コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

6月29日(月) 保守と文化  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

h111.jpg h112.jpg
 いやしくもマスメディアは不偏不党であるべしとの不文律はわが国に固有の文化なのだろうか。勿論、経営母体の明確な「機関誌」に対し全国紙・キー局には一定の中立性は求められようが、「社説」の存在を証拠物件として掲げる迄も無く、社としての主張に何等かの志向性は必ず伺える。嘗て巨人軍時代のレジー・スミス選手が米大統領選における共和党候補への支持を滔々と語りだしスポーツ記者を面喰らわせたと聴くが、思想信条を明確にしない大前提がメディアに限らずわが国の国民性なのかも知れない。
 ただマスの冠を戴くからには広く人口に膾炙する必要性があり、還元すれば発行部数・視聴率を求めなければならない。この観点においてメディアもまた消費者の選考に合致する商品力が必要となり、結果的に国民性に見合う紙面作り、即ち反権・反政府が導き出されるとも言えよう。
 一方で営利事業としてのマスメディアのもうひとつの食い扶持は広告収入だが、メディアの側も出稿元たる企業サイドも所帯が大きくなればなるほど記者と営業、広報と宣伝には垣根を設け、出稿は純粋に購買層と部数・視聴率から機械的に算出される広告効果に基づく取引が構成される。
 詰まり恰も企業側もメディアの不偏不党の標榜を受け入れる、互いに大人の関係を築き続けてきたのは矢張り実にわが国らしい絵柄だろう。
 今般「分厚い保守」という一見しただけでは嗜好の判然としない非主流若手連合に相対し、歴史と伝統を想起させる「文化芸術」を掲げ安倍親衛隊を自ら謳う様な新集団が結果的に贔屓の引き倒しに至ったのは、詰まるところこうしたわが国の古式ゆかしい建前を逸脱したところに主因が求められるのではないか。
 広告で圧力との発想は新しいものではなく、メディアへの牽制として政府・与党から折に触れそうした言質が発せられたケースは過去にも散見されるが、敢えて言えば党本部のしかも最も記者に筒抜けの八階会議室で集団心理の発露宜しく快気炎を挙げたところに特異性があったと言えよう。
 大手六紙の主張が綺麗に三紙ずつに二分されつつある様に、メディアもまた不偏不党という伝統を革新していく中で、政府・与党も建前文化に別れを告げるという、恰も変わらない為に変わらなければならないという保守の真髄を体現した、訳では恐らくなかるまい。

6月28日(日) オキュパイド・グラウンド  -育児 - パパ育児日記。-

h10196.jpg  兄は二年時の一年のみを以て退団したサッカー・クラブに、必ずしも球蹴り自体には積極的で無いにも拘わらず同タイミングから既に足掛け四年に亘り公資が参画し続けているのは、友人達との人間模様に基づくものだろう。
 元より運営サイドの負荷は小さいものではなかろう。何より練習毎に区内の小中学校を行脚する東京球場亡き後のロッテ・オリオンズも吃驚の渡り鳥生活である。だからこそ専用グラウンドの確保が設立以来36周年の悲願であったのはよく理解出来るが、驚くべきことにそれが登戸では些か遠きに過ぎよう。
h102.jpg  クラブチームが創設者の類稀なる情熱無くして成立し得ないのは自明の理である。しかしながら念願のグラウンドを睥睨しつつ些かの気負いとともに放たれる実力者の挨拶に伺う限り、「専用」とは自らの球団名を掲げて「招待試合」を開催する為の必須アイテムらしい。考えてみれば一介の地域の小中学生の団体がグラウンドを誂えるという発想からして経済的にも無理があり、専門学校の大原学校のそれを他のクラブチームに収用されることなく優先的に占有出来るとの貸与契約であろう。しかも遥か多摩川を渡った河川敷とあらば当然通例の練習には不似合いであり、普段はわが家を空けて変わらぬジプシー生活が続くとあらば、結局保護者の負担は増えこそすれ減じまい。
h103.jpg  確かに他チームでは腕に覚えのある父兄が盛んに駆り出されており、専用のコーチ陣を有している段階でメンバーたる杉並区民の可処分所得の高さを物語ってはいようが、晴れて一流ブランドの仲間入りの為に専用の名を求めたとあらば情熱も多分に勇み足に映る。
 創業者の著しい熱意が引いては一般保護者への過度な負担要求に帰結し、上位リーグを目指す熟達者を除いて脱落が相次ぎ純化されるという過程を経なかったのは、結果的にそれなりに熱心か、専業主婦で手の掛かる幼子を有しない層がサークル活動的に当番業務を分かち合う構造が暗黙の了解で根付いたからなのだろう。
 その余禄に預かる身の上が口を挟む謂れも無かるまいし、文字通り招待された他団体を交え総勢三百人近い児童・幼児が天然芝に居並ぶ絵柄は壮観には違いないものの、やもすると「専用」にも拘わらず再び見ゆる日は訪れようかと少しだけ首を捻りながら多摩川を後にした。

