コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

8月30日(土) 学問の神様  -スポーツ - ゴルフ-

g790.jpg  昨年は視察の名の下に翌朝明けてのラウンドだったが本年は端から実利的にゴルフ一本、福岡空港へと旅立った。
 わざわざ博多まで飛んでの棒振りとは優雅極まりないと言う勿れ、本旨は昨年雷雨にて1ホール完遂せず退散を余儀無くされた芥屋ゴルフの再選だったが、一年前には直前で深いラフに悩まされようと怖いもの視たさだったKBCオーガスタに日程ありきだった為に見事ぶち当たり、泣く泣く大宰府ゴルフへの転向である。
 しかしながら到着してハタと甦ったのは今を遡ること8年前、門司行の前日に訪れた九州国立博物館の門構えに遭遇した瞬間である。言われてみれば肝心のコースには全く見覚えが無いものの、各ホールに誂えられた不似合いな万葉歌碑はデジャブでは無かろう。
 比較的長く、バンカー山盛りの名門に前回同様のドライバー不全の身の上は厳しい限り、福岡では久々の快晴には恵まれたものの終盤は酒バテして冴えないスコアに終わった。
 八年を費やして代わり映えの無い数字は、太宰府本体に替わり祐旭の受験祈願に費やしたものと自らを納得させたが、実は記録を紐解いてみると往事は同じ名門でも福岡ゴルフであり、万葉に戯れたのは全くの初体験だったとは、人の記憶とは当てにならないものである。

g791.jpg  さて昨年は豪雨の中、芥屋でへべれけだったが今般はここからが宴席の本番、旬の魚料理を賞味する。一年経って少しは成長したのか、薬が効いたのか、酒は控え目で某先生と真面目な「出来過ぎる一回生」談義である。
 ただ早朝からの移動が体力を消耗させたなのだろう、一次会のお開きで緊張感が切れ屋体では遂ぞアルコールには手を付けられないままだった。中洲の怪し気な一帯に続く屋体には夜半単身再三足を運んだが恐らく長浜は初めてだったのではなかろうか。
 飽く迄大人しく博多の夜は暮れるのだった。

8月28日(木) マスクを捨てて  -スポーツ - プロ野球-

g789.jpg  久々の野球観戦にて阿部一塁手に遭遇する。確かにドラフト1位の小林捕手の育成の意もあろうが、阿部選手自身の体調からその打撃力を優先した措置であるのは疑い無い。
 レッズ全盛期ビッグレッドマシンの一員、ジョニー・ベンチ氏や今期のマウワー選手の如く米大リーグにおいては、一時代を築いた名捕手が後年、打力を活かす為に野手に転向するケースも少なからず見受けられるが、わが国においてはその俊敏さからも三塁或いは外野を努めた中日・中尾選手も巨人移籍後は捕手に復し、大洋時代の晩年一塁に転向した筈の女子ゴルフの福嶋晃子氏の父、久晃氏も広島では捕手登録だった様に実例に乏しい。例えばヤクルト秦、近鉄磯部、更には捕手としては初期の登録のみに終わった広島衣笠、中日山崎、日ハム小笠原と、打撃優先には違いないものの、イコール捕手失格の烙印を押されたかのマイナス・イメージが捕手への拘りを喚んでいるのではなかろうか。
 僅かな実例たる阪神・田渕捕手も実際には死球の後遺症であったとしても太り過ぎで捕手を断念したとの認識が定着しており、逆に西鉄黄金時代の名捕手、和田博実氏の外野転向の事実はプロ野球史的には抹消されている。
 恐らくは阿部選手も当面は両ポジションを行き来するだろうが、幾ら四番打者であろうとも何時までも外国人と小林捕手と、双方にサブを抱えたままではチーム運営にも支障を来そう。来る来期に向けては捕手を諦めた阿部、ではなく名捕手改め強打者一本の後半生という新しい野球選手像を構築して戴きたい。甘いマスクをさらけ出して。

