コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

9月30日(火) カンペイ

c104.jpg 午後からニューオータニ近辺を屯する一日で夜は日中国交回復54周年記念パーティー。54とは随分半端な数だが毎年盛大にやってるので、100年になったらホテルを貸切りそうな勢い。30分で出て仕舞ったがついぞ挨拶も始まらず開会しているのかいないのかもよく判らない。来賓挨拶が1時間続く「励ます会」より出る方は確かに楽だが、何となく拍子抜けの感も。
 終了後1時迄カラオケで疲労困憊。2日間待ったダイエー優勝は丁度TV観戦出来ず。王の涙が是非見たかったのだが。

9月29日(月) 江戸の華

 13時、議員会館に空襲警報の如き鐘の音が響き、会期中を実感す。会館に通って間もない頃、禁煙の紙が大きく貼り付けられた御不浄の個室で一服しながら用をたしていたらいきなりベルが鳴り、すわ火災報知機を反応させて仕舞ったかと異様に焦ったこともあった。いざ選挙モード。

9月28日(日) ボコーダー地獄

c102.jpg 重い荷物を抱えて出掛ける際に時ならぬ高円寺駅での催し物が。よく見ると「路上禁煙区域」記念イベントと大書してある。既にPAL商店街内は禁煙となっていたが、遂に新しものの杉並区は全面追随したか。確かに路上禁煙は危険性も高いのでやむを得ないが、喫煙可能区域も何処かに設けて戴きたい。

c103.jpg 練習スタジオ・アフタービートの改装は終わったが今度は日程調整が遅れ既に埋まってて、今回は渋谷で練習と流浪の旅を続ける。渋谷音楽館は待合スペースがないため外で待機していると、偶然に渋谷居住の友人T氏に邂逅。練習は選挙前でM氏が休みのため、kbの音合わせ中心だが、折角新マイクを購入したのに今回もハウリングの嵐。結局microKORGはライブ向きではないのか。終了後、近くのkb屋でMS2000Bを試奏、どうにも欲しくなって仕舞うが、これもハウリングしないという保証はない。矢張り旧機SVC-350を現役復帰させるしか道はないのか。ボコーダー機をボコーダー用音源のみに使うという間抜けなスタイルだが。

 (追記)コルグに問い合わせたところ丁重に対応は戴いたが、結局は「スピーカーから離れる」しかないとのこと。困った困った。

9月27日(金) ミニマル≠テクノ

c101.jpg 昨年12月のSketch Show公演がDVD化されたので購入する。オマケ映像もあり、映像作品として一貫させるために中国女を別枠に外したのも理解出来る内容。が続いてコンピレーションの「Audio Sponge 1」を聞くと、こちらもSketch Showの新曲が2曲入っているのだが、先のミニアルバムのミニマル路線が続いたままで細野さん曰くの"Show"の部分が見当たらない様な。今後に不安。
 寧ろついでに買ってきたクラフトワークの「Tour de France」の方がテクノポップの残り香と90年代以降ののHouse/Techno色が旨く混ぜ合わされていて存外に聞ける。それは今風ではないということかも知れないが。

 原辞任会見は88年末の「王辞任」を彷彿とさせる。無理に新監督を並べてその場を繕う必要が何故あるのか。80年の長嶋"解任"の悪夢は未だ消えていないのか。投手出身監督は星野や巨人にも藤田の前例があるが、寧ろ成功した彼等のケースは例外。堀内の強気が悪い方に出なければよいが。

9月26日(金) 又従兄弟が一杯

c99.jpg 山王日枝神社に和泉流狂言を見に行く。19時開幕だが始まってから社の中で清めの儀式が実に30分、この間観客からは殆ど見えないので所在な気に待ってるだけ。これなら開場の18時30分から奉納を始めていれば良いのではないか。狂言は上演時間が短いので、途中に無意味な「狂言のお話し」やらを交えて無理に2時間以上の舞台にしているが、コアな着物着用フリークと明らかに後援企業か代理店から券が回ってきて物見遊山で 中途で退席してもという客層に二分されているので、これでも不満が出ないのか。
c100.jpg  かく言う私も、狂言だけで1万、弁当・宝物殿見学が付いて2万とは如何にも暴利だし、よく見ると宝物殿自体は本来無償で、とても貰ったチケットでなければ出向く気にはならなかったろうが。
 なお和泉元彌氏は親戚筋に当たるが当然先方はこちらをご存じないのが寂しいところ。奥様とお子様も観客席後部におられた。

