コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

8月29日(木) 俺達バブル入社組  -テレビ・ラジオ - 半沢直樹-

g392.jpg  かく大ヒットに至るとは嬉しい誤算だったのかも知れないが、既に口端に登り尽くした様に、勧善懲悪の時代劇の現代版翻案というのが半沢直樹の本質なのだろう。
 だからこそ原作以上に善玉は善玉、悪玉は悪玉に徹し、設定もドラスティックさが加味されてより解り易さを貫く工夫が為されてはいるものの、それ以外は驚く迄に原作が忠実に踏襲されている。
 ただ原作とのタイムラグを埋めるために本来バブル真っ盛りの88年の入行を四年遅らせたがために「俺達バブル入行組」であるのは変わらずとも、後に経済指標から顧みれば実際には既にバブルは崩壊していたにも拘わらず、体感からバブル最末期とされる92年入行となったことによる違和感は少なからず顔を見せている。
 例えば少し下の年次に大量の後輩を持ち、若い身空からマネジメント的実体験に恵まれたというバブル世代のイメージは、次年以降急速に採用を絞られ部下にありつけない92年組には当てはまらず、実質的な年齢との逆転現象を経て漸く管理職らしきポジションに至るという点で、恐らくは映像にある同期の鉄の結束といった風土は希薄になっていよう。
 或いは原作で強調されている合併行の襷掛けの弊害が割愛されたのも、既に92年組がある程度の地位を占める時分には三大メガバンクにおいて旧出身校が取り沙汰され難くなっていたと評するのは幾分短絡的かも知れないが、少なくとも現在の目から見れば内部的な優劣には概ね決着が着いているから今更描かなかったのは正解だろう。
 一方、原作の年代に沿えば半沢はもう数年若く、だからこそ大和田常務との軋轢も世代間抗争らしきコントラストを見せるのだが、TV版は大和田常務がひとりズバ抜けて飛び級の如く若い特異な役員会の様相を呈している。即ちこれもタイムラグのマジックと錯覚しそうになるが、現実にはメガバンクの役員は年を追う毎に若返り、香川照之氏の年輩の常務が存在して全く不思議ではないし、寧ろその分肩叩きも早まるからバブル末期世代が片道切符の出向になっても間尺が合っているとは笑えない帰結ではないか。
 自らがその世代だけに切実な実感もあるが、愈々佳境に入る前に原作を読み終えて先が読めて仕舞ったのは視聴者としては失策だったか。

 所詮中身の優劣よりもそれを主張するのが誰かで物事は決まると言えば如何にも根回し社会の弊害の如きだが、現実に例えば「彼は足繁く見舞いに来て呉れた」という事実が国政を左右するケースも存在する。人間らしい営みとはそんなもの。

8月26日(月) トライアングル・グリーン  -ビジネス - ビジネス-

g389.jpg  仕事柄要人のアテンド役として工場見学に同行するミッションは少なくないが、先方の格が上がれば説明員も機械仕掛けのからくり人形宜しき女性添乗員から工場の実務者に昇格するから、当方にとっても新たな発見もあり為になる。
 昨年訪れた折より随分とライン全体が明瞭に感じられるのは、国内生産体制維持の煽りと言えば酷に過ぎようが、最盛期の四分の一以下に落ち込んだ生産台数の為せる業かも知れない。
 移動中、要人氏と同動するに辺っては無言では折角の機会が無駄になるが余り直截な話題も相応しくない。と逡巡する間も無く永田町方面の共通の知人に矛先が向かったのは幸いだったろう。ひと頻り嘗ての与党批判にも花が咲いたが、これこそ政官財の結接点と評するのは美麗字句に過ぎ、下世話な物言いを用いるならば本来上下関係の明瞭な官に対し政との友好関係を敢えてあからさまにすることにより心理的な対等化を図らしむる民間の知恵に他ならない。ただかく助平根性を別としても出身地談義をはじめ期せずして会話が弾んだのには胸を撫で下ろすばかりだった。

