コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

お葬式 98/4/28

 土、日、月と荷物のお片付けで名古屋へ行く予
定にしていた所に、金曜の夜に祖父が亡くなり、
ピッタリのタイミングで通夜、葬儀も月曜までに
収まった。
 人知を超えた力をそれ程信ずる方ではないが、
結婚式にも差し支えなく、丸で私の来名に合わせ
るかのように、祖父は旅立ってくれたような気が
してならない。

大人の関係 98/4/27

 林葉直子将棋元女流王将の愛人は中原16世だっ
たとの報道に耳を疑った向きは少なくあるまい。

 誤解を恐れずに言えば、兄弟子の故・芹沢九段
のアイアイ・ゲーム「チョメチョメ」には及ぶべ
くはなくとも、中原も人間だったかと妙に安心す
るような趣もなくはない。
 一将棋ファンとしては、ひと皮向けてより大人
になった中原の三度目の名人位復璧を望みたいが
自宅前の会見はやや「自然流」過ぎた感もある。

池袋から愛を込めて 98/4/23

 70を超えても異様に艶やかな肌で知られる堤清
二セゾン会長だが、過剰に寝グセを付けた様な特
異な髪型が整髪の成果であることは意外に知られ
ていない。朝からイレイザーヘッドで現れた時に
は度肝を抜かれたが、「市場に不信任された橋本
政権は退陣すべき」発言で久々に脚光を浴びた。
 自民党員でなくとも、市場に不信任を食らって
退陣すべきなのは、インターコンチとファミリー
マートを手放した貴方の方ではないですか、と言
いたくなるだろう。
 異能経営者に敬意を払わない訳ではないが、や
はり作家・辻井喬としての「余生」に期待したい。

浪漫飛行 98/4/22

 妻(間もなく)が退社にあたって、某社某隣り
の部署の部長殿よりいただいたのは絵本「100
万回死んだ猫」だった。

 いい話ぢゃありませんか。人はリアリストにし
て浪漫を持たなければならない、と言ったのはロ
ーマの詩人、アンドロギュヌスだったか。人は齢
五十を超えてかくあらねばと感じ入ること頻り。
 誰かの御成婚二次会ネタで使おうか、と邪推な
考えを抱いているようではいけません。

Stop The New-Wave 98/4/18

 このところYMO熱が高まっている。二次会の
演奏が本決まりになってからというもの、ネット
上に数多くあるYMOの頁を便りに、昔のテープ
のダビング交換なぞ、高校生のようだ。

 さて、我々は元YMOのお三方とは知り合いで
はないから、三人称として用いるのだが、「教授」
「ユキヒロ」に対し、遠山左右衛門の丈がならず者
でも「金さん」であるように、「細野さん」と呼ぶ。
 畏敬の念に発するのだろうが、私だけかしら。
「ハルオミ」ではかなり印象が異なってくる。

球春 98/4/9

 チャーター機で福岡入りして早や9年、遂に
「貧乏球団」の名が踊りだしたホークスが好調だ。

 かつて「大陸的」と評されたさわやか好青年の王
貞治氏の眉間に深い皺が現れて久しい。今年こそ
豪快野球で爽快な笑顔を見せてほしい。長嶋に間
に合わなかった我等の時代のスター、王貞治のホ
ームランが嘗て我々に与えてくれた笑顔の様に。

 4月、球春来たる。

魔に魅入られた魔王 98/4/7

 経団連の次期人事が6日、決まった。てっきり
富士の橋本氏と思っていたところ新副会長に大賀
氏で吃驚仰天。
 大賀ソニー会長は元バリトン歌手。退任した北
岡三菱電機社長は趣味で「魔王」を吹きこんだと
いう。故に今回の人事を歌手から歌手への交替、
と論評した新聞は勿論ないが、北岡氏が自宅で
「お父さん恐いよ~」と青筋立てて唸っている姿
を想像するとちょっと恐い。
 恐らくは原語でしょう。「ふぁあた~」か。

政策転換 98/4/5

 橋本首相がまたもや旅先で減税を表明。アジア
経済に配慮すること自体は悪くないが、どうも「
外圧」を演出している様ですっきりしない。山拓
氏のように、財革法に固執するのも政治家のひと
つの見識だが、転換するならするで、身を以て表
明してくれなければ責任を求めようもない。

 かつて中曽根、宮沢両氏がウソつき呼ばわりさ
れたのは、結果として失敗したとはいえ、明確な
政策を打ち出したが故の、名誉の負傷だっとこと
を忘れてはならないのではないか。

コウエンジャー 98/4/4

 高円寺在住者をエンジーと呼ぶらしい。もちろ
んこれは高円寺の"エンジ"にeeを付けたものだが
中央線ガード下の商店街と同じで何やらもの哀し
い。私はコウエンジャーを主張したい。
 ちなみに阿佐谷在住者はアサガヤンという。仲
々はまっているが阿佐谷で良かった。オギクボン
ではちょっと紛い物くさかったろう。

 今回からコラムをスタートする。特別なテーマ
はなく、野球、政治、音楽など徒然なるままに綴
っていくので、気が向いたらお付合い願いたい。

FC2Ad