コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

5月23日(金) Video killed the Umpire  -スポーツ - プロ野球-

g776.jpg  選手同様に下積みから各階層における激しい生存競争を勝ち抜いて獲得した地位だからこそ権威の高い米リーグ審判が今季から本格的に導入されたビデオ判定を快く了承したとは到底思えないが、そこは何事にも合理的な米国仕様なのだろう。
 しかもわざわざ「チャレンジ」とのネーミングを課してビデオに訴える権利を、恰もバレーボールの作戦タイム宜しく駆け引きの材料としてエンターテインメントに興するのもまた米国的ではないか。
 一方、権威の高さという点では軍配を差し違えたら割腹すべく帯刀する木村庄之助、式守伊之助の大相撲・立行司も劣らないが昭和44年、大鵬の連勝記録を45でストップさせた「世紀の誤審」を契機にビデオ判定が導入されており、そもそも土俵の外には嘗ての検査役、勝負審判員が配され行司には勝敗の最終決定権の無い二重構造だからこそスムースに導入し得たとの見方も出来る。
 翻ってわが国職業野球は漸くホームランに限ってビデオ判定を認めたが、昭和53年日本シリーズ第七戦におけるヤクルト大杉選手のポール際の一打への1時間19分の抗議や平成2年の篠塚選手の疑惑の本塁打など、とくに後者は線審を廃した直後だっただけに話題を喚ぶなど、フェアかファウルかが経験則からも最も紛争を招く蓋然性が高いとの発想は間違っていない。
 とはいえそこには人間たる審判の目を尊重したいという日本的な思惑もまた込められていよう。横綱・白鵬の物言いで同じモンゴル出身の横綱・鶴竜が反則勝ちを拾った一番が取り沙汰されているが、嘗て横綱・千代の富士もまた物言いに及んだ様に、最後は機械に頼っても物言いの有無自体は審判員を含め人間の判断を優先させているのも同様の観点だろう。
 突き詰めればベースに攻守何れが先任か電機的に判断すれば済むとも言えようが、相撲に死に体あらば野球にダブルプレーの際、走者と交錯しないよう野手がボールを受ける直前にベースを離れてもアウトと換算する様に、人智の介在を許すべく領域は残されている。
 「あれがボールか秋の空」の円城寺審判は死の床に就いてなお譫言で「ストライク」と繰返していたと聞く。微妙な判定をも含めた人間のファジーさを尊重させる為にも審判員の覚悟と技量の充実を望みたい。

5月22日(木) Stop in the name of Lords  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

g753.jpg  自社二大政党期において国会には「爆弾男」楢崎弥之助や「止め男」大出俊といった名物キャラクターが存在した。
 人為的に国会日程にフックたる「止め」を生ぜしめ得るのは、通例は国対間の威令宜しきにより与野党にカレンダーが体得されていたからに他ならない。
 それを自社馴れ合いの談合政治と揶揄するのは容易いが、GHQすらその存在に瞠目し新憲法下に議院運営委員会として法定を図った各派交渉会以来の知恵であり、極論すれば爆弾や止めすらも、寝た子を起こすタイミングを含めて日程のひとつに組み込まれていたのだとすれば、歌舞伎の如く様式美の世界であったと言ってよい。

 こうした視点に照らせば今日の審議ストップなどは新劇や新派を遥か飛び越えハプニング塗れの前衛芸術に到達して仕舞った様なものだろう。
 勿論、法案の趣旨説明の配布資料に他の法案の文章が紛れ混んでいた事実は、話題のコピー&ペーストを連想させることから一翻乗った感こそあれ、単なるミスでは済まされない失策に違いない。
 しかも大臣の手元資料だけは差し替え済で失態は与党側が騒ぎ出して発覚したとの噂すら蔓延する様では、凪の国会に役所も著しく緊張感を欠いていると断罪せざるを得ない。
 ただ事務手続きの瑕疵を鬼の首でも取ったかの如く騒ぎ立て、あわよくば会期延長もと企む野党も野党だし、百歩譲って反転攻勢の端緒たり得たとして野党間の不一致でニノ矢も打たれず与党が手を施すまでもなく正常化されているのでは、段取りの欠片も感じられない。
 シナリオライターの不在か役者の技量が下がったのか。

