コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

1月19日(木) 吹けば飛ぶよな  -ゲーム - 将棋-

h805.jpg  ウルトラセブン第44話「第四惑星の悪夢」を想起する迄も無く、人工知能の発達したロボットに支配される人間という構図は目新しいものではない。幸か不幸かそれはまだSFの寓話でしかないが、知能競技の世界では既に現実になりつつある。
 市販されている様な将棋ソフトは素人眼にも特定のアルゴリズムに支配されているのが明らかだったが、今や人智には数限り無くともコンピュータには有限な変化を、しかも一瞬にして読み解くのは朝飯前で、ボナンザとの対決が話題を浚ったのも今や昔、犬が人を噛んでもニュースにならないではないが、寧ろ人間が人工知能に勝利する方が稀少になっている。
 恐らくは対人工知能の矢面に立った米長前将棋連盟会長には、引退した自らなら敗北しても将棋界の失墜とは看做されまいとの計算とともに、自らの知名度を活用して話題作りに供したいとの思惑もあった筈である。結果的にその行為が引き金となり任意参加の電王戦なる棋戦まで産み出し、人間の劣位が誰の眼にも明らかになったとはいえ、予想を遥かに上回る人工知能の発達に席巻された責を全て米長氏に帰するのは酷に過ぎよう。
 米長政権を引き継いだ谷川体制を四年で終焉させることになった今般のカンニング問題の結末も、詰まるところは人工知能との対戦を事実上容認した米長体制以来の旧体制批判に帰因する要素が見え隠れしているが、勿論対局時に李下の冠を排除するシステムは必要だとしても、須くコンピュータをタブー視したところで研究の際の利活用まで否定するのは現実的でも無ければ、寧ろ将棋の発展を阻害しかねまい。
 取った駒を再利用しない為に将棋より遥かに変化の少ないチェスにおいては既に人智との優劣が確定して久しいが、これを理由にゲームとしてのチェスが衰退するには至っていない。
 寧ろ棋界にとって喫緊なのはこうした未曾有の事態にリーダーシップを発揮する指導者の存在であろう。69歳で亡くなるまでA級の地位を維持しつつ会長職と両立して将棋会館設立を果たした大山十五世名人の如く、それこそ人智を超えた傑物を望むべくはなく、二上、中原、米長と名人乃至は名人クラスの、引退若しくは引退に近い実力者が会長職を継承した三代は適任者に恵まれた幸福な時代であり、B級1組に陥落したとはいえ未だ光速流衰えぬ谷川氏に同様の差配を求めること自体、無理があったのだろう。
 折しもこの日"神武以来の"77歳、加藤一二三元名人の引退が決まった。何れ谷川十七世の治世が再び訪れるとしても、その日まで集団指導体制を以て乗り切るのか、或いは元前頭筆頭ながら実務能力から武蔵川親方を理事長に仰いだ相撲協会の故事に学ぶのか、今こそ人工知能には決して担えないヒトの力が求められているのではないか。

h806.jpg  新劇が翻訳劇をその端緒としたのは、文字通り歌舞伎をはじめとする伝統芸能に比して新しかったからだが、舶来品を有り難がるわが国の気質が作用していたことも否めまい。
 今では異人を装う者同士が日本語で演ずる特殊な古典劇と化しているが、日本語だから話しの筋は追えるものの、寧ろ中国で映画化される三國志宜しく、観衆が遍くストーリーを把握している前提で細部の説明を省ける利点とともにキメのシーンの演出の巧拙、原作の西洋思想が如何に翻案されているかを味合うところに妙があるのだろう。
 逆にその翻訳劇が輸出されれば歌舞伎同様に台詞自体は解読不能でも、東洋に移植される際の変数にエキゾチズムを感ずると言えよう。
 従って池袋にて、本家倫敦においても上演された和訳のオフィーリアもまた、その意図がどうであれYMOの如く「ステレオタイプの東洋」として受け止められたのではないか、と開会式に長髪の鬘を被って現れる英国議員の心持ちで鑑賞した。

