コラム堀内一三

~粥川善洋の四方山コラム~

6月18日(日) カツにカレーに寿司に味噌  -グルメ - ご当地名物-

h941.jpg h940.jpg
 記念日が盛り沢山の六月は、公資の生誕11年に続き、今週は成婚19年、語呂の悪いジルコン婚式に父の日とあらば、遠乗りには至らずとも少しばかり華やいで高円寺飯巡りである。
 北口高円寺銀座改メ純情商店街の、嘗てスイミング・スクールのFITが存在した建屋のとんかつ とんきを愛用していたが、残念ながら建替とともに去り、現ビル地下に佇むステーキ&豚カツ店に久々に赴いたものの、ビフテキを賞味すべきところ付け合わせのもやしのサンプル絵柄に気圧され敢えてカツを選択したのは捻り過ぎだったかも知れない。
h942.jpg  他方、中通りに御目見えした泰&羅宇料理のサバイディーは、ラオスうどんこそ大越のフォーに近い薄味だったものの、カレーがココナツ臭少ないのは仏印の名残りか、何よりも味付け濃厚な焼鳥が父と公資に好評であった。
 して本日は高架下の立地故に耐震も兼ね改修、昨年11月にリニューアルされた桃太郎寿司である。高円寺に寿司店は数限り無いものの、わが家にとっては父と祐旭のそれぞれ同級生の実家であり、数店舗の点在する老舗の幸寿司、少しアダルティ=飲み屋を兼ねた様な七福神、回転寿司としては高レベルの定番、京樽グループの三崎港が三巨頭として君臨している。
h939.jpg  コスト的には幸寿司と七福神の中間に位置するのは流石に帝都北西部に名だたる桃太郎だが、揚げ物焼き物一品料理が豊富なところもわが家向き、珍しくグルメ・モードになりました。

 昨日は父母の見舞いに名古屋へ赴き、途上昼食はきしめんの店に入るも、詰まるところは味噌煮込みを注文して仕舞った。名古屋が味噌文化なのは事実だが、休み時に祖父母宅に滞在した小学生の時分、味噌煮込みは山本屋の専売特許で圧倒的多数派のきしめんは関西由来の薄味と明確に住み分けが為されていた印象が強い。
 聊か「味噌」の呪縛に自家撞着に陥っている感もあるが、一億三千万総チェーン店化よりは地方創生に資するのかも知れない。

6月14日(水) 朝まで生国会  -スポーツ - プロ野球-

h938.jpg  大幅延長から小幅と揺れた通常国会は、未明の不信任採決から明け方の参院本会議テロ法成立を経て、急転直下の会期中閉会に回帰した。
 元より延長したところで所詮"強行"による決着を余儀無くされるのであれば都議選への影響を最小限に留めたいとの思惑故たろうし、参院側が竹下元総理以来の野党に配慮した、経世型の丁寧な運営を行ってきたからこそ、最終局面での強引な決着が可能になったとの逆説的な帰着でもあろう。
 ただ本来は議員内閣制でありながら、大統領制下において党議拘束とは無縁である筈の委員会中心主義が米国主導にて移入されたが為に、数の論理に基づく粛々たる採決が恰も与党の横暴の如くに喧伝される曲解が、"和"を重んずるわが国国民性と相俟って跋扈した帰結であるとするならば、委員会採決を合法的に割愛した今般決着は些か示唆的でもあった。
 野党側も不毛な議論であることは承知でなお攻め倦ねているのだろうが、儀式の如く採算の無い不信任案に委ねる替わりに、本当にテロ法に賛同しないなら、議席の少ない無力を詫びて粛々と反対票を投じ、次期総選挙において数という力を与えて欲しいとオーソドックスに訴えれば、却って新鮮に映るのではなかろうか。