5月18日(日) 北の斗い  -地域情報 - 東京23区-

g738.jpg  商店街の充実振りでは都内でも人後に落ちない高円寺においても、早稲田通りを越えて厳密には中野区大和町居住だった大学時代は純情商店街に庚申通り、南に移ってからは駅からアーケードに包まれたPALに、その延長線上に青梅街道まで続くルック、更には中核に西友を擁し西に連なるエトワール通りと、稀に顔を出すあづま通りを含めて馴染みの商店街は変遷してきたが、矢張り縁深いのは小学生以来の中通りに他ならない。
 ただより正確には、恐らくはねじめ正一氏に肖り襲名した純情商店街が登記上は未だ高円寺銀座のままであるのと同様に、何時の間にか表記にニンベンが付加されていた仲通りは、駅から馬橋通りを北西に進む駅寄りと庚申通りへの結接点まで歪曲した逆T字型の商店街で、残存部分は北中通りとして分割されている。従って残り物に福があるのはお伽噺の世界だけなのかは定かでなくとも、よくも悪くも北中通りは高円寺において最もマイナーな商店街の地位を確立しているが、わが家から最も至近なそれであるのもまた紛うこと無き事実に他ならない。
g739.jpg 確かに正真正銘の風俗に始まり、都内有数の沖縄料理街、地域の中核老舗寿司店たる幸寿司に至るまで、飲食業を中心に往来の激しい仲通りに対し、古式ゆかしい地域住民のための生活必需品店舗が犇めいていた北中が活気に欠けたのは事実だろう。
 それ故に旧来の店舗が店仕舞いして一部にはマンションも立脚し、一方で新たに環境嗜好を謳ったりと経済的にペイするものか怪しい、寧ろ営利を度外視した様な新規出店も増えつつある。
 こうした変貌に商店街としても危機感を抱いたのだろうか、昨年から夏場を中心に月に一度「北中夜市」なる謎のイベントが斎され、今日は本年第一回に出会した。
 端的に言えばアジアン・マーケットを模した夜の出店に唐突にテルミンの実演が施されたりと未だ暗中模索には違いないが、恐ろしくマニアックな地域行事を街頭テレビで放映したりと、涙ぐましいのか遊び半分なのか判然としない緩やかさが程好い案配である。
 地域住民としてはマイナーさを逆手に取って過度に非居住者にも開かれ過ぎず、試行錯誤しながら商店街の生きる道筋を探るひとつの提案であると好意的に受け止めたい。少なくとも継続は力であると。

 追記 : 残念ながら第三回において市井の音楽家の演奏はBGMの域を越え騒音と認識されて軋轢を斎したらしい。
 産みの苦しみか、シュリンクの契機となって仕舞うのか。

5月11日(土) 丘と平  -スポーツ - ゴルフ-

g736.jpg  二週連続は茨城への遠征、確かに時間距離からすれば著しく遠方とは言えまいが茨城の語が旅路感を醸し出していようか。
 リンクスの名称に相応しいインは距離はそれなりだがフラットかつフェアウェイが広く、出足から4連続ボギーと好調である。何よりも先週からのドライバーの安定が鍵とほくそ微笑んでいたら、15番でギリギリあと一歩でツーオン叶わずせず落としたバンカーに三発叩き相変わらずの苦手意識に苛まれると、続く16番では遂にドライバーの引っ掛け病が現れ、幸い打てた隣ホールからの第二打が連続OBで撃沈する。
 ただ一転して林間スタイルに転じたアウトで仕切り直し、後半は三番ショートで寄せワン、八番ミドルは第二打を5Wで乗せとふたつのパーを拾い、鬼門を脱しつつあるロングは何れもボギーと、運転の義務から解放されて日本酒を煽りながらの酔いどれゴルファーにも拘わらず、最後まで緊張感を維持し続けたのは成長の証しであったろう。
 帰路は爆睡。日常生活も回復基調に乗せたいところだが。