g390.jpg  小学校も六年になって初めて名古屋に住み、給食に現れた黒い物体の染み込んだ豚カツに何の疑いもなくかぶり付き、その甘ったるさに思わず吐き出して以来、高等学校の弁論大会においても各地からの来訪者には通常のソース味も用意すべきかとの論議には寧ろ味噌味を割愛したらと主張する程に、味噌カツには忌避感が強かった。
 ただ八丁味噌そのものは好物だし、未だにブルドックよりは甘味の強いカゴメ味に馴染みが深いのは地域性よりも親の味覚を継承したが故だろう。ならば年を経れば果たしてと帰路、新幹線の名古屋駅構内に嫌と言う程並べられた味噌カツに手を出してみたが結果は無惨、冒険ダン吉は無謀だった。
 味噌も糞もとは言わないが、矢張り味噌は味噌に相応しい絵柄に用いられて欲しい。

8月25日(日) 緑でも紫でも  -スポーツ - 高校野球-

 確かに後味の悪い幕切れだったろう。カット打法をバントと看做す規定がある以上、千葉選手が脱法行為を働いたとされても文句は言えまい。しかしながらアプリオリにバントではなく審判の判断に委ねられる余地があり、しかも準決勝に至って御沙汰を下すならば端から禁止すべきだったという指弾は、カット打法が創意工夫の賜物か、或いはグレーゾーンの隙間を嗅ぎ回る穢れ無き高校野球にあるまじき悪行と捉えるかとは別次元の問題として的を射ていよう。
 ただより深刻なのは花巻東校のスパイ疑惑であり、同様にスパイ行為そのものの是非にも議論はあろうが、職業野球ですら時間短縮を大義名分に禁止される蛮行とするのが統一見解ならば、神聖なる高校野球に同様の行為が認められ、あまつさえ当該校が優勝旗を戴きかねない状況は、高野連にしてみれば凡そ是認し難い事態だったろう。
g387.jpg  詰まるところ唐突なカット打法への御沙汰は、スパイ行為そのものの存否を問わず曖昧模糊に留める替わりに戦力を削ぎ優勝から遠ざける、その格好のスケープゴートとしてカット打法が餌食とされた帰結ではなかったのか。 スパイ行為を処罰すればパンドラの箱を空けかねない事態を怖れたのかも知れないが、高野連もそろそろ高校野球は職業野球同様に勝利を追い求める競技であるのみならず、ドル箱たる興業に他ならないという事実を素直に認め、教育的見地から自粛を求めるといった当事者意識を欠いた裁定でなく、後世の為にも直截な判決とルール設定を事後的に及んでも改めて追究し、軋轢を生じさせて戴きたい。穏便に終始するのが生きる術と殻に篭っては野球の未来すら危うくさせかねない。

 新顔の高円寺イベントが街全体を会場とする全方位外交に配慮しているのに対し、老舗の阿波躍りは南北偏重、従って西に伸びる中通り商店街は原則圏外扱いである。
 おかげで通りを進む毎に生麦酒も焼玉蜀黍も低廉化していく経済原則が働き、わが家には好都合なのだが。

