コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

12月31日(水) 閉めまして左様なら

 午後、お散歩から帰ってきた後、音楽に合わせて踊ってみると祐旭が喜んで一緒に(?)笑顔で踊って呉れました。
 お父さん足腰が痛くなって年を感じたが、夜は踊りが目に焼き付いたか祐旭眠れず。で気付いたら年越し蕎麦を食べるのをすっかり忘れて新年を迎えました。

 さて今年も大晦日はレコード大賞と紅白歌合戦である。愈々辞退者が続出して趣旨がよく判らなくなってきた両番組、レコ大はSMAP、森山直太朗らが辞退して下馬評通り売上げが落ちている浜崎あゆみの三連覇と平凡の極み。一方紅白はNHKのアナウンサーが5人も雁首並べてとちりが多過ぎる。生ならではのハプニングなら、三波春夫の「今年は皇紀二六六〇年」ぐらいの剛胆さをお願いしたい。と言いながら見てる内に今年も暮れました。
 一年間皆さんありがとうございました。

12月30日(火) 来年は出るか久米宏

 今年も大晦日の前日は「ベストテン」である。殆ど懐メロ番組の様相を呈しているが、ありし日の映像を見ると、改めて昔の歌手の労働事情は過酷だったことが伺える。現在では誰も彼もが"アーティスト然"として、紅白でさえ辞退者が相次ぐのだから、ザ・ベストテンの様な生番組は成立せず、だからCDTV全盛なのだろう。
 スポットライト扱いで登場した松浦あやの受け答えが可成りしっかりしているので驚いた。パロディーとはいえ「アイドル」然と演ずるのも馬鹿では出来ないということか。

 お散歩遠出第二弾で小金井公園まで。祐旭は殆ど乳母車に乗ったままなので、何処でも一緒と言えばそうなのだが。ここ数日で祐旭が笑う様になった。 漸く「笑顔」というものを自覚したのか、乳児の成長は日々刻々である。機嫌が良さそうなので俯せにして首を持ち上げる運動をしようとしたら、デロデロと乳を吐いて仕舞いました。ごめんなさい。

12月29日(月) 眼鏡は顔の一部です

c139.jpg 一ヶ月振りにゴルフ練習。その割にはそこそこの調子で、却って毎週根を詰めるより、適度に間隔を空けた方が良いのか。
 午後は高円寺PALのTokyo Glass Companyで眼鏡を購入。現行のものがフレームが歪んできて仕舞ったので更新する。韓国で度付きサングラスを買った際には何とも安いものと感激したが、あっという間にデフレ下のわが国でも安売り眼鏡店が普及した。昨今はレンズの小さいものが流行りらしい。しかしこの店、「東京メガネ」とは違う店なのか。

 自民党新井議員逮捕。先の近藤議員のほか、民主党も当選無効の可能が幾つか挙がっているが、選挙において何をして良くて、何をしてはいけないのか、 或いは嘗てはグレーだったもののどれが今はクロなのか、公職選挙法を読んでるだけでは決して判らず、選挙が特殊技術になっているのは好ましいことではない。勿論、今回の二人は県警に逮捕されたということは余りにも罪状明白ということでそれ以前の情けないケースだが。

12月28日(日) 散歩する乳飲み子

c138.jpg 昨日義父から車を借りてきて、ここのところ年末とはとても思えない陽気なので馬橋公園まで出向いてみる。ここは私が小学校3-5年時に在籍した馬橋小学校の裏で、当時は気象研究所跡地だったのを区が整備したもの。軽く乳母車で一回りした後に妻と交互に祐旭を抱き上げて写真撮影。
 乳児は一日2時間程度迄の散歩が望ましいと言われているが、折角の陽気なのでその足で東高円寺の蚕糸の森公園へ。こちらも蚕糸試験場跡地で期せずして旧軍関連施設巡りとなった感。
 ところが帰って来ると祐旭君、ご機嫌斜めか盛んに泣いて授乳のタイミングがズレて仕舞った。一寸連れ回し過ぎたか、と反省する。

 白井義男氏逝去。ボクシングは嘗て、ゴールデンで世界戦が放映されていた頃はKOが多かったので、時間が読めず中継泣かせだった。あっという間に試合が終わって仕舞った時は必ず、過去のボクサー列伝が放映され、それは常に「白井義男から○○まで」だった気がする。80歳、御冥福をお祈り致します。

12月26日(金) 賀状地獄

c137.jpg 本日にて本当に仕事納めで机に積み上がった資料を片付ける。早めに帰って賀状書きを行うが仲々捗らない。例年印刷は早々に済ませておくのだが、一言コメントを添えるのが時間を食う。400枚を超えてからメールで来る人にはこちらもメール対応に切り替えるなどこれ以上増やさない様に努めているが、今年も440枚程度であと数日かかりそう(29日完了しました)。