5月6日(祝) 大関に叶う  -スポーツ - ゴルフ-

 黄金週間最終日はお仕事の芝刈り、出足トリプルにも拘わらず、グリップをスクエアに、かつ真っ直ぐ低く引いて振り抜くことに開眼した三ホール目からドライバーが復活し、前半イン13番ショートではティーショットがギリギリでバンカーを超えエッジからパーを拾ってツキが回ってくる。
g726.jpg  ゴルフにも波があるのだろう、シャンクして天を仰いでもギリギリ池の手前ラフで耐えたり、或いはあと一歩でバンカーを超えて土手に引っ掛かって留まっていたりと驚くばかりの幸運の連続に他ならない。
 後半に入ってもボギー、ボギーの堅実さに始まり、ドライバー同様に総じてウッドも当たっていたとはいえ、短目ながらも鬼門のロングをダボひとつボギー3つに抑えられたのは好調の証し、ミスの少なさを物語っていようか。
 オーラスでは遂にミドルパットを沈めてバーディを獲得。実にパー3はワンバーディ、ワンボギーの差し引き平均パーとは出来杉君もここに窮まれりだろう。
 トリプルを3つ叩いたにも拘わらず、年に一度しか御目に掛かれない96とは御の字に他ならない。

 この日、子供達は板橋にて、区立こども動物園と駄菓子屋ゲーム博物館をぶらり沿線の旅の如くに尋ねた模様。マイナーな動物園は兎に角、マニアックの極みの如く駄菓子屋ゲームには次の機会に是非訪れてみたい。ギリギリでベー駒や銀玉鉄砲を購入する駄菓子屋の存在を体感していた世代として。

5月5日(祝) 鯉は盲目  -育児 - パパ育児日記。-

g663.jpg  小雨のなか鯉のぼりを仕立てあげる。如何にも蕎麦屋の出前的な当日組み付けだが、本来ゴルフのスイング練習用に誂えながら殆ど無用の長物と化しているわが家のルーフ・バルコニーにとっては年に一度の花形に他ならない。
g664.jpg
g665.jpg
 雨上がりを待って撮影後、赴く先は板橋である。昨年、妻の実家が移転し、黄金週間の湯沢行をパスした代替たる訪問になるが、電車だと複雑な乗り換えを要するものの環七を北上すれば30分にも満たないとは、都市部における自動車モビリティの戸口間輸送の意義も捨てたものではない。
 板橋に居を据えて何するものぞと言う勿れ、三田線開闢時からの湧水を石神井川へと放流するにあたって旧水路を人工的に整備した氷川釣堀公園なるマニアックな施設が鎮座在しているのだから、まだまだ帝都巡りの種は尽きないし、これもひとつの御縁に違いない。
 残念ながら釣りに関する知識・経験に全く乏しい上に、恐らくはそれが最たる要因たろう、極度の虫嫌いで餌付けなど試み得るべくもない役立たずの父だが、幟でない本物の鯉には習性もあるのか、適度に放流され群れなしているにも拘わらず子供達の竿はピクリとも反応しない。
 先ず祐旭から飽きの気配が訪れてきたが、周囲を見渡せばキャッチ&リリース故に針を抜く作業にもひと苦労で、再び小雨がパラ付き始める中、長足の長に秀でる義父の僅かな釣果のみにてお開きとなった。
 鯉は盲目、ではなかった様で。