h937.jpg  継投無安打無得点とは完投投手が絶滅危惧種と化した極めて現代的な記録だが、それが反転攻勢の契機となるかは、そもそも打てない打線が連敗の主因であるから判然としない。
 戦後間も無くには近鉄・芥田、大洋・森といった指導者が球団経営に転じた例は散見され、その最たるは三原脩日ハム社長だったが、残念ながら西武・ダイエー両球団の実質的な創業者たる根本陸夫氏を除いては成功を治めたとは言い難い。
 ゼネラル・マネジャーたる職責も、副会長兼務の王氏は別格として中村勝広氏、高田繁氏といった監督出身GMは存在感に欠け、寧ろ米国型のビジネスマン上がりの方がスポーツ紙を賑わす場面は少なくとも定着していよう。
 何と無く本邦初のGMと喧伝された廣岡達郎氏によるバレンタイン監督解任による軋轢が、GMたる役職そのものへの懐疑を斎したままの感がある。皮肉にも今般の唐突なGM交替は高橋監督の身代りに他ならず、必然的に鹿取大明神に人事権は備わっていないのだとすれば、些か中途半端だとしても、純粋にプロアマ問わず選手の編制のみ総括するわが国らしいユニフォームから背広への新しい着替え方を示唆することになるのかも知れない。

6月11日(日) 蝋燭二本  -育児 - パパ育児日記。-

h934.jpg  何故か至るところに格言の掲げられた長南パブリック。距離の短さと平坦なグリーンに助けられ、実に前半ロングはふたつともパーオンし、パーのみならず七番ではバーディとは出来杉君も吃驚であろう。しかもダイヤモンド・パットも飛び出し、前半の47は今期最良に他ならない。
 残念ながら後半は些か乱れたものの今年三度目の百切り、ドライバーが終始安定するとともにパッティングに救われたのは事実だが、実に黄金週間の家族ショートコースに始まった6週連続ラウンドの効用は確かに現れたのではなかったか。
h935.jpg  朝二番スタートの為流石にアクアラインも詰まることなく快適な帰路と思いきや、中央環状のコロッセウムこと大橋ジャンクションが通例にも増しての大渋滞に見舞われた。当然、中途より分かれる東名方面ばかりが混んで都心への右旋回は恒常的にガラガラなのだが、最左翼車線を愚直に歩んでいたところ、いざ分岐の最前列に至れば中央車線からも左巻きが容易に可能ではあるまいか。
h936.jpg  元より損得を勘案して悔恨の念を新たにする以前に、そもそも東名方面は左側二車線でと大書するだけでも相当にスムースに流れる筈と、道路族らしい改善提案をひとつものする旅路となったのは顔触れ故か。

 大関=α1返り咲きを狙うマンスリー場所を乗り越え、三日遅れで公資の11歳を昨日祝ったのだが、撮影芳しからず改めて蝋燭も調達し、今度はISO感度を思い切り落として臨んでみる。
 明暗のバランスに苦慮して繰り返す内に蝋がケーキに滑落し、更には灯火が薄らぎ慌ただしい中で撮影してみたが如何でしょうか。

6月9日(金) 下町自動車  -車・バイク - 自動車全般-

h932.jpg  自らが事務局で無い視察随行とあれば、通例は主賓とアイコンタクトすれば実質的にお役御免で、後は隊列の最後尾で視察の御相伴に預かるばかりの有り難いお役目のところ、今般はタイトな日程の中、処々で懇談要員として出番が訪れたのだから、端無くも政治担当の存在意義をアピール出来ただろうか。
 しかも自動車そのものの組立ラインか博物館の類が定番のところ、今般は物流センターに闖入させて戴いたのだから、知識の習得としても極めて有意義で有り難い話しであった。
 国内外への部品搬送の大元締めたるそれは、黒猫の羽田クロノゲートに比べれば多分にアナクロで人力に依存する要素が大きく伺えるが、最終消費財たる完成品で無い分、品質管理の行程が加わるので敢えて手間を掛けていると見るべきだろうか。
 所謂"看板"に値するバーコードを読み取りコンベアが自動で行き先を振り分ける基本原理は同じで、寧ろ知識に長けていないと複雑で彼我の相違を伺い難い自動車の工程より分かり易くて面白い。人海戦術に頼る要素が未だ大きい分、例えばより梱包し易い商品・部品を製造工程に逆提案するなど、逆に言えば物流ーロジスティクスこそは生産性向上の余地を残しており、製造業にとってもまた可能性を秘めた分野に他なるまい。
 更に後段は盛り沢山極まりない味噌カツの昼食を挟んで、まさに匠の技と言うべき手作りに近い生産ラインに赴く。滅多に工程が進まないスロータクト故に忙しい見学に不向きであるのは否めなかったものの、家内性手工業的な「ものづくり」を現代に再構築するのは恰も遷宮の様な技術の伝承は元より、敢えてその工程を広告塔としても流用することにより、プレミアム感がブランド・イメージの醸成に資する効果を狙うのも付加価値の有り様のひとつに違い無い。そして手作りが相応しかろう最高級車のみならず、先端技術の粋を集めた新エネルギー車もまた、もしかするとこちらは部材そのものの生産乃至は価格とのコスト・バランスが制約要因なのかも知れないが、同様に手作り感溢れる生産工程にあることが喧伝されれば、こちらもまた稀少性に基づく飢餓感を高める、別の物語に説得力を与えることになろう。

