンド・アルバムに明瞭なのは個人的に心配である。
 何よりもレオ今井氏の起伏の少ない旋律のみならず、取り分け声質が生理的に受け入れられないのは致命的であろう。逆説的に言えば改めてユキヒロ氏のボーカルもまたYMOが人口に膾炙した要因のひとつだったということか。

11月27日(日) 帰ってきたカップ  -スポーツ - ゴルフ-

h756.jpg  出向時代には要人の名を冠して「○○カップ」と称するゴルフコンペは複数存在したが、何れも主たる面子が卒業して企業人に回帰すると自然消滅するのが習い相場だった。その中で我々もまた先人から引き継いだひとつだけが命脈を保っていたのは、囲まれる主賓たる御仁故たろうか。
 残念ながらここ数年は休眠状態だったところ、期せずしてとんとん拍子で今般復活の運びとなり、三組にて執り行われたのは幸便の極みであろう。
 折角だから出来る限り要人との同伴の機会を増やすべく前後半入れ換えを試み、スルーのため三組から一組への早変わりは物理的に不可能との制約に、事前に組み合わせに頭を悩ませてなお幾分忙しい小休止だったが、無事終焉後の宴会でも日本酒を煽り、元同僚氏のご相伴で爆睡して帰還したのだから大団円であったろう。
h757.jpg  新調した小振りのカップは参加者の中で最も先任かつ圧倒的に技量の高い要人氏が予想通りベスグロとともに獲得され、空気を読んで戴いたのかは定かで無いが、三人参加戴いたうちの現役おひと方が見事ブービーにて次回幹事とは、まさに謀った様な美しい結果に他ならない。
 残念ながら個人的には漸くドライバーが安定復調した替わりに、とくに後半は存外にと言うべきかゴルフ場としては本来あるべき姿なのだろうが長目のラフに悩まされ、取り分け得意の筈のウッドが奮わなかったのが敗因であった。
 オーラスでボギーを期して執念でボギーを拾い百獣の王は回避したものの、結果から見れば10月末の96から華麗にスタートし、二度の祝日を挟んだとはいえ実に11月は4ラウンドを数えた怒濤のひと月は、少しずつ成績を落とす不可解な顛末であった。
 少なくともアプローチは小慣れて目分量に長けても良さそうだが、年間30ラウンドの壁を過剰に意識した試みは体力的な綻びを齊すのみならず、次回が至近だからこそ雑になりかねない弊害を呼んだとも言えよう。
 当分選挙も無さそうだし、来年は安定的に月二ラウンド程度を目指そうか。

11月24日(木) 充電地獄  -携帯電話・PHS - iPhone/iPad-

h769.jpg  帝都においては1962年以来の11月の降雪、同じく観測史上初の積雪とともに漸く会社携帯が帰ってきた。
 iPhone6への昇格から約二年、充電の不具合が日に日に頻出し、果ては運が良ければ充電出来るの域に至って万やむを得ず社内に問い合わせる。充電口への埃の蓄積ではないかとの御沙汰に半信半疑爪楊枝を押し込めば、確かに塵は排出されるものの矢張り充電は滅多に進まない。
h755.jpg  ならばと近場のiPhoneショップに駆け込むのは自前主義の閉じた世界では決して許されず、修理ひとつも中核市に回送必須のため手元不如意の生活を余儀無くされる。
 こうなると社外には個人携帯のメイン扱いを続けてきたのが正解だったことになるが、飽く迄会社支給品以外への転送は機密管理上厳禁である。有り難いことに又もやモニター貸与の更新されたiPhone7も相変わらずiPod兼目覚まし時計としてわが家では持ち腐れながら重宝しているものの、折角更に充実しているらしいカメラ機能も眠ったままだし、かく事態にも登壇は努々叶わない。
 詰まるところ部の倉庫に眠っていた懐かしのガラケーを借りて暫しの御相伴とは前時代仕様も夥しかろう。
 ただ電話が鳴っても誰からなのか判別が付かないのはまだしも、スケジュールはわざわざ出掛けに印刷してなお10分なのか15分なのか詳細は判然としないし、最大の問題は会社メールが読めず、不測の事態が生じてはいまいかと常に帰巣本能が過剰に働いては、糸の切れた凧稼業に支障を来す。
 而して土日祝を挟み先発投手宜しく漸く中五日で復帰したのだが、証拠品として御丁寧に掘り出された埃まで同封されて来た割りにはなお、充電は恭しく固定しておかなければ唐突に終焉する不如意には大差が認められない。
 今をときめくIoT、テレワーク仕様の原点と評するのは美しかろうが、携帯電話の下僕と化した日常は最早覆し得るものではなかろう。だからと言ってに消費税率並みに残り僅か数%と赤く警告され、充電口を手づから押さえシャットダウンの危機に怯えつつメールを打つ、充電の奴隷たるは、柔軟性の欠如という大企業病の為せる業、殆ど人災である。いっそ破壊して仕舞えば話しは早かろうが、踏み切れないのも宮仕えのまた宮仕えの哀しさ、付加価値の高さもまたわが国らしくはあるものの、法人の携帯電話は消耗品として資産性を否定してくれたら少しは融通が効く様になるだろうか。