12月25日(木) 均衡と競争

 国幹会議で9342の高速道建設が事実上当初予定通り決定。国土の均衡ある発展と地域間競争原理の強化という相反する命題を2つながら存立させたまま道路だけ象徴的に作らないと言ってみても、調整の場である政治が機能していないことを露呈しているだけに過ぎない。だから単に作るべき、と言っている訳ではないのだが。

12月23日(祝) 天長節ショッピング

c136.jpg 旅帰りの義父母に来て戴き祐旭を託して年末のお買い物に久々に夫婦で出向く。まずサクラ屋で妻のデジタルカメラを購入、イクシーLは実に小さい。続いて小田急に移り私の靴を物色す。何分幅広・甲高でないとすぐ足が痛くなる体質なので、ここ10年程「GOLF」ブランドの靴以外買えない体になっている。更に妻の鞄とここ迄余り混まない行程で概ね終了の筈だったが、俄かに便意激しくなりやむを得ず確実にウォシュレットのある高島屋に移動した。
 驚く程の人の山で手前のユニクロもレジに30分以上並ぶという。皆今上陛下の御誕生日を心でお祝い申し上げながら、ということもないのだろうが年末とは思えない陽気もあり、人が湧いて出てきたものと思われる。

 夜は早速新カメラで一足早くクリスマス写真を撮影しました。八百万の神のわが国に相応しい一日か。これで墓参もすれば勢揃いですね。

12月22日(月) 仕事納め

 19日にカレンダ配布兼年末のご挨拶を概ね終え、本日残り数箇所配って実質的に本年の仕事は終了。後は雑事とお片付け、と言っても毎日が雑事の様なものだが。
 例年この時期は忘年会続きで眠い日々だが、今年は「乳飲み子の父」のため出来る限り新年会に先送りした。しかし夜更かしが常態となって仕舞ったので吐き気がないだけで矢張り眠い。そもそも私は広報部時代朝7時出勤を4年半、7時半を2年続けたため夜の席がない限り23時に床に就くパターンを保ってきた。このため今の仕事になって朝は早ければ往時と同じだが、世間並の時間帯になる日も多い生活スタイルに変わったにも拘らず23時就寝を続けていたのが寝過ぎだったのかも知れない。今後は常態1時、夜があれば依然適宜となりそうだが、祐旭の世話役補助があるとはいえ、早く帰ると夜が長くて時間が湧き出てきた様な感あり一寸新鮮。

 道路公団民営化委、委員がどんどん減っていく。アガサ博士も吃驚。いやまだフィル・コリンズも吃驚の段階か。

12月20日(土) いいものがある

c135.gif 妻のお買い物の間は祐旭担当で待機に。"父の乳"を含ませてみようかとも思ったが号泣されても、或いは真剣に吸われても困るのでミルクで対応。事後、YMOを聞かせてみる。お腹の中で眠ってる際にも聞いていたためか、すやすや眠りに付く様な気がする。単に音楽であれば何でもいいのかも知れないが。

 ところでYMO関連の老舗HPが2つ終焉を迎えて仕舞った。ひとつはとかく荒れがちなこの趣の掲示板を管理人氏が根気よく穏便にまとめて戴いた「YMO ON LINE」、もうひとつはYMOコピーバンド界の重鎮、高澤氏の「Home Of YMOdelic」、来年公演を目論む身としては極めて痛いが、何はともあれお疲れ様でした。そして有り難う御座いました。

12月16日(火) 合算

 プロ野球の名球会が会員規定(投手200勝、打者2000本安打)に250セーブを追加、かつ日米通算での成績を対象とする旨規約改訂した。長く救援投手として活躍した選手もメンバーとするのは納得出来るが、現実には嘗て江川卓氏が述べた様に「今の150勝は昔の200勝に値する」打高投低の結果、投手と打者の会員数のアンバランスを解消するため、もうひとつは米国への人材流出が増加すると超一流選手が会員に加わらず、結果会自体が先細りになって仕舞うことを防ぐためだろう。
 そもそも名球会自体、"天皇"金田正一氏が相当数いる自分より年嵩の200勝投手を排除するためにわざわざ「昭和名球会」を名乗って、会長に収まるべく作ってみたら1歳上の山内和弘氏が居て悔しがったという経緯があり、打者は昭和以前の生まれの2000本安打達成者が川上しかいないため「名誉会員」扱いにするという少々歪なスタートだった。然らば平成世代は参加させないのか、恐らくその頃には杉下氏らは居なくなっておられるので自然と「昭和」は取れるということか。

 夜またムズってる祐旭、苦し紛れに小学校時代に友人が作った「ぼくらのチンゲさん」を唄ってハイ&ローチェアーを揺らしていたら、眠ってくれました。 チンゲさん、チンゲさん、チンゲさん、チンゲさん、バーバババババババババババー。
次のページ

FC2Ad