5月4日(祝) 殿と若侍  -旅行 - 国内旅行-

g658.jpg  宿地・念林房の部屋には中庭まで備えられ、大浴場に加え部屋付きの小振りながらもセミ露天とハイコストに見合う風情だったろうか。朝食では僅かながらも湯豆腐にありつき京都らしさに触れ、最終日は嵐電の始点・北野白梅町に始まる。
g659.jpg  幼少時、祖父母に引率された京の街には市電の名残が未だ感じられたが、世田谷線同様に専用線比率の高さが廃止の憂き目を免れたであろう経緯は想像に難くない。帷子ノ辻経由太秦広隆寺駅、目指すは寺院巡りではなく太秦映画村に他ならない。
 個人的には映画産業への関心が職業野球経営との親和性に由来していたとしても、流行りのシネマ・コンプレックスに身を窶して命脈を維持している大泉の有り様に、本家太秦の今をも体感したくなっと言っても過言ではなかろう。
 ただ流石の黄金週間を舐めていたか、到着すれば既に長蛇の列で気力すら萎えそうになるではないか。最大三時間待ちの忍者絡みのアトラクションは既に本家 にて十二分に満喫したからとの注釈の基に待避し、本来の映画村仕様、即ち今や時代劇の減少から撮影所としては閑古鳥だったとしても俳優宜しくセットを練り歩くべく子供達は殿様と若侍に変貌する。
g662.jpg  而来約ひと時、大江戸捜査網も何する人ぞ江戸市中を闊歩し、公資殿下が祐旭配下を「新人」呼ばわりしたり、身分の相違を超えてチャンバラに勤しんだりはしたものの、正直歩くだけでは飽きも来よう。
 草鞋を脱いでからは定期的に福禄寿擬きが現れる御利益大明神、他社キャラクターの流用かゴジラ擬きがむっくり頭を現れる特撮プールはまだしも、これも大泉と同巧異曲のアニメミュージアムでまたもやアフレコ体験、3D360度映像やヒーローランドと回遊してみたものの却って撮影所機能の喪失を自ら謳う様で、一抹の寂寥は禁じ得ぬままに大盛況の太秦を後にした。

g660.jpg g661.jpg
 翻って午後は又もやタクシー推奨のままに先斗町でうどんを賞味する事態に。こちらも出向時代には鴨川縁の川床にて優雅に御茶屋風情を味わったものだが、渋滞のなか清水の舞台に辿り着くことすら能わず、平安神宮の前にリニューアル中の京都市動物園にて飼育動物と戯れているのでは行き当たりばったりもここに窮まれりだろう。
 オーラスに南禅寺の五右衛門も絶景かなと称した三門と、太秦より遥かにドラマの舞台となっている水路閣を覗いて旅は終息を告げた。
 黄金週間の混雑と体力的にも観光には適さなくなっているわが家の実情を痛感しながら、それなりに充実した二泊三日であったと〆ておきたい。

5月3日(祝) 少しだけ高くして  -旅行 - 国内旅行-

g653.jpg  まずは城との発想はアナクロなのか御上りさん的なのか定かでないが、二日目の冒頭は大阪城である。しかしながら大阪城公園駅から天守閣まで歩けば既に一同グロッキー、目を引いたのは真田幸村率いる大阪夏の陣のジオラマ程度で、折角大河ドラマで事前に入れ知恵した子供達も反応が鈍い。寧ろ市立博物館前の素人にしては気合いの入った忍者ショーの方が余程興味深そうだった。
g654.jpg  次いで祐旭の所望するグリコの看板へ、流石にわざわざ客待ちしているタクシーは矢鱈と観光地仕様かと思いきや、乗るタクシーの概ねがそうで観光立国の萌芽を思い知ることになる。
 道頓堀は大阪に不如意な父母にも定番感が強かったが、期待通り串揚げを賞味し、一時間待ちの通天閣は外観のみと行き当たりばったりの旅は今ひとつ後半戦の始まった黄金週間にフィットする前に、第二の目的地・京都へと移り行くのであった。

g655.jpg  昨年単身両都市を訪れた際体得したのは双方の近距離性であり、今般も特急はるかから在来線園部行きで早々に嵐山へ到着する。
 ところがトロッコ嵐山は既に嘗ての来京で堪能済であり、はてアイスクリームも平らげ宛無き旅に思案しどころだったが、妻の機転がターニング・ポイント、大袈裟でなくかく展開が無ければ後段の京都行は味気無いものに終始したろう。
 丁度確保出来た人力車を二台も仕立てての嵐山観光は実に45分、京都検定二級の車夫氏に導かれる快適な漫遊記と相成った。恐らくは嵐山の最大の美、竹林にも自力だけでは辿り着けなかったろうし、そもそも他の観光客を尻目に高い目線から景観を味わ得るとは正直なところ優越感も少なくない。何よりもいい加減疲労度の高まりつつある足腰には絶好の回復過程、なおかつ子供達も若手車夫氏と盛り上がり、体力を金銭コストで補うと云えばそれ迄だがヒット極まりなかった。
g656.jpg  メイン街路は恰も軽井沢の如くあったが渡月橋にてジ・エンド。嘗て妻とも訪れた金閣寺は金箔が貼り直され、果たして後生の復元により足利三代将軍の趣味趣向まで印象の世界で一変させて仕舞うのだから恐ろしい。
 余りの混雑に子供達にはまた不評、かつ銀閣寺は間に合わずタクシーに誘われて北野天満宮に漂着したのは、先週の実力テストが思いのほか好成績だった祐旭にも好都合だったろうか。