8月24日(土) 生き急ぐ男  -スポーツ - ゴルフ-

g385.jpg  出向時代、文字通り北は北海道から南は沖縄まで視察に明け暮れたのは、民間企業の一サラリーマンたる身分として過分な恩恵に他ならなかったと、その有り難みを痛感するのは企業人に復帰してとんとかく機会に恵まれぬ日々に回帰してからのことだった。しかも往事の視察には漏れ無くゴルフが併設され、地域の名門ゴルフ場に足跡を残すことも屡々であり、だからこそ今般芥屋ゴルフを訪れるに当たっては往事の記憶を喚び覚ますのみならず、些かなりとも研鑽を積んだ腕前を難関において披露し、末端中間管理職の矜持を自らに再呈示したいとの密かな大望も秘められていたというのは幾分大仰に過ぎよう。
 ただ現実には予報通りの豪雨、何とか小振りになった瞬間に急ぎスタートしたものの第一ホールすら完遂せぬままに雷雨警報にてジ・エンド、泣く子と台風には勝てないのである。クラブハウス前には観客席も誂えられ、次週のオーガスタを前に思い切り伸びきったラフを一打なりとも体感出来たのは収穫だったかも知れないが、返す返すも後ろ髪を引かれる退散だった。
g386.jpg  元よりならば帰路に着くのみだが、そこは昨晩に次ぎ旧交を温める展開に至るのは自然の流れだろう。しかしながら些か温め過ぎたか、ゴルフ場のレストランで飲み始め、その煽る様な杯の開けっ振りに「何を生き急ぐのか」との突っ込みに預かったまでの展開は脳裏の傍らに残されていても、惚ける暇もそこそこに後は忘却の彼方、僅かにカメラに収められた、晴れていればさぞや美しかったろうクラブハウスからの眺めだけが自らの行動を物語っている。
 次の記憶は空港に到着してからになるが、同時に送還される途上、後部座席からの「電話しないと寝過ごす」云々との会話が耳に障り、幾ら酔い潰れても航空機を遣り過ごす程には落ちぶれまいと憤りを覚えた瞬間だけが矢鱈と鮮明に甦る。詰まり同僚の読み通り待合で寝入り、叩き起こすべく電話に残された履歴も何等の功を斎さなかったものの、結果として次の便に支障なくありつき、気付けばわが家で床に就いていたとは能天気なものである。  こうして福岡の旅は終わりを告げた。サラリーマンの日々が待っている。

8月23日(金) 水兵Liebe  -政治・経済 - 経済-

g380.jpg  福岡を訪れるのは既に二桁を越えているものの、存外にタイトかつ拘束されたスケジュールが多く、学生時代に今は亡き鬼頭クラウン元監督に打撃指導されたのと、出向時代に門司への途上、大宰府に御詣りしたのを除けば、嘗ては純然たる出来レースの懇談会に耳を傾ける必要すらなく傍らで眠りこけ、昨今は関連企業の訪問に終始している。
 だから議員随行にて水素関連施設の視察たる今般は久々に野次馬根性的な知識欲を満たす得難い契機に違いない。水素をエネルギー源とする燃料電池は古くからその原理こそ知られており、現に化石燃料の活用が制限される宇宙空間では早くから実用化が進んでいたが、21世紀を迎える時分の最初のブーム以降、一旦は忘れられた存在に追いやられながら再び脚光を浴びつつある。それは勿論水素貯蔵や電池スタック技術の大幅な進化にも由来しようが、鳴り物入りで登場した電気自動車が航続距離の課題に躍進が見込まれず、その伸び悩みが燃料電池に目を向けさせた側面も決して否定は出来ない。
g381.jpg g382.jpg g383.jpg
 元より技術者ではないから、水素利用の材料研究から燃料電池そのもの、更に実用製品の試験研究と揺り籠から墓場まで一貫したわが国有数の「伊都」水素村を眼前にして、成る程市街地からも引いては空港、港湾からも至近な好立地にしてインドにて訪れたインフォシス社の如く職住近接を超え、キャンパスという名のひとつのコミュニティが形成されていることには大いに感銘を受けても、肝心の水素には太陽光で電気分解した水から水素を取り出し、その水素から再び電気を生み出すという恰も錬金術の如く模擬実験(上写真)以外には、熱心に大層な実験施設に案内され続けても申し訳ないことに消化不良の極みである。
g384.jpg  ただ所詮実業とは縁遠い我々の世界は耳学問で得た知識を糧に他者に影響力を行使するに他は無く、例えば規制改革ひとつにしてもその際に講釈師ではないが「見てきた様に」物を言うのと、実際に「見て来た」のとで説得力に差異が生ずるのは当然であろう。インフラ整備なじめ未だ緒に着いたばかりではあるものの資源小国たるわが国の切り札になるやも知れぬ水素技術への見聞を高める機会を与えて戴いたことに、心より感謝したい。

 早朝羽田を発ち夕刻までコンベア式の視察とハードな行程だったが、川沿いの建屋で水炊きに舌鼓を打つ優雅な宴に福岡の夜は幕を閉じる。偶にはこうした知育・心育ともに役得があってもと反芻する楽しき一日であった。