 帰途コンビニで1リットルの牛乳パックを買うと「ストローはお付けしますか?」。吸い過ぎには注意しましょう。

9月24日(水) 都市と地方

c97.jpg もう治った積りだったが先週半ばで薬が切れて仕舞うと覿面に調子が悪くなり、警察病院で再度胃の薬を貰い、医師に怒られる。こればっかり。

 夜は茅ヶ崎在住の友人M氏と会談。わが国の行く末は難しい。「第三の道」とか言っても社会党右派ぢゃないが中庸は見せるのが簡単ではないし。都市と地方の分断構造が拡大して仕舞うのは好ましくは無い筈なのだが。
 原監督辞任騒動が尾を引いている。ナベツネ氏は留任を吼えながら、土井社長は明言出来ず。原氏には好印象が強いし、監督して不適任とは思わないが、個人的願望としては江川監督が見てみたい。堀内だったら一寸げんなり。

9月23日(祝) 回転打法は腰痛を生む

c96.jpg 前回そこそこ調子が良かったので久々に遠征練習でメトログリーン東陽町へ。200yクラスは三鷹にもあるが電車・バスの乗り継ぎなので東西線一本で行けるこちらの方が返って感覚距離は近い。混んでいて3階の一番端だったが、流石に広い練習場は思い切り打てて気持ち良い。が相変わらず飛距離が出ない。ドライバーは一寸「明治の大砲」風に。中途シャンク続きで焦ったが、150球打って帰還。次回ラウンドこそ、の想いし。

 夜は北口の伊太利亜料理屋へ。安くて旨かったが、料理人が配慮細やかなのに対し、別に横柄な訳ではないが暗いのと、客が少な過ぎるのが問題。高円寺銀座(純情商店街)の突端を右に寂しい方に曲がっていく立地の問題か。
 フィットもとんきも無くなり、この辺りもマンションが増えた。

9月22日(月) 人事の・・・?

 三役人事で驚かされた替わりに閣僚人事は平凡。石原国交・麻生総務・中川経産と思惑有り気な配役もあるし、若返り、女性3人と清新さは出しているが、要は参院と"新・主流派"の堀内・橋本両派、並びに江亀派に配慮ということか。ということは、よく出来た人事という見方もあるが、選挙向けとは言い難そう。民主党は一寸安堵しているのでは。
 或いは川口留任、竹中全留任を見ても、総選挙後或いは予算編成後に小幅の再改造があるのやも知れない。

9月21日(日) 案ずるより

c95.jpg 折角高価なマイクを買ったのに改めて前回練習の録音を聴いてみると、矢張りボコーダーの音色が冴えない。思い悩んだ末に2000円のPC用ヘッドセットマイクを買ったら、見事ピンポン。要はmicroKORG附設のマイクもこの類のもので、声だけでなく他の演奏音も拾ってハウリングして仕舞うから、ヘッドセットにした方が安全というだけか。難しいものだが一寸安心。

 自民三役人事。見事やられました、感服。世の中には智恵者がいますね。

9月20日(土) 予定調和

 練習後14時の中継に合わせてTV観戦したが全くの波乱なし。これで紆余曲折の末、当初の11/9総選挙が固まったか。間もなく総選挙となれば、堀内・橋本両派もまとまらざるを得ない。40日抗争から福田・三木両派の欠席で不信任が可決され、分裂必至だった80年の様に。存外に小泉首相は、党内の亀裂を決定的にしないがために、早期の総選挙を選択しているのかも知れない。
次のページ

FC2Ad