8月24日(日) モータリゼイション  -育児 - パパ育児日記。-

g786.jpg  昨年の旅行記から趣旨を違えパラオを題材としながら海生生物を焦点とした公資に対し、夏季講習に多忙を極め学校に構っていられない祐旭、得意の理科から一点突破の簡易モーターに絞った自主研究、即日仕様である。
g787.jpg  理系に疎い父は門外漢に他ならないが、等しく文系の母がネットから拾った手順を元に仕上げられていく。エナメル線の伸びた一方の片側のみ削ることでN極とS極を人為的に構成させ、このエナメル構造物を整流子として回転させる論理は、要は電磁石の原理でNとSを交互に生じしめ回転ならぬ前進に用いれば、祐旭が自ら看破した通りリニアモーターと同一に他ならない。
 微妙な角度に悩ませれながらも公資まで参画して二体を仕上げ、その過程を模造紙の替わりに画用紙に記して完成に至る。お手軽ながら知識習得には資する文字通りの自主研究になったのではなかろうか。

g788.jpg  夕刻、阿波躍りをスタートから見物に及んだのは、祐旭も嘗て参画した拘束の弱い「杉の子」連に年齢制限から鳴り物に回って祐旭の吾妹子が出演しており、しかしながら即席のため技量に秀でない連のため例年登壇が短く、昨日は危うく見逃して仕舞ったからに他ならない。
 見る阿呆の時が過ぎれば愈々夏も終わりが近付く。

8月23日(土) ボディ・コンシャス

g784.jpg  学生時代、まだ建物すら少なかった新興都市・幕張における学生団体による国際会議は、予算5000万というバブリーさに相反する環境という些かリベラルなお題以上に、運営サイドの短期凝縮故の宗教的熱狂と排他性故に、団体本体の幹部の末席を汚す身としては距離感を覚えざるを得なかった。
 だから例年の当該メンバーのOB会において往時の映像が披露されても、現地に赴いてもいない身の上には懐旧という意味では感慨は少ない。
 ただその分第三者的な視点を持ち得たのだろうか、凡そ四半世紀前のアナログ・ビデオにも拘わらず矢鱈と短いカット割りと何よりも巧みな編集には今更ながらに撮影者の小まめさに脱帽せざるを得なかったが、同時に公式行事の場面における女性陣の服飾が、恰もトレンディドラマから時代を間違えて闖入して来たが如く、Winkの偽物の様で改めて時の隔たりに嘆感を余儀無くされた。
g785.jpg  勿論、24年前の主役達の多くは今日再び眼前に鎮座しているから、その容貌或いは体型の相違にも目を見張る局面もまた少なくなかったのだが。
 本日の会場は明治生命館一角のプロジェクターのある店舗、マ元帥の陣取った第一生命館ほどの話題性は無くとも歴史的建造物を保存しながらの再開発が行われている。往時、事務所を構えた恵比寿近辺が定番だったOB会の丸ノ内挙行もまた時代の変遷を物語る要素だったろう。

 八月最終週から二学期の始まる公立校も存在するため、目出度く満了に伴い夜は祐旭の夏季講習の打ち上げ。「理科が楽しかった」とのコメントは得意分野を物語っているが、愉しむ余裕があるだけまだ救われる。
 しかしながら来週は替わりに阿佐ヶ谷の個人授業に勤しむ勤勉さ。受験地獄の日々は果てない。

