コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

11月29日(土) ひと月

c128.jpg 10/27誕生の祐旭もはや一ヶ月検診に。随分と重くなってきた様に感じてはいたが、誕生時2680gが4315gと毛沢東も吃驚の大躍進。一月で平均体重に追い付いて嬉しいやら驚くやら。小児科医からはいきなり「老け顔ですね」と先制パンチを食らい、即座に「少年の様な表情をする」とフォローにならない言い訳が入ったが、沢山質問を用意した割には表紙抜けする程の素っ気なさは健康の証拠とあらば喜ぶべし。「母乳不足ではないか心配なのですが」「それは無いでしょう。こんなに増えたのに」と一笑に付されて仕舞った。ただゲップは5分なら5分毎にゲップさせないと、空気が腸に入って仕舞う、故にゲップが出ず屁が多いことが判明した。
 夜は始めて沐浴から昇格しお風呂に入れました。湯の中では気持ち良さそう。洗い場に出ると既に減り腹状態で大泣き、わざわざ赤ちゃん本舗まで行って風呂場で子供を寝かせて洗うためのマットを買ってきたが、本人が動くしとても寝かせて優雅に洗ってる余裕なし。精進しませう。

11月28日(金) 急いで口で吸え

c127.jpg 先週に引き続き今週も高島屋HMVにCD購入に赴いた。どうにも偏った購入だが、教授の再発DVDから2枚とスケッチ・ショウの新譜、そして矢張り再発の右写真。
 スネークマンショー本来のコンセプトは楽曲とギャグの融和であり、最新の音楽をラジオで紹介するために、ひと捻りある笑いを咬ませるものだった。2枚目のアルバム以降は桑原茂一の意図した本来の趣旨が活かされ過ぎているため、音楽は必ずしもギャグと直接には関連していないケースが多い。がこの1枚目は楽曲も大半はわざわざこのアルバムのために製作され、それ自体笑いが取れる構造になっているのがスタンダード化に繋がったのだろう。「咲坂と桃内のごきげんいかが1・2・3」は今や、それが正しい評価は別としてもラップの古典と崇められている。アルバムタイトルは一寸危険で再発ではサブタイトル扱いにせざるをせざるを得なかった様だが。
 スケッチ・ショウの方は想像通りどんどん先鋭化する中で、教授と3人での曲だけが音楽っぽいというのは皮肉。

11月26日(水) Be Right

c126.jpg 友人Hr氏が久々に帰京復帰し半年振りの勉強会。従来市ヶ谷で行われていたが、U氏の転職とともに会場も品川へお引っ越し。暫く見ぬ内に品川駅海側の光景が一変している。何処かで見た様なと思うと、地上に降りずビルとビルを2階の人工通路で結び、そこを企業人が急ぎ足で歩く姿は天王洲アイルに近い。新たに作る都市は似通わざるを得ないということだろう。
 会はHr氏の新職務を紹介戴いた後、飲み屋で国策談義に。果たしてわが国は国家・国策・国益という言葉を自然に受け入れる程成熟して来ただろうか。社民党が崩壊した現在においても、未だ素朴な左翼進行が跋扈していないか。これに人為的に対抗するために、「右」思想と天皇制崇拝をストレートに結び付けたのが保守陣営の罪というU氏の言にも一理あるのだが。
 この手の四方山論議は面白い。

11月25日(火) 今更ミレニアム

 会社のPCがWin2000に切り替えされることとなり体内のファイルやメール等の移管作業を行う。今更にWin2000というのも遅きに失するが、丸坊主になって戻ってきて使える様になる迄がまたトラブル多発。世の中にSchedule+を未だ使ってる人はどの程度残っているのだろうか。しかしOSベースで会社のシステムも組んで仕舞ってるので替えるとなると一騒動で、常に数年遅れになるのはやむを得ないことなのか。

11月23日(日) フュージョンという響き

c125.jpg 今週も土曜は妻の実家に泊まり、夜中に祐旭が授乳を求めて泣くと私も一瞬起きて仕舞うが、妻が対応しているのを確認すると、起きようと思ってもそのまますやすや寝て仕舞う。母は強し。昼間に妻子とも寝ている時、いきなり祐旭が泣き出して慌てミルクを作り出しても間に合わず、戻ってみると美和が母乳を与えている。乳は強し、父は弱し。

 故・大村憲司氏の未発表ライブ盤を買ってきた。所謂フュージョンの分類だが、矢張り70年代の演奏の方がよい。村上ポンタ氏のドラムのノリが私には合わないのか、エレピの音色に反応したか。
 義母より祐旭のデジカメ写真を収めたCD-RWを借りてきたが、これが勝手にCD-RWを読むためのソフトをインストールして仕舞い、IEが旨く動かなくなるハプニングで立往生。ところが賀状作成のため買ってきた「はがきスタジオ」がIEの6.1アップグレードを前提にしており幸便に復活。何が幸いするか判らないものだ。ソフト自体は大したものでは無かったが。

11月20日(木) 右寄りのダンディー

c124.jpg 妻の実家に赴くと妻の高校時代の友人3氏が現る。うち1名はYMOcopyバンドの新規メンバーになられたH氏。義姉がボジョレーヌーボーを買って来られ一寸飲み過ぎて仕舞った。皆声を揃えて祐旭を「可愛い」と言って下さる。普通可愛くないとは言わないだろうが、単純に喜んで親馬鹿振りを発揮。祐旭は首を左に傾げて寝る癖が付いており、名前からしても右を向くべきだろうと修正を試みる。