11月24日(木) 充電地獄  -携帯電話・PHS - iPhone/iPad-

h769.jpg  帝都においては1962年以来の11月の降雪、同じく観測史上初の積雪とともに漸く会社携帯が帰ってきた。
 iPhone6への昇格から約二年、充電の不具合が日に日に頻出し、果ては運が良ければ充電出来るの域に至って万やむを得ず社内に問い合わせる。充電口への埃の蓄積ではないかとの御沙汰に半信半疑爪楊枝を押し込めば、確かに塵は排出されるものの矢張り充電は滅多に進まない。
h755.jpg  ならばと近場のiPhoneショップに駆け込むのは自前主義の閉じた世界では決して許されず、修理ひとつも中核市に回送必須のため手元不如意の生活を余儀無くされる。
 こうなると社外には個人携帯のメイン扱いを続けてきたのが正解だったことになるが、飽く迄会社支給品以外への転送は機密管理上厳禁である。有り難いことに又もやモニター貸与の更新されたiPhone7も相変わらずiPod兼目覚まし時計としてわが家では持ち腐れながら重宝しているものの、折角更に充実しているらしいカメラ機能も眠ったままだし、かく事態にも登壇は努々叶わない。
 詰まるところ部の倉庫に眠っていた懐かしのガラケーを借りて暫しの御相伴とは前時代仕様も夥しかろう。
 ただ電話が鳴っても誰からなのか判別が付かないのはまだしも、スケジュールはわざわざ出掛けに印刷してなお10分なのか15分なのか詳細は判然としないし、最大の問題は会社メールが読めず、不測の事態が生じてはいまいかと常に帰巣本能が過剰に働いては、糸の切れた凧稼業に支障を来す。
 而して土日祝を挟み先発投手宜しく漸く中五日で復帰したのだが、証拠品として御丁寧に掘り出された埃まで同封されて来た割りにはなお、充電は恭しく固定しておかなければ唐突に終焉する不如意には大差が認められない。
 今をときめくIoT、テレワーク仕様の原点と評するのは美しかろうが、携帯電話の下僕と化した日常は最早覆し得るものではなかろう。だからと言ってに消費税率並みに残り僅か数%と赤く警告され、充電口を手づから押さえシャットダウンの危機に怯えつつメールを打つ、充電の奴隷たるは、柔軟性の欠如という大企業病の為せる業、殆ど人災である。いっそ破壊して仕舞えば話しは早かろうが、踏み切れないのも宮仕えのまた宮仕えの哀しさ、付加価値の高さもまたわが国らしくはあるものの、法人の携帯電話は消耗品として資産性を否定してくれたら少しは融通が効く様になるだろうか。

5月27日(金) TVの国からキラキラ  -テレビ・ラジオ - TV-

h508.jpg  引越しとともにTVを新調して六年半、電源を入れると暫く画像が乱れ、程無く落ち着いてはいたのだが、段々とその待機時間が許容出来る域を凌駕してきた。温まるまで暫くお待ちくださいとはブラウン管でもあるまいしと嘆いてみてもこれぞSONYスタイル、一定期間を経過すると自動的に消滅する時限装置が仕掛けられていたのだろう。
 中身は杉並ケーブルテレビ経由なので実質モニター使用のため付けっ放しとし、仲介するオーディオ側のオンオフで対応してきたが、バスタ視察の後に立ち寄ったピックカメラにて、丁度モデル末期で本日までお値打ちとの甘い誘いに見事に乗せられて、どうせならひと回り大きくとわが家まで走りラックの寸法を確認してとって返し、衝動買いに及んで三週間近く、遂に到来したのである。
 元より一世を風靡した「亀山モデル」の貼り紙は既に何処にも見当たらず、民族資本からも脱落しているが、いざ居間に据えてみると前機比拡大した様に見受けられないと子供達も浮かぬ顔である。恐らくは画面は広くても外枠が薄くなった為だろうが、デフォルトのままだと色合い自体も如何にも薄く映るのは、良くも悪くも色鮮やかな階調基盤のSONY仕様に毒されてきたが故の所産かも知れない。
h510.jpg  些かは私の色弱が悪さをしているのだとしても、凡ゆる人物が白塗りの時代劇でも困るので設定を試行錯誤してみたのだが、今度は遠目には美しくとも近付くと粗が鼻に付く東京選出の元総理現象に見舞われた。
 目の付け処がシャープだねと洒落ている場合ではなく、微妙に輪郭が鋭角に過ぎてビットレートの低いストリーミング映像にも似た瞬間が訪れる。或いは杉並ケーブルの4K仕様との相性もあろうが多難な船出である。