6月24日(水) トキノミノル、おまえは走った!  -政治・経済 - 政治・経済・社会問題なんでも-

h99.jpg  ダービー制覇の直後、破傷風から急逝した幻の馬、トキノミノルの名は今もなお語り継がれている。馬主であるかの永田ラッパ氏が大映の師、菊池寛氏に因む「トキノ」を掲げたことからも嘱望振りが伺えるが、デビュー時は幼名のパーフェクトで出走している様に、競走馬はオーナーの異動により容易に改名を余儀無くされる。
 俗に馬と鹿と代名詞の如くあしらわれる身の上において果たして新たな呼称に容易に慣れ得るものかと訝しまれようが、そもそも馬は自らの名を認識する迄の知恵さえ持ち合わせていないから混乱は生じず、従って馬名とは人間社会における管理符号に他ならないことになる。
 勿論、話題のマイナンバー制度にこの比喩を当て嵌めるのは些かイエローペーパー的な視点に過ぎよう。そもそもマイナンバーの発想は総合課税による所得捕捉を企図としながら金丸信氏によって葬り去られたグリーンカード制に端を発するものであるから、端から源泉徴収制度に依り所得が審らかにされているサラリーマンにとっては嘗てクロヨンやトーゴーサンと揶揄された自営業者との課税の不公平感の解消を導くという意味で合理的に受け入れられるべきである。
h98.jpg  ただそこに社会保障の窓口一元化という、善意で捉えれば対象者への更なるメリットを追加したおかげで、制度具現には重ねて中間管理単位たる法人の負荷を求めるパラドックスに陥っている。確かに法人は追加経費を直接に所属する個人に帰する荒業には及ぶまいが、結果として法人の利得を圧迫すれば個人への負荷に帰結しよう。個人情報云々には何等の懸念も抱かないが、徒らに高セキュリティを追求する余り大企業の持ち出しを以て他のセクターの負担軽減策に寄与する事態が生じないようマイナちゃんに切に願いたい。

 知人の長男ご生誕祝いを求めて銀座は三越へと赴き、この時期お生まれなら長袖ですねと諭されて乳児の装束のタイムラグを久々に思い出した。
 同時に今更ながら直面したのは矢張りわが国のビジット・ジャパンの進展であった。大英帝国トラファルガー広場に礎を求めるライオン像は極東の嘗ての同盟国に鳴り響く中韓両国語のアナウンスに何を想うのだろうか。