h933.jpg  朝8時半スタートだったので前泊必須だったが、おかげで来週から長旅に出る同僚の生活環境を、ロケハンの如く深夜に最寄り駅の周辺を練り歩いて下見が叶ったのである。
 しかも微妙にズレてはいるものの、どうやら勤務先は物流センターに隣接する工場であり、奇しくも25年前に私が実習生として暑い夏を過ごした地である模様であると、昨日判明したところであった。現地現物の1.5日。

6月4日(日) ピンポン内政  -スポーツ - 卓球-

h931.jpg  出だしは好調に連続ボギー発進も、三ホール目の左ドッグレッグで見張らしに眩惑されたかOBを乱発。決して緊張感が切れた訳ではなく、ミドルでパーも拾って挽回に努めたが、先週綺麗と誉められたドライバーが振るわず、幾分パットには救われたものの、スルー専用でトリッキーとはいえ距離が無く百が切れた筈と悔やまれるラウンドであった。

 わが家のブームから、日々世界卓球を眺めていて痛感するのは球筋の「変化」である。
 元より小さな台上で回転の掛け易い軽い球を操る卓球は変化球が生命線に他ならないが、今や野球においてもスピンの多い綺麗な球筋よりは寧ろ、ツーシームに代表される、縫い目の空気抵抗を利用して微妙に手元で変化する球種が主流になっている。 詰まりこうした個人対向色の強い球技はパワーに劣る亜細亜人向きであり、中国が対西側諸国との文化外交の先兵としてピンポンを選択したのには、矢張り先見の明があったと言わざるを得ないだろう。
h930.jpg  ただ技と力のバランスにおいて、野球やテニスは後者の占める要素がまだ大きく、わが国が戦略的に競技育成を企図するならば韓国とタッグを組んでボウリングの五輪入りを再度働き掛けるべきではないだろうか。
 そしてゴルフもまた小技に優れた亜細亜人にマッチするのは論を待たないのだが、残念ながらパワーヒッター嗜好に距離を伸ばす対応が容易に行い得るからこそ、欧米優位にルール改訂の相継ぐ水泳やスキー同様に、柔よく剛を制すが通用し難い所以なのだろう。
 しかし卓球のダブルスがテニスと異なり交替で打たなければならないとは知らなかった。ならば左打ちが増えるのも道理だが野球以外にサウスポーが重宝される競技がこんなに身近にあったとは。左の裕旭と右の公資でダブルスに挑ませようとの腹は全く無かったのだが。