11月23日(祝) 短くても銀  -スポーツ - ゴルフ-

h752.jpg  雪に見舞われなかっただけ御の字と受け止めるべきかも知れないが、雨と極寒のなか嘗ての出向先の同僚とのコンペが成立した。
 思えば世俗に帰還した後、自らと同世代以降の顔触れによる定例開催を提唱し、確かに数年は行く末を見定めていたものの、言い出しっぺがお仕事棒振りの機会に恵まれて幽霊会員化したにも拘わらず脈々と継承されたのか、或いはゴルフ熱に再び魘された人物の帝都復帰により俄かに再興されたのかは定かで無いが、四年振りに参画して立派に二組にて挙行されているのだから、現役時代はゴルフ合宿まで執り行われた袖振り合う御縁は矢張り堅牢である。
 2018年日本プロゴルフ選手権開催コースとは美しい響きだが、恐らくは二年で大幅な改造が施され、我々のプレイの記憶はTV観戦にも役立たなくなるのだろう。ただ大いに戦略性が伺われるのはバンカーの数で、残り百ヤードから砂だらけ花道なしのホールすら存在したのだから、既にチャンピオン・コースの片鱗は醸し出していたのではないか。
 特筆すべきはオリンピックで、ショート三点、残りは全ホール・ドラコン一点とは日銀が泣いて喜びそうなインフレ・ルールの中で、同僚のニアピンを寄せワン消しゴムした前半イン16番ショートからの三連続合わせ銀のフォース、ドラ短ながら独りフェアウェイ含め圧倒的に不利なドラコンでも二点を稼ぎ、旗包みならぬ棹包みの神憑り連続ダイヤモンドの御仁に追い付いての同点大勝とは、久々に今や公式戦では禁止された支店の固定(アンカリング)による中尺パターが炸裂した一日であった。
h753.jpg  にも拘わらず結果は平凡で七人コンペの四位と中庸、新嘗祭らしく豊潤な刈り入れとはならなかった様で。

 朝方のアクアラインは既に込み具合で、そのまま東へ進むと時ならぬ渋滞と思いきや、千葉東金から圏央道に昇格してなお暫定二車線への漏斗の如き合流で、以降はトンネルも二車線分しか掘られていない。よく見れば橋梁は向かって左にもう二車線分越えているので用地は概ね確保されているのだろうが、おかげで朝から長旅であった。
 元より帰路は覚悟していたところ、木更津金田の入口渋滞がかくも激しく、時を同じく唐突にオーディオが無反応になったのに気を取られて過剰な焦躁感は募らなかったが、却って海ほたるを超えてからは大井までスムーズと想定は下回る所用時間であった。
 とはいえ冬の千葉は雪にも強いだけに、市原の先なら7時台との教訓を残す車漬けの一日。

