コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

11月29日(月) 誰が呼んだか

 記事引用=「冬のソナタ」でブレークしたペ・ヨンジュン(32)ら韓国のスター俳優が、写真を無断使用されたとして販売中止を求めていた写真集「the man」について、ヨン様らの代理人は29日、「発行元の文芸春秋と在庫を破棄することで合意した」と明らかにした。(中略)
 写真集はヨン様のほか(中略)が中心。今年7月発売で、ヨン様らの代理人によると(中略)。
 写真集は初版の5万部が売り切れ状態となったが、文春はヨン様らの抗議を受け、増刷12万部の出荷を見合わせた。=引用終わり。
 学生時代、ゴルバチョフ・ソ連大統領(当時)が軟禁され、失脚からエリツィン台頭に繋がる事件があったが、その際ラジオのアナウンサーが「ゴルビー」を連発していたのと同様の違和感がある。これではペ氏の本名が「ヨン様」の様ではないか。

 松家投手横浜入り決定。東大では大洋漁業から出向の故・新治氏、後年コーチを長く務めた中日の井手氏、ここからは近年になって今や謎のスポーツ・アナリスト小林至氏、日ハムの遠藤氏(何処へ?)に続き5人目。期待したい。

11月28日(日) 発熱するデカレンジャー

c346.jpg 先週から続くデパート屋上シリーズで、本日は渋く中野丸井本店。"唄のお姉さん"の如く妙に明るい口調のアナウンスが流れ、旧ソ連時代のモスクワもかくあらんと思われる(大袈裟)行列に何事かと眺めると、デカレンジャーの握手・サイン会の模様。祐旭はまだこの種の"戦隊モノ"が判る年齢ではないので人工芝で遊んでいると、程なく列も短くなったので握手して貰うが、とくに嬉しくなかった模様。因みに一筆400円のサインはパス。
 ゴレンジャー、ジャッカー電撃隊に祖を持つ東映戦隊シリーズが確立されたのは第三作のバトルフィーバーJで、以降現在まで毎年手を替え品を替え放映が続いているが、赤=リーダー、青=ニヒルな副官、黄=太ったコメディーリリーフ、桃=紅一点、緑=若者熱血漢、の構成から黄色も女性に変更されている模様。これも男女共同参画の具現か。

 と遊んで帰ってきたらどうも祐旭が咳をと思いきや昼寝から起きると更に悪化し熱もある。すわ風邪を引いて仕舞ったかと本日外出させたことを悔やむ。しかも座薬を投与して一寸早いが再度寝かし付けてとお母さんが活躍している間にお父さんも風邪気味で如何とも眠くなり、寝て仕舞った!。ごめんなさいお母さん。使えないお父さんでした。

11月27日(土) 巨大な横井秀樹

c345.jpg ミサワホームの産業再生機構送りがデカデカと報道されている。そもそも産業再生機構は、日本経済に影響の大きい個別企業を文字通り再生に値するかしないのか、その峻別をする機構だった筈が、何時の間にか駆け込み寺になり、先日のダイエーも自力再生との駆け引きがあったが、今回の様にオーナー家の反対を押し切って、しかも事実上引き受け手が決まっているというのでは、悪く言えば公的な乗っ取り屋に堕して仕舞っている。結論としては、現行のまま再生を目指すよりトヨタ自動車が吸収した方が合理的なのかも知れないが、その検討過程が余り見えないことが疑念を大きくしているのではないか。

 島田正吾98歳大往生。この人だけは永遠に舞台に立っていそうに思えたが。

11月26日(金) 三位一体

 HP掲示板でも話題になっていたが、小泉構造改革「三位一体」が一応の決着を見た。強引に期限と数値目標を定めて、進めざるを得ない状況を生み出す、という手法自体は「三位一体」というネーミングも含め、効果的だったのは間違いない。惜しむらくは進めるべきか否かという点に論議が少なかったことだが。

11月24日(水) 高齢者のズボン

 「英ロック界の大スター、オジー・オズボーンさん(55)の自宅に強盗が入り、200万ポンド(約4億円)相当の宝石が盗まれていたことが23日明らかになった」との記事を見掛けた。
 何の意味もないのだが、オジー・オズボーンの名前を聞く度に、"お爺さんのズボン"が頭に浮かぶ。詰まらない話ですみません。

11月23日(祝) 同じ感慨

c344.jpg 教授のアルバム「04」を購入。以前「1996」というセロ・コントラバスとピアノで自らの楽曲をセルフ・カヴァーしたアルバムがあったが、そのピアノのみ版。YMO時代の「riot in lagos」と「Perspective」が入ってるのがウリなのかファン・サービスなのか悩むところだが、他に最近のCM曲が2つ収録されている以外は、以前にも何等かの形でピアノ・ヴァージョンが存在した曲が殆どで、わざわざ再録する必要もあるまいという程、アレンジも変わってない。
 一寸手抜きではないですか、と言いながら結局毎度の如く購入して仕舞ってるのがファンというのは恐いところ。序でに何枚かCDを買ってみるが、衝動的に買うものも旧作の再発ばかりだったりして愈々最近の音楽から遠ざかって行く。真剣に対策を考えないと。