8月22日(木) 幸せになりたい  -音楽 - 懐かしい歌謡曲-

g379.jpg  北海道に音楽メデァアを携行しなかった代償として、急遽SAで購入したのは安価な今井美樹ベストのみ。おかげでウルトラヘビーローテーションとなり函館に至る時分には、子供逹もすっかり「雨にキッスの花束を」を「チュウチュウ」とばかりに口ずさめる域に至っていたが、こうして聴き連ねていると後に旦那となる布袋作品氏一辺倒になる前の今井氏には、嘗ての松田聖子氏がそうであった様に実に多彩な顔触れによる楽曲提供が行われ、良質な「歌謡曲」の担い手として機能していたことが今更ながら伺える。
 それは「日本の女性シンガーソングライター」という全く捻りの無いタイトルのディスクガイドにおいて、今井氏への楽曲提供者と記されたライター当人のそれに興味を抱かせるという視点に立てば、今井氏がハブの役割を果たしていたとも言えよう。
g378.jpg  例えばライターのひとり柿原寿美氏の過去作にあたれば確かに今井氏の歌いそうな楽曲が並んでおり、うち数曲は実際にセルフカバーだったりもするから耳馴染みがよい。しかしながら今井楽曲の、松田聖子氏におけるユーミンとも言うべき上田知華氏の、クラシック色の強いカリョービン時代からソロまで丹念に辿ってみても必ずしもメロディの美しさを堪能出来ると言い難いのだから、矢張り歌手・今井美樹氏の触媒効果は小さくないと瞑すべきなのなのだろう。

 「夢は夜ひらく」の落ち着いた、率直に言えば暗いイメージが強かったから、数年前に金融機関アレルギーで常に大金を携行してと報道された際には些かコミカルな展開に違和感を禁じ得なかったが、今から考えれば既に何等か神経を病むものがあったのかも知れない。
 或いは娘の宇多田ヒカル氏が大物になり過ぎたことがその一因の如く取り沙汰されても当の宇多田氏の責でもなかろうし、そもそも鼻唄混じりの習作とも言うべきだったろう楽曲をアルバムにまで仕立て上げられ希代のシンガーソングライターの如く祭り上げられられ、失礼ながら若くして才能を消費し尽くす羽目に陥った氏こそ被害者かも知れない。
 例えばMISIA氏の様に純粋に唄の旨いシンガーとして、余力があれば偶に楽曲にも手を染めるというスタンスで臨めば長保ちしただろうか。同じくシンガーであった母、藤圭子氏がどう思っていたかは最早解らない。

8月20日(火) ザ・カピバラ  -テレビ・ラジオ - CM-

 BMIやらの数値が微妙に基準値を上回っただけで繁雑に検診を受けなければならないとは健康増進法も痛し痒しだが、身長体重腹回りを計り血液を抜かれるだけで不調なる消化器の診断には何等役立たないし、療法士らしき人物から毎度バランス良い食生活を、減量の目標はと互いに形作りに明け暮れても具現する意欲惹起に寄与しない。
 ただ矢鱈と中性脂肪だけがジャンプアップしていたのは芳しい事態とは謂い難かろう。夜毎のカップ麺はこのところ漸減傾向にあり酒量もハイレベルとはいえ安定しており少なくとも著しくへべれけには陥っていないから、犯人捜査に臨むならば清涼飲料水に他ならない。
 受験ストレスの高校時代にほぼ毎日1リットル以上消費して最大84キロに至った様な胃拡張こそ認められないものの、猛暑のおかげか水分補給は欠かせずコーラを補充しておくと朝を迎える迄にペットボトルが底を付いている。これでは糖尿病に陥りかねないが、原因を自覚している分敢えて緑茶を買い込むなど抑制的な対策も明快に採用し得る。数字は正直である。後は実践出来るか否かには違いないが。