11月20日(日) ミギヘヒダリヘ  -育児 - パパ育児日記。-

h748.jpg  巷で老若男女を問わず卓球が静かなブームを迎えているのは、ひとつには福原選手をはじめとするわが国競技陣の躍進に負うところは少なくないが、同時に低コストかつ身体への適正な負担、更に高齢者にもゲートボールの如く数を必要としない非集団性といった特質が現代社会にマッチしているのだろう。
 事実、公的機関のため非常に安価な中野体育館は、休日は数時間待ちもざらにある異様な混雑らしい。
 本日は子供達が不定期に通っている荻窪の五輪選手のサイン色紙溢れるスクールへと同行してみたが、流石にこちらは大学生とはいえセミプロ擬きのコーチが付くためお値段は張るものの、素人とは思い難いレベルと見受けられるご年配が一心不乱にラリーを繰り広げている。
h749.jpg  リズムに乗ってのシャドープレイに始まり左右に跳んで後ろから前から、「走る麻雀」と称されるが如く、反射神経のみならずゴルフには及ばずとも頭脳を駆使する「間」のあるスポーツかと思いきや、子供達の技量の上達を見極めたのか今日は過去に無いハードな運動量だったらしい。
 球拾いもゴルフボールの様に押し潰して収得出来ないので存外に父にもよい運動だったが。

h750.jpg
h751.jpg
 折角荻窪まで到来したにも拘わらず昼は中村屋のカレーである。未だにレトルトの中では最も好みの部類だが、久々に店舗にて賞味すると存外に平板、矢張り新宿で味合わないとボースに怒られるのかも知れない。
 日本仕様の印度カレーという意味では最近店舗展開盛んな、"百年カレー"と口を滑らせて公資に「腐る」と突っ込まれた「百時間カレー」の泥濘チックがフィットするものの、日当たり供給量固定なので早ければ夕方に閉店するのは、小口配送の充実したこの御時世に察するに飢餓感を煽る戦術とも捉えられようが、残念ながら使い勝手が悪い。
 詰まるところは辛目のカレーなら大概は許容範囲なので、レンジ仕様からお湯のみのカップ麺スタイルに改められたカレーメシも、明らかに米の味は落ちているにも拘わらず小腹が空くとスパイシーを求める様になって仕舞った。
 所詮、単品大量主義者は味には拘らない、或いは物理的にも拘り得ないと結論付けるべきか。

11月18日(金) 内務の鬼  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

 「憲政の神様」尾崎咢堂の最後の総選挙における落選時94歳が現職国会議員の最高齢になるが、国会議員経験者の長命記録は残念ながら政治マニアにおいても掌握していない。ただ東久邇宮王を超えた奥野誠亮氏が記録的な第一人者であったのは疑い無かろう。
 竹下内閣の目玉人事であった国土庁長官を「支那事変に侵略意図なし」で棒に振ってからは公の舞台からは遠ざかった感があるが、一貫して主張を貫いた姿勢は尊重されて然るべきであるし、かく思想の御仁が田中内閣において文相の任にあったという事実は往時のわが国と大陸、半島との力関係をも類推させよう。
 内務省の後輩の葬儀に凛と背筋を伸ばして参列されていた姿を拝見したのは数年前だが、丁度昨年の今頃は外国人記者クラブで持論の憲法改正につき会見されており、百歳を超えてなおゴルフも健在であられたと聞く。
h747.jpg  エイジシュートは果たされたのだろうか。保守の文字通りの重鎮の長逝に忠心より哀悼の意を表したい。

 何故に五輪関連イベントで九州物産展なのか判然としなかったが、熊本については復興支援の文脈で捉えれば理解出来よう。 要人のお迎えに日に二度も赴いた割には肝心の前大臣には空振りしたものの、くまモンにお会い出来たので充分にお釣りが来たとし受け止めておきたい。
 ところでくまモンのスケジュールを伺う限りほぼ同時刻に地元にも現れている様に見える。どうやら九州新幹線全線開業が誕生のきっかけだったにも拘わらず、移動はJRでなくテレポーテーションらしい。営業部長の重任を担うからには上級職なのだろうが、公務員も楽ではない。