6月2日(金) アウフファーレン  -音楽 - 音楽-

h929.jpg  クラフトワークの8枚組アルバム再現ライブ・ボックスを購入してみた。ヒトは継続しなくとも音はブラッシュアップされつつ変わらないのだから継続は力なりであろう。
 考えてみればラップトップで音と映像を操る構図は極めて現代的なのだが、敢えてCDだけを選択したところ、代表曲がリニューアルされたアルバム「ザ・ミックス」があり、こちらも再現に含まれているにも拘わらず、旧アルバムも処々微妙に「ザ・ミックス」よりにアレンジが改められているので、間違い探しの如く愉しみも見出だされた。
 日本編集版でも無いのに「電卓」には矢張り日本語の歌詞が含まれているが、新たに賦与されたのが「日本でも放射能」である。 今となっては非原発大国・独逸らしく当然の如くに受け止められてはいるものの、考えてみればアウトバーン、TEE、コンピューターと独逸乃至は西欧の誇る最新鋭技術をテーマに掲げ続けてきたクラフトワークの歴史に鑑みれば、Radio-Activityが「ラジオ活動」とのダブル・ミーニングである以上に、「放射能」そのものまたこの文脈の中に位置付けられるべきものであった筈である。 ところが21世紀に至り「ツール・ド・フランス」で急速に自然派に舵を切り、今や全く逆の観点から捉え直された「放射能」は反原発の象徴宜しく新たな意味付けが与えられようとは、この点もまた極めて現代的ではなかろうか。
 YMOしかり電子文化の粋を極めた音楽家が自然エネルギーを掲げて技術に背を向ける傾向は民族を問わないのかも知れないが、敢えて独逸に拘り続けるのならばわが国とともに世界経済を牽引する機関車たる役回りを再び高らかに謳い上げ、昇り続けるのが筋であろう。
 折しも「アウトバーン」の歌詞にある"白い縞"は自動運転技術のひとつのキーワードに他ならない。ドイツ政府におかれては、ハンドルから手を離してアウトバーンを滑走するヒュッター氏をイメージ・キャラクターにお薦めしたい。来日公演の折りにはきっと「トーメイ」「ガイカン」なぞ織り込んで呉れるだろう。「中央フリーウェイ」では一寸対向出来ないけれど。

5月31日(水) 古希を超えたら  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

h928.jpg  日本国憲法が70年なら、 参議院も70年、そして本日、日本経団連もまた70周年パーティとは、1947年という年は戦後わが国が現在の形に落ち着くひとつの節目だったということだろう。
 勿論、憲法が耐用年数の限界を迎えているのと同様に、経団連もまた生きるべき道を問われており、それは既に私が駆け出しの広報マンとして財界担当を務めていた時分からの課題であったが、そのひとつの回答が春闘の対決色の低下と社会保障費の労使を超えた財政問題化に伴い役割を終えた財界労務部・日経連の吸収であったろう。
 而来15年、政権交替による迷走を挟み、再び政権との蜜月関係を築いてはいるものの、今度は逆に政府の一翼と化したが如く振る舞いに疑問符も投げ掛けられている。
 結果として小泉政権の最大のエンジンとなった経済財政諮問会議に参画する段階においても、元より内に入り込み経済運営をリードすべきとの思惑であったろうが、寧ろまわしを絞めずにアリーナからモノ申す財界総理であるべきとの視点は存在していた。ただ経団連自体が財界の保守本流と認知される以前、財界四天王が君臨した時代の、政権を編み出す様な国家そのものへの強い影響力行使を想起するのは、成熟した現代社会においては郷愁に過ぎないと言っていい。
 或いは大企業対中小企業たる不毛な対立構図の解消への一助として、商工会議所との統合は企図されるべきかも知れないものの、振り替えれば財界総本山にも最早会長経験会社である東京電力、東芝の影は無く、定番だった"三井"の枠組みとは縁もゆかりも無い、わが国電機産業の数少ない生き残りが次代を担う道筋が伺われる。
 今更ながら国対国とも言うべき国際競争の時代にあっては、政に対峙する財などと高見に構える余裕など無く、寧ろトランジスタに替わるソフト・インフラのセールスマンを自認して政経不可分の旗印を打ち出す、商人の自覚に覚醒するのが71年目からの課題なのかも知れない。
 パーティは中途に記者会見を挟むため、首脳陣が会場を後にして開会から凡そ20分程で実質的な中〆めとなる。広報マン時分はここからが本番だったが、改めて主を喪い所在無げに残された関係者の群れに漂う如何ばかりか弛緩した空気は、今の「財界」の立ち位置を物語っているのかも知れない。