g377.jpg  旭山でカピバラを発見した祐旭がやおら両手足をくねらせ、「カピバラカピバラ」と呪文の如く連呼し始めたので問い質すとCM由来と判明した。
 はてカピバラが寝そべっている大型車のCMはうっすらと記憶にあるが踊ってはいなかった筈と思案していると、正体は「ハピバリ」らしい。腕をX字型に交差して膝に添えた状態から手足を左右に揺らすものだが、交差をほどき再び交差する腕の動きに幻惑され、恰も両足までもが交差している様な錯覚に陥らせるところに面白味がある。文章では仲々理解され難かろうが、常に両手が膝と一体化すりが如くテンポよい動作を体得するのは存外に簡易ではない。
 これをカピバラの名に接した瞬間に即興でアレンジした訳だが本家も商品名は「ハピファミ」であり汎用は的を射ているとも言える。子供は想像絶する次元から新たな遊戯を開発するものだろう。幾分稚拙な公資とともにダブル「カピバラ」に及んでは暫くは脳裏にその連呼が焼き付いて離れなかったから、秀逸な広告効果に違いない。ハピファミはまだ食していないが。

8月18日(日) スイカも食べたい  -グルメ - ラーメン-

g373.jpg  盆の最終イベントはわが家の脇路地にてひっそりと、湯沢で調達したスイカ割りだが、古式ゆかしく目隠ししてプラスチック・バットを降り下ろしても、そもそもジャストミートが稀な上に小学生の力では大破に及ばない。
 ただ内輪でもそれなりに盛り上がるのは、矢張りわが国伝統芸能の保持する魅惑と捉えるべきなのだろう。

g374.jpg  午後は趣向を替えフードテーマパークを探索してみたが、流石に疲れも溜まっており高円寺のラーメンに落着とは原点回帰と言えば聞こえは良いが大幅なスケールダウンには違いない。
 ただ街全体がフードコートの様な造詣で、漸く再び全区画充当されたガード下のラーメン横丁こそ繁雑な店舗回転もあり立地条件の良さの割りには足が向き難いが、例えば北口庚申通りの隠れた有名店「はやしまる」は個人的には薄味で必ずしも嗜好には合致しないものの、久々に訪れると今更ながらわんたんが名物だったことを発見したりと奥が深い。
g375.jpg g376.jpg
はやしまる(上)と現在のガード下
 今日は嘗て南口のマンション居住時代に至近店として数限り無く訪れた「一蔵」(右写真)を訪れる。恐らく15年程前にかの有名店ホープ軒の支店を継承した形だが、独立したのか居抜きで貰い受けたねかベースの嗜好性に大きな変容が見られないままグレードアップしていた記憶がある。
 幸い濃厚な味合いは旧来通りで安堵したが、改めて辺りを見渡してみればチェーン店とはいえパーコーならキャピトル星ヶ岡とも良い勝負の風々やら天下一品やら南口の充実度には目を見張るものがあろう。 このところ消化器具合にも鑑み、薄味ながら焼豚で麺の見えなくなる特色でお馴染みの北口の喜多方ラーメン「坂内」率が高まっているが、矢張りラーメンは味噌ベースに更に辛味噌を加えて汗をかきかき賞味したいものである。もやし抜きの注釈は決して忘れることなく。

8月17日(土) 湾岸海遊族  -地域情報 - 東京-

g368.jpg  公資が東京湾に行きたいと呟いたのは友人から海水浴場の情報を入手したのか、或いは早熟にも海を見ながら来し方行く末に思いを馳せようと思案したのかは定かではないが、問い掛けを受け脳裏を過ったのは台場の海浜公園である。
 ただ実際には同地は人工であるが故の美しい砂浜を有するものの、遊泳禁止の言うなれば豪奢な水遊び場に過ぎず、自らの幼少期を振り返っても海水浴と言えば房総や三浦半島に赴く一日仕事であり、東京湾で泳ぐという発想は皆無だった。
g369.jpg  だから駄目元でと検索に及び葛西臨海公園を発掘したのは寧ろ驚きと言ってよい。里山ならぬ「里海」の名のもとに昨年半世紀振りに東京湾の海水浴場として復活した人工干潟の西なぎさは、実際には10時開場の「海水浴体験」イベント扱いであり、確かにお世辞にも水は綺麗とは言えず膝までの浅瀬でも底は全く見えないし潜水は厳禁、温水並の暖かさも水が滞留して蒸留されない構造の裏返しに他ならない。ネット上では放射能の影響すら誠しやかに囁かれるデマゴークに晒され、記名入場の物々しさである。
 しかも開場と同時に陣取っても子供逹の力作、砂の器ならぬ砂の五稜郭も瞬く間に中川元幹事長も吃驚の上げ潮にかき消され、早朝に出立しなければ酷暑の中、砂浜すら拝めなかったろう。
g370.jpg  それでも水質改善に放たれた蛤に稚魚ならぬ稚貝はリリースしてのプチ潮干狩り気分は乙なものだし、何よりも都心からの近さは魅力である。その分、駐車場から西なぎさまでの距離には目を覆いたくなるものの、東京都の英断に大いにエールを送り、数年を経たらまた訪れてみたい。