 サミットも滞り無く過ぎ、「過ちは繰り返しません」と碑文に従った訳では無くとも歴史的な米大統領訪広には違いない。
 金曜でありこれに合わせ急行を試みる関係者も少なく無かったろうが、勿論こちらも謀略史観を介在させる謂われは無くとも、多分にタイミングが悪過ぎ、国家賠償を求めても然るべきな羽田空港の航空機炎上封鎖事件であったか。

10月17日(土) 時代おくれ   -コンピュータ - Windows-

h263.jpg  仏国では個人携帯はフライトモードのままにして着信チェックに屡々通信回線をオンした筈だったのに、Wi-Fiを旨く活用しなかったおかげで一週間で一万円を超える個人負担を被った程に通信事情に疎い私である。
 だから又もや関係会社様の御厚意により新たなiPhoneを貸与戴くが、今般は大きさも変わらず何が新しい機能かの情報にも疎く、そもそもiTunes替わりと目覚まし時計という贅沢な利用に留まっているので宝の持ち腐れ以外の何物でもない。
h262.jpg  同様に妻のPCが、こちらは動作不良で買い換えるに至り、矢張り何等のガイダンスも無く更新に必要なパスワードがメールで届いてもメールソフトを開くにもそのパスワードを要求される堂々巡りから悪戦苦闘、一昼夜を費やして漸くWindows10に到達した。 しかしながら未だビスタの私には立ち上げてから更新開始に至るまでの短い命だったWindows8の特色すら知る由も無く、10の有り難みも解説出来ない。何時の間に「目立たぬよう、騒がぬよう」になって仕舞ったのか、最早デジタル・デバイドの貧困サイドに位置している現実に愕然とせざるを得ないではないか。
 勿論ひと世代ふた世代前の旧機でもゲームとデータ管理程度ならば何等の支障無く、私のビスタ機は既に7年目を迎えているが、間の悪いことは続くものでデータを格納していたサーバーが突然お釈迦になったのである。居間からのアクセスを勘案してわざわざLAN経由にしたのが余計な負担を掛けたのかも知れないが、幸いにして先月バックアップを取っており、加えて行動記録表はスマートフォンに移して日比更新していたから大きな損失に至らなかったものの、何事も「最新」に触れておくことも実利とは別個に有用なのかも知れない。

6月17日(水) 電池の果て  -携帯電話・PHS - スマートフォン-

h91.jpg  会社と個人の二ツの携帯電話を持ち歩いているが、前者の無い身分の時節から後者は番号不動なので基本、社外の関係者は今も個人側でやり取りしている。従って電話をしながらもう一方でスケジュールが確認出来る利便性はあるがそれなりの自己負担は否めないし、その分軽減されてもメールと内線に繋がる貸与側も利用は煩雑で見る見る電池が消費されていく。
 幸い減りも早ければ盛りも早いのがiPhoneの特典だが、何方も画面が消えれば木偶の坊、充電器は肌身離せない必須アイテムになっている。嘗ては乾電池利用でその場を凌いでいたが、経済的にも馬鹿にならないし常時性に欠けるので反復充電池に鞍替えしている。
 問題はその中身でこちらも流行りなのだろうiPhone用は多種多様だが、通常のミニUSBコネクタになるとPCから給電し蓄電を改めて電話に放出するアイテムが幅を利かせており、勿論それも使い勝手はあるものの、コンセントから蓄電も給電も一括仕様が矢張り有り難い。
 ところがオリンピックで如何にも残り物チックな逸品を入手したものの、電話に給電しても一瞬で途切れ、蓄電だけ進んでも全く要を足さない。実は以前も同じ症状が別個器材で発生していたのはHTCとの相性なのか、そもそも一般スマホのコンセント充給電需要自体が稀少なのか、これでは使えない充電器ばかり積み上がり充電貧乏になりかねない。わが国の弱電産業自体の品質劣化、若しくは安直な海外ブランドの席巻のツケで無ければよいが、スマホのコネクタ自体が微妙に標準化されていないのかも知れない。
h100.jpg  責めて確定申告の際には必要経費に認めて貰いたいところ。