6月23日(火) Oh GREAT CENTRAL  -スポーツ - プロ野球-

h96.jpg  人気のセ、実力のパとは彼我の著しい観客動員力の差にパシフィック側が半ば自嘲的に自らを鼓舞せしめんと唱えたフレーズだが、事実嘗てのオールスター戦における両リーグの眼の輝きには明らかな相違が見られていた。
 今や職業野球の経営にはテレビ中継量に直結するマスメディアの資本力よりも地域性が凌駕する時代を迎え、前者に秀でたセントラルの優位性の薄れる中、V9時代に色褪せた「実力のパ」以上に「人気のセ」は風前の灯火と化しているが、交流戦における圧倒的な格差は再び逆説的な意味からこのフレーズを想起させかねなかろう。
 そしてその象徴とも言うべき12連敗中の横浜が巨人を下し、遂にセは貯金の無い世界に突入した。勿論、未曾有の大接戦の副産物であり、ペナントレースそのものへの関心を高めるにはトピックスに他ならないのかも知れないが、若手登用と言えば美しいものの猛烈に見慣れない打線と化した巨人軍は何よりも打線が常に沈黙したままであり、試合としては淡白で興味をそそるとは言い難い内容だった。
h97.jpg  かく押し並べて投手戦ばかり見せ付けられるとまたぞろボールの反発係数に由来するのではとの疑問が浮かんでくる。事実かの統一球問題の過程において「下限値を下回らない」との通達で実質的な高反発回帰へと導きながら、本年に至って上下限の幅を廃したことにより上限に近付きつつあった係数が再び下がったとの指摘も見受けられる。ただそれでは取り分けセに著しい貧打の解説には不充分だが、コンテンツとしての使い勝手に敏感になったのだろう真剣に試合のスピードアップを指向する余りストライクゾーンを拡大したとの説もあり、忖度するだにセの方がその趣旨により忠実であるか、パは中途で多少なりとも行き過ぎを解除したといった顛末が邪推される。
 おかげ様なのか横浜が七点も取り連敗を脱出する一定の感慨を齊すべき展開にも拘わらず今日も早々に試合は終わり、珍しく二次会で記憶を亡くす程に盛り上がって仕舞った。
 改めて述べるまでも無いがヘベレケになることではなく、充分に二次会が成立する程の野球興業の短時間化が珍事との趣旨だが、かく継続すれば最早デザートとコーヒー配膳のタイミングも繰り上げなければならないか。

6月22日(月) 世界で一番長い夏  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

h95.jpg  通常国会の会期延長が一度に制限されてから最大の延長幅は参議院通常選挙に比例代表制を導入した82年鈴木内閣の94日であり、今般敢えてそれを一日上回る95日の延長を夜半決めたのは「過去最大」に平安法案成立への強い意志を込めたものだろう。
 ただ往時は予算成立後の12月開会後、ひと月の自然休会が慣例だったから会期末もひと月早く、10月開会の予想される臨時国会にほぼ連なる、再三遡上に登りながら実現しなかった真の通年国会は史上初めてになる。
 大学紛争対応の臨時措置法で大荒れの佐藤政権でも72日、菅総理の退陣までの時間稼ぎですらお盆前までだったのだから新たな夏になるが、現実には参院無用論に繋がりかねない60日ルールによる衆院再議決は参院側が嫌がるとしても理屈上可能になる7月中旬過ぎには衆院通過が予想されよう。
 従って政府役職者を除けば衆院議員は拘束される委員会も無く、外遊は元より迂闊に地元にも帰れない長い夏が待っている。或いはこれを契機に通年国会への箍が外れる形になるのかも知れないが、役所の人事が遅れたり、内在する店舗も含めて議員会館の稼働が伸びる財政負担はあろうが、民間企業取り分け永田町周辺居住者にとっては寧ろ議員へのアクセスが容易になる利点が認められよう。
 とはいえ〆切があるから良い作品が生まれるの喩え通り与野党揃って陥るであろう中弛みに尻を叩きつつ、その間に戦後70年談話を挟んで九月の元自由党同士の与野党決戦岩手知事選を迎え、同時に来年度税制改正の先駆けとして消費税の軽減税率問題に一定の結論を見出ださなければならない幹部には頭の痛い夏だろう。そしてその何れもがゆ党も含む与野党各党の離合集散の構図に微妙な波紋を投げ掛け、平安法案の審議に直結する構図である。
 勿論、九月後半の総裁選を無投票に持ち込む効用も見込んではいようが、逆に出馬の取り沙汰された陣営にとっては降りる大義名分が与えられたとも言えようか。幹部と法案関係者には各々の熱い夏が待っている。