8月20日(水) 裸の付き合い  -旅行 - 国内旅行-

g783.jpg  ひと口に「接待」と括って仕舞えば下世話に響くが、コストの負担元は別として、同じ時間を共有することにより人間関係を構築し、それを職務上の意志疎通の促進に活かすのは人間社会の常套手段に他ならない。
 その濃密さは一義的には時間の多寡に比例するから、飲食は当然としてひと昔前なら麻雀、或いは丸半日以上を費やすゴルフの有用性は論を待たない。中でも究極の姿として旅路を伴にすれば、余程相性が悪くもない限りは、少なくとも対外窓口業務としては先方の脳裏にインプットされる段階までは到達しよう。
 地方企業の性として本体が遠方という要件は視察の名の元に要人を迎えるにはハンデに他ならないが、ひと度行程が成立すれば逆にアテンドの好機たり得る。
 それにしても工場視察のみならず、勿論大義名分を立てるのならば地域の実状見聞と称するのは不可能ではないが、一般開放された企業の保養施設での宿泊を前提に、平日の真っ昼間から脱衣場には不釣り合い極まりないスーツからいきなり「彼女が」ならぬ「リーマンが水着に着替えたら」とは前代未聞の展開だったろう。
 ホームパーティーが一般的な欧米では当たり前かも知れないが、わが国における「家族ぐるみ」の人間関係とは、その濃密さを示すひとつの尺度と言ってよい。元来が工場視察と言うよりは、要人の御子息達の工場「見学」に主眼のあった今般の旅路においては、等しく近い世代の男児を抱えるわが身とすれば思い切ってわが家も小さなアテンダーを同行させていればと今更ながらに悔やまれた。
 元より事務方にそこまでの悪乗りは許されず、文字通りの「家族ぐるみ」は成立しなかったのだが、少なくとも先方子息の「プール接遇」役には預かったし、紛れもなく「裸の付き合い」だったから距離感が縮まったのは間違いなかろう。残念ながら波に戯れた四代目がバッチを付ける時分には、流石に当方はこの世界から足を洗っていようが。
 しかし七歳を筆頭に計七名の男児ばかり、しかも共働き家庭で見知らぬおじさんにも物怖じしない子供達を水遊びから会食、カラオケとお守りしていると家老職を命ぜられた気分だったが、わが子よりも微妙に世代が下だけにこの時分の男児の活動力の多さに久々に体力勝負に明け暮れる一日だった。

8月17日(日) ありのままに  -映画 - ディズニー映画-

g759.jpg  その独特な画調故か、或いは余りに美し過ぎるストーリーに拠るものか、総じてディズニーには食指が湧かないところ、わざわざ「アナと雪の女王」に限って視聴に及んだのは、その甚大なる話題性とともに子供達が母への誕生日プレゼントとしてDVDを購入したからに他ならない。
 ただ結論からすれば評判の高さにはある程度納得のいくものだったと言えよう。何よりも単純なお姫様譚にあらず、結ばれるであろうと観衆の誰しもが予測したにも拘わらず婚約はおろか王室御用達の製氷業の地位に留まるクリストフ氏の命運に明らかな様に、プリンスなきプリンセス・ストーリーとも言うべき構造は、深読みすれば男性社会からの訣別を暗喩しているとは既に多く指摘されている通りだろう。
g777.jpg 勿論、ヒットの最大の要因がミュージカル仕立てにあるのは論を待たない。友人と映画館に赴いた祐旭、公資にとっては二度目の観賞となるが、既に主だった楽曲を須からく口ずさんでいるとは、わが家の音感教育の賜物たる自負と耳に焼き付く迄の怒涛の宣伝攻勢を割り引いてなお、楽曲の親しみ易さに刮目せざるを得まい。そこには音節と発声が一対一になるが故に、歌詞の内意量では欧米言語に比して著しく小さくなる日本語の特色を逆手に取って、「let it go」のリフレインに「ありのままに」と充てる巧みさは元よりだが、女王たる歌い手を梨園から、そして事実上の王国の後継者を希代の偶像の二世という貴婦を以て吹替えさせた発想も、プリンセス・ストーリーらしいと読むのは流石に考え過ぎなのだろう。
 ディズニーの思惑を超えてわが国で異様な人気を博した一因には違いなかろうが。