11月12日(土) しかのふん  -育児 - パパ育児日記。-

h742.jpg  設立から七年、中学は未だ実証過程との位置付けなのか驚く程に参観行事が希少な中で、土曜開催かつ午後は一般公開の学校紹介を兼ねるとあっては父もおっとり刀で駆け付ける学習発表会、一年生のお題は奈良研修発表である。研修の名を借りた旅の存在は嘗てのわが出向先をはじめ官民を問わないが、グループで訪問先まで周到に準備したとあらばお披露目にも熱の入ろうものである。
 とは言え何故せんとくんは禿頭にも拘わらず角は抜け落ちないのか、といった興味深い仮説の検証は皆無で、一様に平城京、神社仏閣やらを取り上げての歴史の教科書擬きなのは13歳の限界だろう。アカデミックと言えば聞こえは良いが、正直なところ何処もかしこも地味で笑いの要素は皆無に他ならない。
h743.jpg h744.jpg
 ただ七班の貴族と庶民たるお題は格差社会が叫ばれる昨今だけに時宜を得たテーマであり、しかも他に比しても妙に長丁場で、総じて本会議並みのお経読みばかりの中で、ひとり早口で滑舌のよい演劇チックな祐旭のプレゼンが光っていたと評するのは親の欲目なのだろう。
 父がフラッシュを焚き過ぎて些か重圧を与えて仕舞ったのには反省したが、猿でも出来るのでカメラマン擬きの行動様式は恐らく変わるまい。
 幸い午前の非公開セクションのため混雑も無かったが、体育館や廊下には短歌やスケッチ、絵日記の類も並んでいたものの、もう少し絵になるイベントで無いと紺碧の再構築に向けた学校のマーケティングとしては戦術性に欠けるきらいは否めないのでは無いか。
h745.jpg  お馴染みの鉄道やPC、英語といった文化系クラブは独自に展示を構成していたが、祐旭の排球はじめ運動は押し並べて出番無く、自主的に徒党を組むことも可能だが音楽仲間を自模るには至らなかった様である。自主性を重んじる校風はよく理解するものの、来年以降は高校準拠で土曜公開行事の増幅を当局には是非検討戴きたい。

 その足で学校の目の前の練習場に初お見えするが、土曜の昼間にも拘わらず殆ど客足が無く住宅地の練習場が次々とマンションに建て替わっていく中で、余程の大地主の道楽なのだろうか。
 翌日のラウンドが又もや平板なスコアに終わったのは決して練習場の狭さ故では無く実力不足に過ぎないが、パーあり大叩きありの出入りの激しいゴルフの方がブレイクスルーの可能性を秘めている、と楽観的に受け止めたい。

11月10日(木) 賢者の独裁  -政治・経済 - アメリカ大統領選-

h740.jpg  民主主義は最悪の政治形態と言える。但し、これまでに試みた民主主義以外の凡ゆる政治形態を除けば、というチャーチル英首相の言を待つ迄も無く、民主主義の内包する幾多の欠陥を、国民投票という形で英国自身が体現して見せたことは記憶に新しい。
 ただ議員内閣制下だからこそ直接民主制に依る採択に厳格に拘束される以外に採る術の無かった英国を見るにつけ、直接民主制を敢えて擬制した大統領制を戴く米国は矢張り一枚上手の様である。
 元より純然たる三権分立を行政と立法の対峙と読み替えるのみならず、恰も議会における発言が院外では免責されるが如くに、所詮選挙戦におけるスローガンは結果が出ればノーサイドとばかりに、ともすればTPPでさえ形を変えて鵺の如く生き残っても可笑しくない程に、早速煽情的なモンロー主義的主張からの軌道修正を試みているのは、民主主義の限界を非制度的に補う経験則なのだろうか。
 敢えてこのタイミングでも与野党ともに迷走の末に疲れ果てたから、ばかりでは無かろうがTPP採決を延期したりしないわが国も、敢えて交渉材料として温める様な狡猾さに欠けるとの指摘もあろうが、この融通無碍さこそが回帰した基盤政党制を円滑に運営させる生活の知恵とも言えよう。
h741.jpg  畢竟、マニフェストの類に過度に囚われないのが間接民主主義のお作法なのかも知れない。

 アナグラムという言葉遊びがあるが、そもそも順番を変えることなく特定の事象が潜んでいるネーミングがある。妥当な例かはさておき「国家安康」が大阪の陣の引き金になったものを想起されたい。
 今般発見したのは芳名に著名な中華料理店の名の一部が刻まれた方である。因みにパーティには伺えなかったので、テーブルに焼売が並んでいたかは定かで無い。