 昨日はレアな豚牛刺、本日は熟成肉と思い切り肉肉しい二夜だった。野菜嫌い=肉好きの認識は誤りではないが、実際には歳を重ねる毎に重厚なそれは質量ともに胃袋が受け入れ難くなりつつあるので、食中毒事件以来アルカポネのアルコールもかくやと個室蔵出しにあらずば御目に掛かれない刺身は腹に染み入ったが、熟成肉は如何なものだろう。
 何しろ牛の中心部しか利用出来ないし、エイジング過程で分量も減少するから高級には違いないが、正直なところ適度な脂身に慣れた舌には引き締まり過ぎ感は否めず、しゃぶしゃぶが恋しくなる。そもそもこんな肉を毎日食べていたらTPP交渉に資するばかりでなく腹回りの増大にも確実に寄与しよう。
 矢張りわが国の文化伝統は偉大ということか。

5月4日(祝) It's a SONY  -写真 - ★カメラ&レンズ・機材-

h27.jpg  AV機器、と言ってもアダルトでなく音響についてはSONY神話なるものが嘗てあった。それは映像の世界にも取り分け動画に限っては通用し、事実わが家も代々ビデオカメラだけはSONYだったが遂に一年前にはpanasonicに転向したにも拘わらず、久々の再会とは幼き日への憧憬の残る最期の世代故だろうか。
 実際エレクトロニクス製品と言われても液晶やウォークマンの影薄き昨今、プレイステーション以外に思い浮かばない程に製造業からソフト産業に転化しつつあるSONYの、しかもコンパクトデジカメとは今更ジローも極まれりだろう。
h43.jpg  既にミラーレス導入から三年を経て愈々始動性にガタが来たとはいえ、数字だけでは測れない一眼なりの解像度があれば敢えて望遠を危急する謂われはないのかも知れないが、コストパフォーマンスと携帯性との両立から30倍のサイバーショットHX50Vに回帰したのである。
 敢えて決め手を挙げるならば、ストロボがポップアップ型でうっかり八兵衛光りが回避される点ぐらいだが、鏡の有無問わず一眼はキャノンとニコン、コンデジは富士フ、カシオ、オリンパス、パナソニック、リコーと主だった企業は総浚いしており、勿論ブランド毎の相違を把握出来る程のカメラ小僧ではないものの、SONYの賞味との観点もまた否めない。
h28.jpg  厳密に言えば前世紀末に初めて「デジタル」に手を染めたのが箱弁の如きSONY機(写真左)で、一枚一枚フロッピーに書き込まれる為に画像の美醜以前に待ち時間が尋常で無かったが、それ以来では同社比にも意味が無かろう。

 早速蹴球の御伴に持参するも久々の簡易なズーム機能に忘れていたコンデジの利便性が甦る。ただ結論から言えば、取り分け運動性の高い競技には然ながらスナイパーの如くあっても本家一眼に優るものはない。
 珍しくチームの攻勢が続き暇を持て余し踊りながらキーパーに殉ずる公資は、一眼でもコンデジでも肥り気味には相違無かったが。