 して本日は久々に一家でカラオケに興じたが、当然の如くに「うまれ~て、は~じめ~て」も「ゲラゲラポー」とともに熱唱している。
 来年のピアノ発表会課題曲の有力候補、ルパン三世のテーマ唄あり版には興じていた子供達が、流石に「ワルサーP38~」には付いて来れなかった模様。

8月16日(土) 原点回帰  -地域情報 - 新潟県-

g771.jpg g772.jpg
 渋滞の激化を前に午前中には湯沢を後にする最終日、本来なら待機に終始するところ思い立って久々に風呂巡りに走る。
 思えば湯沢がまだ物珍しかった時分にはぬるま湯の貝掛温泉をはじめ周囲の日帰り温泉施設を網羅した記憶がある。ひと亘り足跡を残すと関心が薄れてリピーターにならないのは父の性癖だが、つい数年前でも幼かった子供達は既に記憶から欠落していよう。
 然らばこのところ定番ばかりだった湯沢詣でにおいて、久々に原点回帰の趣旨だが、ただ使えるのが早朝に限られるため温泉街と言うよりはスーパー銭湯擬きに絞られるのは致し方ない。
 結局、石打ユングパルナスから健康ランドの梯子と著しく風情には欠けたが、勢い勇んだ割には子供達が気乗り薄だったのは意外だった。
g773.jpg
パラオにて
 確かにハワイアンズは六年、小涌谷のユネッサンが五年前であり、大江戸温泉物語ですら本館は三年、浦安の分館ですら二年のスパンがあるから風呂遊びという絵柄からして身に疎いものになっていたのだろうか。
 高井戸の美しの湯はそれなりに満喫していたから湯船の数とバラエティが寛容なのかも知れないが、バブリーなスポーツ施設から転換した山河の湯が閉店の已む無しに至った様に、風呂ブームの中で巨大エンターテインメントと小綺麗で安価な街中のスパとに二極分化が図られているのかも知れない。
 子供達にとっては湯沢風呂巡りは蠱惑的なイベントたり得ないのか。次回、戦術を練って再挑戦したい。

8月15日(金) 腕力の限界  -スポーツ - ゴルフ-

g768.jpg g769.jpg
 嘗ての夏の湯沢、定番のワンラウンドも昨今は練習が関の山だったが、妻のレッスン通い再開を機に近未来での復帰、更には将来の一家コースデビューも視野に置いての今般のショートコース参戦である。
 殆ど湯沢でしかクラブを握らないにも拘わらず、存外にも祐旭がそれなりにヒットさせていたのには驚いたが、父に叱咤され涙ぐみながら芝を歩む公資には些か苦難の道程だったかも知れない。
 結局降雨7ホール・コールドで練習場に居を移したが、残念ながら本来のサウスポー回帰を期して性懲りもなくレディースまで探索した祐旭用の左クラブは間に合わなかったものの、実質初登場の24度ジュニア・ウッド右仕様が二人とも妙に間尺が合った様で、公資までもが見事に球を捉えているではないか。
g767.jpg  考えてみれば父が単品で持参した、普段御蔵入りの56度ウェッジが呆れる程に打感が悪かったことに鑑みるまでもなく、要はアイアンは重過ぎて逆に体が振られて仕舞うのに対し軽めのウッドなら操作出来る体質が一家揃って染み付いているということか。
 この父にしてこの子あり、初心者段階からアイアンに馴染ませず横振りもやむなしと割り切るのはレッスンの観点からは無謀の窮みなのかも知れないが、一族朗党腕力に乏しいレディース・スタイルを全うしそうな未来予想図が伺われた。

 夜は雨の中、ホスト・ファミリーに簡易テントまで用意戴いてのこちらも定番、流し素麺にバーベキューを賞味しながら湯沢温泉花火大会を観覧する。
 残念ながら雲が掛かって肝心の大玉が上空に上がると視界が効かず、その鬱憤晴らしでもなかろうが、宿に戻れば二日連続の花火に明け暮れ、終戦記念日は幕を閉じるのだった。