 ところで今日の昼食会は到着すると既に満席で、ならば飯抜き椅子のみの補助席扱いで全く構わなかったのだが、あにはからんや前方来賓席に案内されて仕舞った。
 しかもこういう時に限って、その高い席に陣取るべく御歴々が続々と現れ、しかも昼食会の定番に相反して一様に中座しない。議員の隙間に何故か一般人が垣間見える不可思議な光景が、聴衆方々から丸見えで好奇の眼に曝されなお気まずい。お出掛けの際はお早めに。

5月28日(日) 数は力  -スポーツ - ゴルフ-

h926.jpg  先週は実に四年振りになるピート・ダイ設計、の謳い文句の割には過剰にトリッキーでない上野原方面。
 アプローチは相変わらずもドライバーが終始真っ直ぐ飛んだのに加え3Wも安定し、後半はショート、ミドル、ミドルの三連続パーとは我ながら未曾有の健闘であった。オーラス・ロングの8で惜しくも百は切れなかったものの、順調な仕上がりである。

 そして矢張り間隔を詰めるのが正解なのだろうか。今週はこちらも半年振りになる富里方面。
 実にショート三つを含むパー五つながら百切りギリギリとは如何に出入りの激しいゴルフたるかを物語っているが、同伴の御仁からスイングが綺麗と再三お誉めに預かった。
h927.jpg  確かに端から距離は求めず力を抜くことだけを心掛け、175ヤードの第二打を見事ナイスオンと今日も3Wが炸裂し、アプローチとパットに恵まれなかったにも拘わらずの二桁は実に私らしくない。
 良きゴルフ記念日であった。

 それに付けても宮里藍氏は何故引退という結論に至ったのだろうか。そもそもゴルフとは恐らく凡ゆるプロスポーツの中で最も高齢まで現役を続け得る競技に他ならない。
 74歳までマスターズ50回連続出場したパーマー氏は天井人だとしても、還暦目前の全英オープンのプレイオフで惜しくも破れたトム・ワトソン氏の姿は、年輪を重ねた技が若さ故の力に勝る事例が成立し得ることを示している。
 ただ確かに元トップ・プロが何時の間にかラウンド・レポーターが本業になっている姿を見るのは忍びないものがあるし、自らの全盛期の姿と照らし合わせての美学を貫く為には敢えて「引退」して、緩やかな退潮という選択を断つという心持ちも解らなくはない。ベテラン女性トップ・プロという新たな領域に挑む姿も見てみたかったというのは外野の勝手な願望だったのだろう。

5月20日(土) 赤絨毯を踏みしめて  -育児 - パパ育児日記。-

h921.jpg  改憲を前に70周年を迎えた日本国憲法を記念し、衆議院に続いて参議院も特別参観が開催された。
 肝は開会式のみ開かれる正門から堂々入場出来ることで、こちらは開会式のチケットを入手すれば市井の者でもご相伴に預かれるが、バッヂが無ければ決して足を踏み入れられない本会議場が開放され、しかも写真撮り放題とあらば永田町周辺居住者としては逃す手は無い。従って、土曜休日の公資とともに二人して早朝から国会へと赴いたのである。
h924.jpg  元より父には馴染みの光景であるし、自然に保守派に靡いているであろう公資にとっても極めて興味深いとは言い難いから、順路に添って淡々と進み、時に旧知の方々に邂逅して平服ながら一瞬お仕事モードが入る。
 銅像の謂われを解説したり、御休処を覗いたりの俄か国会見学アテンダー擬きを経て愈々メインエベントだが、平たく申し上げれば良い記念になったのは間違いないものの、矢張り本会議場は投票権無く闖入しても味気無いもの、と言えようか。
 ともあれ、回遊を終え導線上連なる出店で手拭いを調達し、議事堂開設以来塗り直し続けている氏名標を鑑賞し、ズラリ並んだ速記者の列に「かゆかわこうし」の速記符号を戴いて、さて退散しようかと思いきや、肝心のレゴ議事堂を拝んでいないことを危うい処で思い出した。
 踵を返して中庭を歩くと、そもそも参内に及んだ発端もこのレゴの記事であったにも拘わらず、もしさかしたら敢えて独立コーナーを設けてプレイアップする意図だったのかも知れまいが、逆に敢えて狙いを定めなければ辿り着き難いが為に、閑散とする中にレゴだけが鎮座しているではないか。
 早速レゴと本体を重ねる構図で撮影していると、マスメディアも政治部ではなく文化系のイベントの範疇で、「議事堂と子供」を題材にしたかったところ、漸く獲物にあり付いた風情である。
h922.jpg h923.jpg
(左)ニュース画面、(右)共同通信に応対
 撮影風景のみならずインタビューまで受けて仕舞い、果たして帰宅して昼のNHKニュースにばっちり公資が「小学五年生」として登場しているではないか。
 「普段見られないところが見れて勉強になった」と児童らしいコメントだったが、「本会議場」の語を用いていれば玄人はだしと映ったか、或いは不気味な小学生として採用されなかったか。その勢いで共同通信にも応えていたが、議員志望や否やはノーコメントだった様である。
 来年、学校から訪れる際には、是非国会通として同僚に一席ぶって貰いたい。