11月13日(木) 大きくなれよ  -携帯電話・PHS - iPhone-

g877.jpg  総選挙直後に会社携帯がiPhone4に切り替わったのが二年前、約一年前からは関係者のご配慮でモニター使用の名目のもとに同5Sを貸与されていたが、目玉の指紋認証が旨く働かず、恐らく当該機能に特段の賛賞は得られなかったのだろう、今般来る6においても継承はされているもののその種謳い文句は影も形も無い。
 ただ驚くべきは、iPhoneと言えば画面の狭隘を補って余りある片手にすっぽり入る携帯電話本来の携帯性が最大の売りだったにも拘わらず、今般6においては更にその躯体が大きくなっているではないか。確かに4から5、6と代替わりする度にひと回りずつ膨らませて消費者に順応させるべく段取りは踏んでいるものの、遂に6plusに至っては所謂ファブレット仕様まで増殖している。
 恐らくはネットや資料の閲覧にしろカメラ機能にしろ一定の巨大画面が近年の需要に見合っているとの市場調査に基づく判断なのだろうが、これではもうひとつのドル箱たるiPadとの差別化もまた希薄になりかねない。勿論iPadもノーマルとminiの二種類が用意されているし、ブランド確立後は多品種生産が幅広い顧客獲得に資するのかも知れないが、既存スマートフォンへの近似という融通無下さは孤高のアップルには些か不似合いな気もする。
 確かに接続が早い感はあるし、使い倒している4は会社メールに返信しているだけで半日も持たないのに比べる迄も無く電池容量も革新的な伸びを見せているのだろう。個人的にはまた寝室でのiPod替わりの利用に留まる見込み故、つとに細かい画面の見辛くなった身の上にはディスプレイは甚大なるを以て良しとするので、plusを預かったのは有り難い限りなのだが。

 日に日に風がその風圧を増す中、嵐吹き荒れる前に三連荘の飲み会となった。
 女性秘書の御仁達、バビルの塔の住人、官界と中央銀行の永田町寄りの面子と、当方顔触れも何れも異相ながら、いざ暴風雨が訪れる前に台風の目の中で、妙な高揚感とともに杯を傾ける日々。
 日常もあと僅か。

9月24日(火) 金属疲労  -コンピュータ - パソコンな日々-

 名古屋から帰還して夜半、スイッチを押してもPCが立ち上がらない。このところ内蔵ハードディスクの反応が滞る頻度が高まり危険な兆候は見せていたものの、俄かの無反応は想定を超える事態である。
 幸い14年前の初めての大クラッシュ以来、データは外付けハードディスクに待避させ、かつマメなバックアップに臨んでいるから被害は最小限だとしても現機も既に五年、更新に及んでも可笑しくない頃合いである。何しろセイフモードにすら至らず真っ暗なままアクセス灯だけが虚しく点滅を続けるのでは対処の仕様が無い。結果、おっとり刀でビックカメラに駆け付ける秋季皇霊祭と相成ったのである。
ところが仰天したことに売り場面積の大宗を占めるのはノートでデスクトップはデルやHP、IBMが中国に売られたレノボと外資系のタワー型ばかり。東芝、日立の重電組を中心に民族資本はほぼ画面一体スタイルなのは良いとしても、何れも円盤のドライブが横に飛び出す構造では肝心の省スペースに支障が生ずる。
 既に買う気満々で購入ソフトの算段まで着けていたが思案しどころで一旦退散して再びPCに相対すれば、見様見真似で診断プログラムなるものまで漕ぎ着けると、再三の再起動を経て不安定ながら通常のウィンドウズ画面が到来するではないか。立ち上がったが百年目、かくなる上は不要なソフトを外して身軽に務め、騙し騙しパンクするまで使い続けるにしくはない。
g842.jpg  珍しく早合点せず冷静な対処が功を奏した事例、泰山鳴動して山動かず。

 米国では肉三昧だったにも拘わらずミラノ風カツレツにお目に掛からなかったのは柔らかい肉は矢張り欧風由来なのだろうか。わが国では伊太利料理に分類されるが、本場ウィーンで初お目見えした身の上にはウィンナー・シュニッツェルの名が馴染み深い。ともにハプスブルグ治世下のオストライヒ由来だから同一物件に違いなかろうが。

