コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

12月31日(金) 鳴呼大晦日

 レコ大は下馬評通りミスチル。94年に史上初めて不出演者に大賞を授与せざるを得なかったにも拘わらず、再びミスチルの軍門に下らざるを得ないとは、TBSも氷川きよしに中の上程度のヒットでもあれば、と悔やみながらの苦渋の選択だったのだろうか。紅白も審査員で登場した脚本家の橋田壽賀子氏が「知らない歌ばかりで時代に遅れてると感じました」と本音なのか嫌みなのか判らない感想を述べていたが、70を超えた高齢者と同じ感想を抱く様では情けない。かと言って布施明のマイウェイを聴かされるのも何ともはや。
 と文句を付けながらもゆく年来る年の除夜の鐘を聴きながら年が明けました。今年も一年有り難う御座いました。来年も宜しくお願い致します。

12月29日(水)-30日(木) 東海地方の下痢

c359.jpg 年中行事の名古屋行、今年は年末に。名古屋ヒルトンH王朝で中華を食すが、祐ちゃん、実にベビーフード2パックに加え、えびせん4枚、鱶鰭スープを薄めたもの、蒸し魚、焼売、マンゴプリン、更に帰ってからみかんと留まるところを知らぬ食欲。ところが明け方激しい下痢で叩き起こされる。御免なさい。明らかにあげ過ぎでした。やむを得ず定番の墓参も取り止め待機するも、機嫌良く走り回っては俄に腹痛あり下痢でお襁褓替え号泣、の繰り返し。手術以来お襁褓替えに恐怖感がある様で、泣き声に拍車が掛かる。帰りの新幹線では何とか寝て呉れたが、降りる間際に再度下痢あり結局その足で病院へ。偶々体温が高く風邪と診断されたが明らかに食い過ぎだろう。寝たり起きたりで帰って風呂でも号泣。ごめんね。

 ところで今回は切符を取るのが遅れたため行きがグリーンになって仕舞った。スペースも広いので乳母車も楽勝、と思いきや足置きが邪魔でギリギリしか入らない。一方で帰りは普通の折角号車一番前を取ったのに、今度はテーブルが据付で同じ羽目に陥る。結論、新幹線は列車の系数を確認してから取りましょう。

12月28日(火) 〆ましてさようなら

c358.jpg 今日で会社も終わり。正確には何故か明日まであるが休むので本日が仕事収め。例年年末は大掃除だが今年は異動のため溜まった資料を捨てまくる。
 12月8日に「内示」というものを貰う。これが事実上の決定通知でメーカーとはいえこの会社は人事がやけに早い。考えてみたら異動するのは2回目だが前回の「内示」の記憶がないなと思ったら、4年前は痔の手術入院中だったことを想い出した。尻を治してはや4年、時の経つのは早いものだ。その上で最終日に「辞令」が渡され元旦付で異動となる。正月に異動というのも珍しく御目出度い話だ。
 別にまだ会社を辞める訳ではないのだが、机を片付けていると何となく感慨が湧いてくる。ということで行って参ります!。自民党総研へ。

12月26日(日) 賀状地獄

 昨日今日と空いた時間を見付けては賀状書に励む。年々増えて今年は500枚を超えた。こうなると印刷にも丸一日半掛かったが、コメントを添えるのも楽ではない。元来筆圧が強い方なので夜には親指と中指が久方振りに豆になって仕舞って氷で冷やしながら書き続ける。がまだ終わらない。余り早く投函すると「ご無沙汰しております」と書いた人に限ってその後会ってまぬけな文面になったりするし、難しいところ。機械の様に腕を動かし何とか先が見えてきた。

12月24日(金) 復活の聖夜

c357.jpg 帰ると祐ちゃんが笑顔で迎えて呉れる。昨日昼に強引に妻を外出させ号泣する祐旭を抱き上げ唄ってあやし続けたのが功を奏したか、或いは単純に時間を経て慣れてきたか、風呂にも従来通り二人で入ることが出来た。まだ眠くなったり機嫌が悪くなるとお母さんを捜して泣いては仕舞うが、お父さん復権への歩みか。メリークリスマス!

 「福岡ソフトバンクホークス」が正式に誕生。六文字かつ省略の出来ない親会社名は史上最長ではないか。片仮名表記でも四文字迄なら半角表記で支障ないが、やむを得ず「福岡」表記とするメディアも出てくるのではないか。

12月22日(水) 年の瀬

 昨日から丸一日半を掛け関係各所にカレンダーを配りながら年末の挨拶周り。ワゴン車にダンボール一杯詰めて永田町近辺を練り歩く。こういう作業をしていると"サービス業"であることを痛感する。
 今日で夜終了、鳴呼長かった。先週から飲んでばかりで昼に何してたかさっぱり覚えていない、というのは言い過ぎだが、年の瀬にも拘わらず何かと忙しかった割には仕事が終わってないのは困りもの。

12月20日(月) 金日融投手

 本日から再び昼含め四連荘で今年の夜日程は概ね終了。帰宅3時と遅くなったが赤坂で元巨人・新浦投手と握手して戴くという光栄に恵まれる。新浦氏流石に巨大だ。現役時代から糖尿病を患っておられたが酒は普通に飲んでおられる様だ。

12月18日(土)-19日(日) 嗚呼哀しきお父さん

c356.jpg 麻雀を早めに切り上げ妻の実家へ。手術後一週間、父も怒涛の夜だったので妻の実家に滞在し続けた妻子を連れてわが家に帰る。
 ところが祐ちゃん、すっかり甘えん坊というか恐がりさんになって仕舞って、お母さんの顔が一瞬でも見えなくなると号泣、お父さんが抱き上げても号泣。落ち着くとお父さんとも一寸は遊んで呉れる(泣)のだが、すぐお母さんの方に泣きながら走って行って仕舞う。
 元気な様に見えて手術の精神的負担というのは幼児には大きかったということか。或いは所謂「後追い」の時期に丁度入院が重なって過剰になったのか。とくに「父が嫌い」という訳ではないのだろうが、お父さんにとっては哀しい反応で呆然として仕舞った。時間を掛けてリハビリだと思って接していくほかないか。
 祐ちゃんお父さん思い出してね。またいっぱい遊ぼうね。

12月17日(金) 嘔吐王

c355.jpg 昨日で仕事の5連荘(昼含)は終わり今日は来年八月の幹事を引き受けた会合の打ち合わせ会。この忙しい時期に入れたのは失敗だった様で早めに失礼したにも拘らず、空腹に麦酒ばかり飲み過ぎて仕舞い、何処か判らない場所からTAXIで帰る羽目に。恐らく有楽町線を終点まで載り越して埼玉の何処かだったのだろう。TAXIを降りた瞬間に嘔吐。今週三度目、但し前2回は自覚的に店のトイレで吐いて後も飲み続けたが。

12月15日(水) 暇乞い

 昨日1時半に帰ってきて今日は6時に起きて大手町へ。4年前までは毎日の如く通った経団連会館も今となっては懐かしい、と感慨に浸る。企業人政治フォーラム臨時総会後の講演、嗚呼自民党シンクタンク設立構想、感慨に浸ってばかりいられなくなった。

 決着の見えぬ岩隈移籍問題で小池パ・リーグ会長が、1年間暫定オリックス残留との異例の「要望」。余りにも足して2で割るの裁定に過ぎないか。
次のページ

FC2Ad