11月6日(日) もうひとつの東海道  -地域情報 - 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)-

h736.jpg  その筋の御仁には垂涎の的なのだろうが、元より自動車産業には職業柄多大な関心を有しても自動車そのもの、取り分けレースの如く興業分野には極めて知見に乏しいので、昨年に引き続き訪れた新城ラリーもアテンダーとしては全く用を足さない。しかも到来される要人が今年は警護対象となり、大会側から貼り付きのケアが誂えられればと山の賑わいたる価値も薄かろう。
 デモンストレーション走行におけるスピン・ターンなど素人目にも見応えある絵柄も皆無では無かったが、広大な新城総合公園を二年連続で練り歩く気力は涌かず、終始虚しく取り巻きの最後尾を汚すのみだった。

h737.jpg
h738.jpg
 ただ幸便だったのは上官が欠場となり駐車券を下賜されたことだろう。本来なら豊橋から単線の旅路を余儀無くされるところ、ラリーには自動車にて赴くのが筋との使命に駆られた訳では当然無いものの、本年二月の新東名高速延伸により新設された新城インターの存在が天啓の如くに脳裡に煌めいたのである。
 ならば豊橋経由より走行距離は長くても寧ろ浜松からと企めばこれこそ高速道の威力、時間距離は変わらないではないか。しかも引佐連絡路経由の新東名とは道路族として絶好の視察に他ならない。
 そこで勇躍浜松にてレンタカーを調達し、ナビゲーションが古くて危うく東名をそのまま滑走しそうになりながら新東名に辿り着いたものの、期待に反して高級感が漂っていない。
h739.jpg
開通直前(2012/3)
 四年前に訪れた御殿場近辺が開通前とはいえ余りに広々としていた記憶が鮮明なだけに、暫定二車線の実質「暫定」が外れてスケールダウンされた、有り体に言えば見窄らしさは一目瞭然、申し訳程度の路肩こそあれ中央車線を自動運転専用レーンに供するのは明らかに無いものねだりのI want Youである。
 画面上は道なき道を掻き分けて猛烈にスムースに到着し、帰路も滑り込みでひかりに間に合ったのだから高速の霊験は灼かだし、敢えて心残りを述べれば公団民営化最大の成果とされる商売っ気に富んだ新SAには御目に掛かれなかったのみとはいえ、1968年の東名開通時に沸き上がったであろう未來への憧憬は元より、首都高中央環状の隧道部に初対面した際の高揚感にも乏しかったのは否めまい。
 勿論、自動車社会である東海~浜松地区の渋滞解消には大きく寄与しようし、何れ120キロ走行をも可能とする新たな大動脈たるとともにリスク分散においても効用は充分だが、 五輪年度に御殿場以東が開通しても詰まるところ東名合流後の「大和トンネルを先頭に」のフレーズが更に延伸される懸念は残る。海老名近辺からの抜け道マップが重宝される様な事態は余り美しくないのだが。

11月3日(祝) 第二の道  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

h746.jpg  前回から中三日、怒濤の強化月間が始まった。
 結果的には102と本年の平均値106からしても御の字には違いないのだが、前回が余りにとんとん拍子だっただけに、前半3ホール目のショートでピッチ・ショットのチップインたる僥幸に恵まれれば、二ラウンド連続で百を切れたのではないかとの悔恨ばかりが色濃いとは、人の欲望とは留まる処を知らないものである。
 冷静に見れば平坦一本槍のカメリアヒルズに対し、とくにアップダウンが大きく改造に伴い後発のインが若干トリッキーなよみうりという微妙な巧拙がスコアに如実に体現されたとも言え、過去の記録も概ねそれを立証していよう。
 明治節に天孫降臨とは問屋が卸さなかった様で。

h735.jpg  参院の合区解消に向けた検討が始まった。広大過ぎる選挙区という現実的な課題以上に、国政選挙が地域の対立を煽る場になりかねない危険性があり、このまま合区を続けるのが望ましくないのは明らかだろう。
 だからと言って分区は技術的に過ぎ、そもそも明治以来の都道府県制という地方自治の根幹に楔を打ち込むという意味では合区と大差無いし、解釈改憲で地域代表と読み替え得るならば衆院の一票の格差是正も同様に否定されて仕舞うから、詰まるところは憲法改正以外に処方箋は存在しまい。
 当然それは参議院の権能たる議論にも発展しようが、寧ろ地域代表と明確に位置付け、一票の軽重に囚われない替わりに諸外国同様に下院に対して抑制的な権能を改めて勘案することになろう。元よりそれが非都市部に比較過大な議席を充当する結果を導いては本末転倒だが、人口比との解離と権能をトレードオフに捉えて良き案配を探るのだろうか。

FC2Ad