8月14日(木) 国民皆泳  -地域情報 - 新潟県-

g764.jpg g765.jpg
 祐旭の夏季講習の隙間スイッチ夏休み第二弾はお盆、恒例の湯沢である。
 妻子に遅れること一日、昨夜は到着早々に最終日の祭りに駆け付け例年通り射的やら金魚すくいに没頭し、明けて本日はプールである。
 屋外に鎮座在す大宗な流れるプールに誘導してみたが、ラッシュガード着用にも拘わらず清らかな冷水に怖れを成して小雨がパラ付いたのをこれ幸いと、早々に屋内の温水へと引き上げる根性の無い息子達。しかしながら温水となればお手のもので流れに乗ったまま飽きもせず鬼ごっこが終わる気配も無い。
 昨年のこの日は長岡にて矢張りプールに興じていたが、「国民皆泳の日」に倣った訳ではなく寧ろ水泳日和の時節だからこそ明年より改めて「水泳の日」に制定されるべく傍証とも言えようか。

g764.jpg  最近の湯沢町の話題と言えば先週の「無派閥連絡会」だろう。駅前温泉街の古びた湯沢ニューオータニを会場に選択するとは渋さ極まりないが、既に毎週木曜昼に会合を開いている時点で実質的な派閥であり、加えての今般の試みは来年の総裁選に向けメンバーに踏み絵を迫るとともに安倍総理に対する示威行為と看做されてもやむを得まい。
 敢えて無役として露出を落とす選択は党内よりも浮動票的な世論の支持を基盤とする石破氏にとって諸刃の刃かも知れないが、首長選の負け戦が続く客観情勢の中で再び幹事長を引き受けるメリットに乏しいとの判断も理解出来なくもない。
 少なくとも自由民主党内も明確に主流・反主流の陣営が生まれる程には、全盛期並みに活性化されつつあると規定するには吝かでなさそうに響くが。

8月12日(火) 想い出にさよなら  -テレビ・ラジオ - 特撮ヒーロー-

g763.jpg  怠惰にCS放送をチャンネル刻み刻み眺めていると、丁度子供時分心待ちにした早朝の再放送宜しくウルトラファイトに出会した。
 経営の窮まった円谷プロが旧作の戦闘シーンを抽出した五分帯番組だが、結果的には新マン以降の第二次ウルトラの先駆けとなるとともに、後半は新撮が増えプロレス的な怪獣ショーから徐々にシュールな怪獣劇の要素を増大させ、カルトな人気を現在も博している。
 その怪獣の人間臭さを敷衍したと言えば牽強付会に過ぎるだろうが、更に深夜に至って新たなウルトラ番組に遭遇する。下町を擬人化された宇宙人がレポーター宜しく闊歩する「ウルトラ怪獣散歩」という企画は、一面ミスマッチの様で出演者、舞台双方のレトロ感が的を射ているとも言える。
 それは過去の遺産の再利用という観点ではウルトラ・ファイトもまた同様であったとしても、かく同人誌的な、即ち本来の円谷の視聴対象たる若年層でなく明らかに若き日々にウルトラに親しんだ世代に向けた番組を堂々と作成するとは、愈々ウルトラ・シリーズそのものが昭和の世相として懐旧の対象と化した事実をも物語っていよう。
 子供達が特撮を卒業して私もまた再び円谷プロとは縁遠くなりつつある。過去と今、そして未来を結び付ける筈だったあの「超ウルトラ8兄弟」は最期の仇花だったのだろうか。

 余りの煩雑を呈していた会社のふたつの席をお片付けする。後生大事に保管、と言うよりは積ん読していた資料は想い出とともに須くシュレッダーの山へ。
 忘れよう、昔のことは。
次のページ

FC2Ad