6月21日(日) 焼いて 焼いて 焼かれて 妬いて  -グルメ - B級グルメ-

h93.jpg 公資の誕生日が7日、13日が結婚記念日とイベントが続く六月の三連荘目は父の日である。
 先週は定番の三崎港(右写真)だったが、本日は一週措いての串カツ、前回の北口に対し今般は南口とは関西文化の進出著しかろう。しかもこちらはより大阪色が強く居酒屋と言うよりは串カツに特化しているとの風評だったが、蓋を開けてみると子供達が夢中になったのはたこ焼きであった。
h94.jpg  店舗やわが家においてたこ焼きを食する事態は少なくないが須く完成品を供されるばかりで、俗に関西人は家庭に専用たこ焼き器を常備しているとされるが、USJ附設のたこ焼きミュージアムも含め自ら調理するのは初めてである。
 鰹節も紅生姜もあまつさえマヨネーズなぞ当然別盛りでと注釈がいらないのも楽だし、恐らくは二人の利き手が交錯しつつの慣れぬ手付きに観かねたのだろう、店員氏が手順を教授して呉れ、父にとっても望外の異文化体験だった。自らが誰彼問わず気軽に話し掛ける祐旭にも肝胆照らす「フレンドリーな店」として好印象がインプットされたのは幸便だったか。

h92.jpg  昨日は梅雨のなか好天には恵まれたもなのの、日頃千葉の平坦コースとキャディ随行に慣れ親しんだツケなのか、二週前の百切りから又もや暗転、グリーンまでうねり溢れるパッティングに悩まされ続けて撃沈した。
 昼にアルコールを補給して後半スタートからロングの砂イチ、ショートのワンオンでの連続パーが唯一の魅せ場だった。珍しく裁量のあるケースではコース選択は慎重にとの天の声と受け止めたい。

6月17日(水) 電池の果て  -携帯電話・PHS - スマートフォン-

h91.jpg  会社と個人の二ツの携帯電話を持ち歩いているが、前者の無い身分の時節から後者は番号不動なので基本、社外の関係者は今も個人側でやり取りしている。従って電話をしながらもう一方でスケジュールが確認出来る利便性はあるがそれなりの自己負担は否めないし、その分軽減されてもメールと内線に繋がる貸与側も利用は煩雑で見る見る電池が消費されていく。
 幸い減りも早ければ盛りも早いのがiPhoneの特典だが、何方も画面が消えれば木偶の坊、充電器は肌身離せない必須アイテムになっている。嘗ては乾電池利用でその場を凌いでいたが、経済的にも馬鹿にならないし常時性に欠けるので反復充電池に鞍替えしている。
 問題はその中身でこちらも流行りなのだろうiPhone用は多種多様だが、通常のミニUSBコネクタになるとPCから給電し蓄電を改めて電話に放出するアイテムが幅を利かせており、勿論それも使い勝手はあるものの、コンセントから蓄電も給電も一括仕様が矢張り有り難い。
 ところがオリンピックで如何にも残り物チックな逸品を入手したものの、電話に給電しても一瞬で途切れ、蓄電だけ進んでも全く要を足さない。実は以前も同じ症状が別個器材で発生していたのはHTCとの相性なのか、そもそも一般スマホのコンセント充給電需要自体が稀少なのか、これでは使えない充電器ばかり積み上がり充電貧乏になりかねない。わが国の弱電産業自体の品質劣化、若しくは安直な海外ブランドの席巻のツケで無ければよいが、スマホのコネクタ自体が微妙に標準化されていないのかも知れない。
h100.jpg  責めて確定申告の際には必要経費に認めて貰いたいところ。