8月4日(月) 割れたスマホの中  -携帯電話・PHS - スマートフォンライフ-

g746.jpg  議員会館の地下廊下を歩行中、ふと前方から到来する議員に気を取られたか、左手から携帯電話が地に堕ちる。特段の衝撃でも無かるまいと持ち上げて見れば、流石に国家の中枢はコンクリートもひと一倍堅牢なものか、画面ガラスに大きな亀裂が走っているではないか。
 はて製造業故の安全神話に資するが為に、日頃から歩行時の電話使用を口喧しく指弾されて来た報いかなどと悠長に構えている場合ではない。何しろ社外との連絡の大半はこの個人携帯、会社の固定電話より遥かに使用頻度が高いとあらば万一破損でもすればその日から凡そ仕事にならない。
 幸いメールが見辛い程度の不具合こそあれ通話に支障は無かったので数日間は見守ってみたものの、ICカード未挿入表示が頻発し遂には再起動でも復帰せずカードの出し入れを繰り返すに至っては最早我慢の域を超えていよう。
 結局おっとり刀でauショップへと馳せ参じたが、有難いことに保険適用により僅か3000円にて新品に交換可能との御宣託ではないか。この期に国内製品へと乗り換えもとの意気込みだったが、余りの金額の相違に一瞬で引き下がり、親切心と言うよりは著しく商売気に欠ける店員氏の誘導に従って敢えなく代替品送付へと陥落した。
g747.jpg  微妙にバージョンアップした新品はデータ移行に手間取ることも無く快適に元の環境に復したが、確かに安心プランなる少額の保険には加入していたが、所有者の過失の有無を問わずアプリオリに新品が供与されるとは、携帯電話とは消耗品に過ぎずTVショッピングの類で今買えばもう一台の世界と大差無いという証佐だろう。製造業に身を窶す身分としては由々しき事態と看過すべきで無いのかも知れないが、ここは有り難く恩恵に預かっておこう。

 夜半、子供達は花火に繰り出す。かく設営には寧ろ母親同士のネットワークが寄与しており、地元の存在する恩恵に他ならない。父は蚊に刺されて見るも無惨に、通常以上に膨らんだ身体を晒す前に退散申し上げたが、夏の風物詩にあり付いた感。

12月22日(日) 観音様に会いたくて  -コンピュータ - PC周辺機器-

 珍しくアウトからで気分の替わった久能カントリーは、いきなりミドルパットを捩じ込みパーからのスタート。3番ショートでもパーを拾い、4番ロングまで全てワンパットと神懸かり的である。しかも6番ショートでは二階建てとなった、宮中席次では相当に上位の相手方御仁のニアピンの権利を、第二打で乗せワンパットの消しゴムと到底接待ゴルフとは思えぬ真剣なプレーに終始していては対外折衝役としては失格だろうか。
 しかし調整を図った訳でも無いのだが、後半はその神通力も消え失せた上に前半こそ辛うじて維持していたドライバーが当たらなくなり、前半47にも拘わらず100を切れないとは哀しさ極まりないではないか。

g530.jpg  初期不良で頻出した「廃インクパッドが限界」標記が五年振りに現れ、賀状印刷を前に修理は厳しかろうと気前よく更新に踏み切ることとした。
 予備知識もなくビックカメラを訪ね売れ筋を所望した結果、気分一新とばかりにEPSONからCANONへと宗旨替えに落ち着き、旧機の限界とインク在庫の終了を待って賀状印刷も中途から乗り替えである。微妙なレイアウトの変更は想定の範囲内だったが、CD・DVDのラベル印刷ソフトまで更新を余儀無くされるとは余分な手間を招いて仕舞ったか。
 しかも思い起こせば二代続けてのEPSONの前はCANON機ユーザーであり、EPSONに靡いたのは経団連に見切りを付けたからではなく、ラベル印刷トレイが別立て外入れ方式のCANON機には耐久性に懸念があったことを、いざ印刷に及んで思い出した。今のところ当然印刷は綺麗だが、不安を抱えての船出に。
次のページ

FC2Ad