 ニュース映像はこちら

5月16日(火) サンパは旨く揃わない  -政治・経済 - 政治・経済・時事問題-

 新たな囲碁の団体でも設立されたかと思いきや、派閥でない有隣会から分裂した小集団のネーミングだと言うのだからややこしい。わざわざ論語チックな二文字+会を用いたのは派閥らしさを演出するものであろうし、その心はひと時は四派大宏池会構想すら遡上に登りながら、本家を除く三派、更には2+αと縮小されつつなお、飽く迄三派の対等合併の形式用件を揃えて跡目争いを含む今後の人事のあり様に布石を打ちたいという思惑か。
 しかし早ければ七月にも合流が見えているにも拘わらず敢えて一派を構えるとは、恰も政治改革から新進党解党に至る過程において、雨後の筍宜しく現れては消えた新党の如しである。
 元より政党の場合は事の是非は別として、文殊の知恵ではないが五人集まれば交付金という明確な現世利益があるので意図は明瞭であるのに対し、同様の現象が派閥において発生しているのは、まさに二大政党から自民党基盤政党型に回帰した結果、党中党と揶揄された派閥のウェイトが確実に回復している証佐なのだろうか。
 ともあれ派閥全盛期の70年代から脈々と継承された第二世代・五大派閥の一角が初めて消えるのである。小選挙区導入以降、党中央の権限拡大とともに緩やかな弱体化と離合集散を繰り返した第三世代から、派閥は今新たな第四世代の時代を迎えようとしているのかも知れない。

h925.jpg  その文脈で捉えれば、安倍総理がこのタイミングで敢えて「細田派四天王」に言及したのは興味深い。
 勿論、加藤、三塚、森、塩川の「安倍派四天王」に準えているのは明らかだが、何れ訪れる「安倍後」における自派の行く末を占ったものとも言える。
 しかも国会議事堂に居並ぶ銅像の如く四人目を空白にしているのは「民主主義は完成しない」のと同様に「清和会の天下もまた終わらない」との比喩と読むのは些か牽強付会だろうか。
 三羽烏に四天王、奉行は竹下派には七人いたが佐藤派五奉行が本家である。一般論としてかく呼び名は六以上はバリエーションが減るので、吉田十三人衆はそもそも派閥揺籃期であるし、一派閥に集う実力者に七人は矢張り許容範囲を超えていたのかも知れない。

吉田十三人衆益谷秀次、林譲治、池田勇人、佐藤栄作、保利茂、大橋武夫、橋本龍伍、
愛知揆一、福永健司、小坂善太郎、田中角栄、周東英雄、小金義照
佐藤派五奉行保利茂、愛知揆一、田中角栄、橋本登美三郎、松野頼三
大平派三羽烏斎藤邦吉、伊東正義、佐々木義武
竹下派七奉行橋本龍太郎、小渕恵三、小沢一郎、羽田孜、渡部恒三、奥田敬和、梶山静六
安倍派四天王加藤六月、三塚博、森喜朗、塩川正十郎
三賢人灘尾弘吉、椎名悦三郎、前尾繁三郎
御辞儀三人衆(三木派)丹羽兵助、森山欽司、毛利松平
次のページ

FC2Ad