5月2日(金) ユニバーサル・サービスではないけれど  -旅行 - 国内旅行-

g649.jpg  単品では均してみれば二~三年に一度は訪れていようが、家族にとって初の大阪はかの島耕作氏が買収に携わったことでも名高い、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンである。
 黄金週間だけに混雑が予想されたが、平日二日を小学生にも有給休暇を利用させた効用は芳しく、地獄の沙汰も金次第の大阪商法なのか本家ハリウッドの合理性譲りかは定かでないが、ファストパスの霊験もあらたかで効率的な回遊に終始したのは幸いだったろう。
 冒頭のターミネーターからいきなり女性司会の客弄りも快調でこちらは大阪オリジンに違いない。続く最新のスパイダーマンはカート移動も大掛かりで、何方も3D映像と生の舞台性、更には視覚に留まらず水と熱により五感に訴える構造が秀逸である。
g651.jpg  ただこれ以降、自動車会社がスポンサーを返上したバックトゥザフューチャーは乗り物は動かず周りの絵が動くのみ、昔の名前で出ていますのネームバリューだけで生き永らえられており、逆にバックドラフトは映画自体は忘れられても火災のギミックが秀逸でアトラクションとして命脈を保たれている感がある。
 考えてみればメイン街路は完全にディズニーの二番煎じ、かつ外縁部には書割の城、空には高速道路がモニュメントの一角を為すと言えば聞こえが良いが、整然と区画された街区も博覧会のパビリオンの如くにしか映らない。対象が高年齢かつより男性向けだけにディズニーの様な夢物語的な非日常性だけではリピーター客は獲得出来ず、前宣伝ばかり盛んな次作ハリー・ポッター宜しく絶え間ない追加投資という現実の要請とその帰結として容易に視線に入る工事中エリアの存在が創業13年を経て尚の悪戦苦闘を物語っていようか。
g650.jpg  ずぶ濡れのジュラシックパーク(左写真)搭乗後、改めて建屋を眺めればその大掛かりさに驚くが、坊主が喰われるよりも黒焦げになりそうだったジョーズにしても、それなりの人気を維持していても最早大掛かりな梃子入れは難しかろう。
 怖がりの祐旭は既にスパイダーマンの時点から引き気味で、ジュラシックに至っては待機を主張。ワンダーランドで禿頭のCブラウンに出会い、アスレチックやゴーカートでお茶を濁していてはわざわざUSJまで遠征した意義が希薄になりそうだったが、少なくともディズニーよりは都市近隣に位置する利点を踏まえ、こうした地域のアミューズメント拠点の側面をも併せ持ち生きていくのだろう。
g65.jpg  夕刻、京阪タワーに居を据えスパに身を横たえる。上空から眺めれば倉庫街を切り開いた構造が伺え、お目に掛かれなかったハリポタ城らしきも視認出来たが、近隣ホテル街区にも第二次建設ラッシュが訪れており、つい数年前の「三つの過剰」のフレーズが悪夢の様に甦る。かく懸念を忘れて踊ってみるのが経済繁栄の鍵と思い直す他はなかろうが。
 夜は繰り返されるテーマソングが耳に焼き付くたこ焼ミュージアムにて計四店舗で亘り喰い。アベノミクスならぬ阿部野たこ焼が美味だったのは明日以降によき前触れとなっただろうか。

FC2Ad