 昨日はレアな豚牛刺、本日は熟成肉と思い切り肉肉しい二夜だった。野菜嫌い=肉好きの認識は誤りではないが、実際には歳を重ねる毎に重厚なそれは質量ともに胃袋が受け入れ難くなりつつあるので、食中毒事件以来アルカポネのアルコールもかくやと個室蔵出しにあらずば御目に掛かれない刺身は腹に染み入ったが、熟成肉は如何なものだろう。
 何しろ牛の中心部しか利用出来ないし、エイジング過程で分量も減少するから高級には違いないが、正直なところ適度な脂身に慣れた舌には引き締まり過ぎ感は否めず、しゃぶしゃぶが恋しくなる。そもそもこんな肉を毎日食べていたらTPP交渉に資するばかりでなく腹回りの増大にも確実に寄与しよう。
 矢張りわが国の文化伝統は偉大ということか。

6月14日(日) ルパン三世 vs 名探偵コナン THE CONCERT  -育児 - パパ育児日記。-

h84.jpg h85.jpg
 親子連弾に限っては二年前、祐旭との「テクノポリス」の様に思い切り自発性に依拠したケースも存在したが、ソロは概ね指定された課題曲の範囲であり、従って毎年違う演者による類似曲の演奏に既聴感に捕らわれる事態に陥る。
h86.jpg  ところが今年はとくに祐旭が受験生として練習時間が限られ、発表会実演曲のみに専念するが故に楽曲についても自由裁量が与えられ、幾年挑戦を希望していた「ルパン三世」に白刃の矢が立ったのである。兄が大野雄二なら弟は克夫と対抗した訳では無かろうが公資もまた「名探偵コナン」と、図らずも映画の世界が再現されることと相成った。
 リハーサルを経て昼を挟んで冒頭から出演者勢揃いで登檀すると祐旭はスネアドラム、公資はピアニカ改メ鍵盤ハーモニカの大合奏から幕を開ける。前半戦は待機状態で眠気を齋すが、親子三人連弾が宛行の課題曲のため父が身が入らず、漸くリハーサルで完パケと思いきや蓋を開けると中途で止めて弾き直しに陥り、公資に叱られる始末だった。
 しかし気を取り直す以前にここからが忙しい。何しろ二人とも既にベテランの域に達しているため配列が後半に集中している上に今般は模様替えも控えている。先週に至り祐旭が折角なら衣裳もルパンでと発案し、ならば公資もと嘗て友人の御成婚二次会に度々登壇した「舞踏隊」にて培った杵柄か、急ぎ探索して確保した物件へと揃って楽屋で早変わりである。
h87.jpg  先ずは公資、青のスーツに赤の蝶ネクタイ、水色の短パンに眼鏡は自前で現れ、尺を補う為の課題曲を前座に、スパイダースからジュリー楽曲の担い手による「太陽にほえろ」に似たイントロが鳴り響く。楽屋から緊張モードだったが、ミス無く鍛錬の成果を如何なく発揮したと言えよう。
h90.jpg  そして年齢、経歴からも長老の祐旭は遂に第一部のトリとして赤いスーツに青シャツ、黄色ネクタイの三原色を身に纏い、下座から登場した瞬間から喚声の上がるスター・モードであった。
 勉学の合間に息抜きも兼ね運指に余念が無かっただけあって、わが家には常に78年版主題歌が木霊していたが、父が80年版で対抗出来ない程の上達振りは本番でも披露され、後半に至るに連れ身体が自然にスイングしてノリノリの演奏が実に祐旭らしく微笑ましいではないか。
 オーラスの小人数合奏では二人とも交替で教諭とピアノ連弾、マリンバに勤しみ、他の出演者との調和上、上着は脱いでシャツも戻してと慌ただしいがシャッター・チャンスには事欠かなかい。冒頭とともに季節外れのクリスマス・メドレーなのは毎年宴がこの時期だから、戦場のメリークリスマスの公開が真夏だった様なものかと納得していたが、改めてプログラムを紐解いてみるとテーマが「春夏秋冬」でわが方の連弾も確かに季節感に基づいた選択だった。
h88.jpg h89.jpg
 では文字通り「今日で全てが変わる」かと言えば、集合写真が祐旭にとって大団円と思いきや、本人の意志によりレッスン継続の見込みになったので父にもリベンジのチャンスが与えられたと自戒しておきたい。
 楽しい一日でした。来年も宜しく。