 満潮を前に昼過ぎには退散して洗い場替わりに湯処葛西へと赴けば、湯船の中核に「銭湯には赤鬼がいました。近所の頑固親爺です」と地域コミュニティ礼賛的な蘊蓄が掲げられている。実際、清掃係員も多く、露天も確かに23区最大"級"で 自らスーパー銭湯を標榜するだけあると讃えるべきか。

8月16日(金) 幕間のスーパーヒーロー  -テレビ・ラジオ - 仮面ライダー-

g366.jpg  妻の所望と既にチケット購入済のライダーの時間を合致させるべくユナイテッドシネマズ豊島園に早々9時過に到来すると、平日にも拘わらずプールのみならずこちら映画館も長蛇の列とは流石の御盆である。
 おかげで「仮面ライダーを御覧の方は」と空港のチェックイン・カウンター宜しく即席の窓口に案内されたのは、結局ギリギリに参上した者勝ちの様相で恩恵に預かりながらなお一抹の疑念は残ったが、売店の非効率性には更に天を仰がざるを得なかった。
 勿論、マクドナルド宜しく接客と厨房を分離するには多大な人件費を擁し、昨日のプールもそうだった様に、恒常的な混雑が無ければ注文を受けた人物がレジを空けて自ら飲料を汲みに行っても著しいロスは生じなかろうが、責めて混雑が予想される時期にはアルバイトを増員しなければ折角の売上を失いかねないのではないか。
g371.jpg  肝心の映画は前座のキョウリュウジャーは一時OVA扱いに格下げされていたのも宜なるかなの、TV本編と大差の無いお得感丸でなしの作りだったし、ライダーも悪役の陣内孝則氏が吉川晃司氏の最高齢変身記録を更新したという以上の話題性は斎さない内容だった。そもそもこのところTV本編とも縁遠くなっており、にも拘わらず予備知識を欠いても充分に理解出来るお手軽なパラレル・ワールド構造だったが、この時期の定番たる新旧の引き継ぎ、武将にフルーツという一年生の公資ですら一笑に伏していた突飛なモチーフの新作「鎧武」が登場する素振りもなく、カタルシスを欠いた。
g372.jpg  トイザらスまで足を運んでも切り換え末期とはいえライダー・ソフビの在庫も少なく、ウルトラのそれがダウンサイジングの上にカードゲーム的なギミックを加えて様相を一新させた様に、ソフビ人形というジャンルそのものが前時代的な玩具として衰退の道を歩み始めているのだとすれば、マーチャンダイジングに依存せざるを得ない現代特撮そのものの危機に他ならない。

 帰路は練馬区早宮のゴルフ練習場に赴く途上、常に遣り過ごしていた回転寿司・銚子丸。昨今は回転を標榜しても宣伝カーの如くコンベア上には実物なしのケースも少なくないが、こちらは回転した上で職人氏にもオーダー出来る半時代前の良心的な"回転"寿司である。
 わざわざ「煮穴子」と銘記してあるのにも好感が持てるが、無償のあら汁が矢鱈と美味な上に充分に安価で、混んで待たされたのにも納得出来た。この世界はまだまだ奥深い。
次のページ

FC2Ad