11月22日(月)-23日(祝) 夢のデパートメントストア

c343.jpg 4連休の後半は期せずして新宿デパート巡りに。 高島屋、京王、小田急、伊勢丹と2日掛け(?)亘り歩き、 高島屋は飲食街のテラス、京王は改装中だったが、 後二者は嘗て、デパートが世の夢だった時代の残滓、 屋上子供の遊び場を尋ねて見る。 流石に100円入れると前後に揺れるケロヨン、の類は 撤去されているが、人工芝が広がり一寸したジャングルジム風の おもちゃも据え付けてあったりして、お買い物中の 主婦が子供を放して一休み、には好都合な模様。
 祐旭も存分に駆け巡る。単に歩くのがこれ程に楽しい時期は 人生に再び訪れぬだろう。繰り返すが、子供の成長は 早いものだ。駆け回った後はおやつ食べてスっとおねんね。 お父さんの方が一寸グロッキー気味で足腰に負担が残った。

 来年からは茶色のスーツがなお着用しにくくなるとの前提に、 紳士服のアオキで紺のものを購入するも、何と一着で18900円、 二着で19900円という驚異的な価格で、当然灰色のと二着購入する。 著しく材質や製法が悪いとも思えないので、 要はスーツ自体利幅が多き過ぎた商品なのか、或いは ブランド代が大きいのか。

11月20日(土) ドラマーの才

 2ヶ月振りのYMOコピーバンド「中国男」練習。5月の第一回以降仲々メンバーの日程が合わず、今回も深夜時間帯に変更も結局5人。間が空いて仕舞ってどうなることかと危惧されたが、存外に各人音も作り込んできて着実に進歩が見られる。次回こそ勢揃いで第二回公演の具体案検討に踏み切りたいところ。
 旧YMOコピーバンド「ニセYMO」の際にもドラムのS氏が全体を鳥瞰して音量や音色のバランス、足りない音など指摘して呉れて大変重宝だったが、今時もドラマーH氏が同じ役回りを担って戴いている。総じてドラマーにはその種の才があるのか、ドラマーとはバンドの中央に位置し、かつ自ら発する音が音程を持たないがために他者の出す音を捉えることが出来るものなのか、或いは、偶々音楽全般に造詣が深い人物をドラマーに得た我々が幸運なのか。何はともあれ有り難い。練習後、録音を聞きながら2時迄検証してお開きに。当初は6時(!)、減じて4時迄の予定だったが流石に体力が続かなかった。

11月18日(木) ローソン近辺店舗一覧

 ローソンに入ると実直そうな年配の方が腰を屈めてファイルを配っている。余りに丁重なので足を止めると「本日よりローソン様でゆうパックの取扱いを」とのご説明。言わば日本郵政公社の果たし状のご案内だった。
 先駆者に利得が認められなければ誰も競争を試みようとはしないだろう。しかもその先駆者は商売と成立する以前から当該事業を行ってきて、旨みが出たところで旨いところだけ後発部隊が闖入してきた、ならば当方も反転攻勢を、というのが郵政公社であり、先駆者としての利得は既に分を超えており既得権益と化しているが故に公正な競争のためにはハンデキャップが必要というのが 新規参入側、という構図だろう。NTTの民営、更には分割時にも同じ様な話が繰り返されたが、今回は事実上近隣のコンビニがローソンかそうではないかでゆうパックか他の宅急便かが決まる訳で、要はコンビニの店舗数を抑えた方が勝ちということではどうも釈然としない。詰まりサービス内容、価格の差では決まらないということだが、想えば"新電電"が乱立した頃も所詮は会社の系列の関係であるとか、中身では決めていなかった感もある。こうした経緯を経て、郵便が段々と使い易く、安くなっていくのなら、郵政民営化も意味があるということか。

11月16日(火) この国の

c342.jpg ここのところ今更ながら司馬遼太郎に嵌まっている。内容もさることながら錯綜しそうな筋書きでも読み手が混乱しない書き振りが、当たり前ではあるが実に旨い。かの日露戦争を描いた「坂の上の雲」は2007年に大河スペシャルとして75分20回の映像化が決まっているが、脚本の野沢尚氏の逝去で雲行きが怪しくならないか心配。艱難辛苦の末の旅順攻略、水師栄に悄然とするステッセルの姿に国民は狂喜乱舞す、という国威発揚にもってこいの映像にはならないだろうが、変に与謝野晶子を絡ませたりはしてほしくないところ。

 西武鉄道上場廃止。合法的とはいえ極端に法人税を抑えた経営には誰もがいいにくいが複雑な感情を抱いていた筈で、こうなると傘に掛かって攻められる。強盗慶太とピストル堤の頃から過剰な乗っ取り対策が家訓としてあり、それを忠実に守り過ぎたという好意的な捉え方もあるが、所謂「さくら株」は過去にはどの企業にもあったことで、それを未だに配当も頂戴して、あまつさえ発覚前に売りつけようとしたというのでは同情論は少なかろう。
 個人的には、親類が西武関係の仕事をしているため、謎の品プリディナーショ-のチケットを頂戴したりしていたが、西武球場のボックス席も偶に戴いていたのでこれが無くなると痛い。如何に押し付け過剰だったかという証だが。
次のページ

FC2Ad