6月10日(水) 時にまかせて

 末端窓口の身の上は日々息つく暇も無い程に多忙ではあり得ないが、重なる時は重なるものである。取り分けイントラネット上のスケジューラが台頭してからは、移動や来客が伸びる糊代の時間帯も小まめに入力しておかないと知らぬ間に予定を埋められて往生する事態も少なくない。
h83.jpg  今日も午前中は昨日も下見した芝の水素ステーションで視察ご一行様を出迎え、昼に業界団体の総会後のパーティに向かうまでは待ち惚けもあったが、毎度のアテンダー兼米搗き飛蝗で昼過ぎにははや疲労困憊モードに入る。
 ここからが怒濤で会社に戻ると中15分のみで来客と打ち合わせが四連荘、会館に急行して東京プリンスとは分刻みのまさに時の記念日、レインボーマン並みに分身するかドラえもんのコピーロボットの鼻を押したくなってくる。
 スケジューラは会社貸与のiPhoneも同期しており、わざわざ昨夜「明日は忙しい一日です」と表示して呉れ、大きな御世話と思っていたが御明察でした。

 わざわざこのタイミングで憲法審査会で学者に意見陳述させたのは確かにノー勘の謗りを免れ得ないが、成分憲法にも憲法変遷の概念は適用されるし、砂川判決に合憲の根拠を求めるのは法的論議においては有効だとしても同じ砂川判決で示された統治行為論に基づき政治が判断を下す、その世論喚起をすべきではなかったのだろうか。
 と法学士でありながら「公民」レベルの知識しかない永田町周辺居住者は後講釈で思う。

6月7日(日) 丸八真綿の大五郎  -育児 - パパ育児日記。-

h80.jpg  恐らくクリスマスとお正月という宗教的素養も歴史的経緯も全く異なり、かつ僅か一週間の間に同居しながら双方ともに催事として受け入れた国家は少ないのではなかろうか。恩恵を受ける若人にとっては前者が外来の使者より齋される物品、後者は親類縁者からの現金供与と差別化されたのが両立の鍵なのだろう。
 悲劇的なのはもうひとつの大イベントたる誕生日がそれ等に近似し何方かに糾合されるケースであり、バレンタインの前日たる不肖自らも誕生祝いと兼ねて漸く併せ技一本の義理チョコに預かり、幸か不幸か判然としない事態もまま生じている。
h81.jpg  この段に則れば社会的行事とも当人同士も適度な距離感のある祐旭と公資の10月、6月はプレゼントを賜るには適時性が高いばかりか漏れ無く互いのお溢れも享受出来るとはよく出来たシステムではないか。
 本日も公資の9歳にあたり父母からのそれが自転車の更新になったのは、寧ろまたぞろ盗難に見舞われ新規購入に追い込まれた、ご相伴に預かる祐旭の側の事情に起因している。勿論、公資もまた追加でこちらも紛失したキックボードをブレーキ附随の高級仕様に改めているから主役たる格差は厳然と存在しているが、既に大人用に衣替えした祐旭の自転車が総額でも遥かに高価なのは火を見るよりも明らかだろう。
h82.jpg  それでも自転車のセッティング待ちの間にケーキを賞味し、更に公資の所望に基づき今宵ばかりは分量制限も緩和して串カツへと赴く。関西由来の食文化が俄かに高円寺にも二店舗も誕生したのは、油好きのわが家には朗報だが、ソースが薄くて二度塗り厳禁の御触れをつい破りたくなる。横浜、東京育ちながら物心付いてからもブルドックよりカゴメだったのは両親の愛知味覚の継承かも知れないが、幾ら関西は薄味とはいえソースまでそれに倣う必要は無かろうと、備え付けの泥々仕様に塗れる父の串であった。
 それにしても公資の重量級は成長過程の一過性だとしても、父母とも中庸にも拘わらず祐旭の縦への伸捗は意外である。はや妻を超えたのもさりながら靴が27とは畏れ入る。成長力著しかれば必然的に更新投資が増大し、プレゼントも増えるという帰結か。
次のページ

FC2Ad