11月19日(水) ロシア人は行列がお好き

 特別国会召集日、第二次小泉政権が正式に発足し、日常の日々が帰ってきた感。首班指名に先立つ議長・副議長選で「副議長・河野太郎君」一票があった由、親子議員への冷やかしか、笑いを取ろうと試みたか。
 衆院第一議員会館は異様な混み方で、入館する人の列が外のトイレまで続いてる。まともに並んだら入る迄に1時間は掛かりそうな勢いで何かと面倒だった。事後、会社の方が購入したCLIEが初期不良とのことで全権委任された私が旧そごうビッグカメラに交換に行くも、いともあっさり替えてくれた。矢張りS社の製品は多いのかと思わせる対応に、カスタマーセンターの応対とともに却って不信感が増して仕舞った。

 波乱なきドラフトが開催。話題は日ハムの須永強行指名ぐらいで、ヤクルトは西村回避。ドラフトには①戦力均衡 と②契約金の高騰阻止 の2つの意義があったが、②は事実上形骸化し、①も逆指名制度導入以来歪になっている。 本来は完全ウェーバーにしてFA取得要件を短縮するのが望ましいが、わが国プロ野球は甲子園を筆頭にアマチュア球界有名選手の知名度が高いこと、また実際に新人選手が大きく戦力となることから、一概に米国と同じという訳にもいかない。ならば完全自由競争制と引き換えにサラリーキャップを導入するか、正答があるものでは無いのだが。

11月18日(火) もうひとつの誕生日

c123.jpg 祐旭誕生はもう遥か前の様な気がするが、実は本日が予定日。如何に早く生まれたか、そして早く生まれたにも拘わらず、おかげ様で元気に育っていることに改めて感謝す。

 議員会館特別国会を明日に控え新人・復帰議員は漸くこの日入居。まだ看板も架け替えられておらず、せわしない。

11月16日(日) 知らぬが花か

c121.jpg 祐旭は日々ふくよかになりに赤ん坊っぽくなってきた。母乳を飲んでは寝て、ウンコして起きて、沐浴して寝るの繰り返しの日々だが、泣くには食欲と尻が汚れた不快感以外にも細かい種別があるのだろうか。恐らく鼻がかゆいとか、眠れなくて腹立たしいとか、日本経済の先行きが不安だとか、言いたいことは色々あるのだろうが峻別出来ないのが難しいところ。

c122.jpg 日比谷通りに出てみると、開始前にも拘わらず東京国際女子マラソン観戦の人で溢れている。お目当ては高橋尚子選手だろうが、負のイメージのある高橋選手の単なる勝利は望まれず、現にその通りになった。では何故高橋に悪印象があるのか。
 マラソンは極めてストイックな生活を強いられる競技であり、その過酷な生活を選手に強いるために、とくに女子選手には「マラソンのみがわが人生」と信じ込ませなければならない、とかつて小出監督が述べていたことがある。多くの選手はやがて「マラソンだけが人生ではない」ことに気付き、或いはコーチや同僚を伴侶とし、競技の中に普通人としての生活を持ち込むか、競技を自己表現の一手段と位置付けるか、更には仕事と割り切るか、何等かの心理的な整理を経て、競技続けていく。
 しかし高橋の場合はそのままの状態で五輪に勝ち、マスコミにある種宗教的とも言える突き抜けた明るさを賞賛されたことから、素直に成長、或いは負の側面から見れば増長した感が伺える。勿論そのまま勝ち続けていければ競技者としてはそれでいい訳だが、年齢的に見ても、敗北を喫し、"前向き"や"ポジティブ"等と称される要素だけでは生きていけないことを悟るには、本来今回の敗北は決してマイナスではない筈だ。
 惜しむらくは立ち止まり、再びトップに駆け戻るには、五輪まで残り1年弱という時間は短か過ぎるということだろう。

11月15日(土) 半裸のGet Back

c120.jpg ビートルズの「Let It Be,Naked」が発売された。これはかねがねポールがフィル・スペクターのオーバープロデュースに批判的だったアルバム「Let It Be」を"本来の姿に戻す"と名打って製作されたアルバムだが、「Abeay Road」以前に「Get Back」のタイトルで発売直前に中止になったものが様々な形で出回っており、それを聞く限り顕著な違いが見られるのはポールがしつこく主張している「The Long And Widing Road」ぐらいで大半は同一テイクが使われている。寧ろ今回の「Naked」でGet Backセッション録音でない「Across The Universe」を残していたり、「Dig A Pony」や「I,Me,Mine」のテープ編集はそのまま等、"裸の"の趣旨とは少々違う気もするし、「Don't Let Me Down」はシングル盤より演奏の質が悪いのでは本末転倒だ。
 「Get Back」に収録されていた、「ラストダンスは私に」は兎も角、「テディ・ボーイ」は収録して欲しかった気がする。既にポール名義の曲になっているから省かれたのであろうが、良くも悪くもこのアルバムがポールのためのアルバムだったことが、改めて明確になった感がる。矢張り長生きするが勝ちということだろうか。
次のページ

FC2Ad